FC2ブログ

浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

ご報告  


突然ですがご報告があります。
ブログやTwitterの更新が滞っていたのには訳がありました。


実は、とても良い縁に恵まれまして、このたび入籍しました。

色々なことがありましたが、悲しみや後悔から目を覚めさせてくれ、自分を犠牲にしてでも私の幸せを最優先する人です。

出会ってすぐ「もうこの人以外はありえない」とお互い思ったくらいで、そうなると何も待つことはありませんでした。


先週末に家族親族の顔合わせをしてようやくホッとしたところで、やっとこのブログを更新することができました。
ちなみに挙式や披露宴などを行う予定はありません。

皆さまには大変ご心配おかけした上、こんなに突然の報告でさらに驚かれたことと存じます。

私のほうは心穏やかに毎日を過ごすことが出来ています。

私の趣味は変わらずで、彼は「怪我はしないでね」と言っていつも快く送り出してくれます。
お互いの趣味で共通しているのは走ることで、週末は一緒にジョギングをしています。

今はアパートと新しい住まいとの二重生活でなかなかブログなどを更新することが出来ませんが、落ち着いたらまた以前のように日記を書いていこうと思っています。






category: お知らせ

小川山・仏岩  


雨の週末が多かったりで、しょっちゅう外で登っているわけではありませんが
久しぶりに小川山に通うことになりました。

いまだ登らずにいたクラシックなクラックルート、「バナナクラック」。

R0000068.jpg

まずはその前に「ノーリターン」をやったみた。
こ、こわい。。。
OSトライはテンションしてしまった。

今年に入って、どうも弱気なところが出てきて困る。
色々なことがあったにせよ、だ。

これが毎回になってしまわないように。
少しでも心を強く持つことを心がけよう。

本題の「バナナ」はトポにならって最初はトップロープで。
でも上からロープが垂れているのって本当に登りにくいな…。

IMG_3547.jpg

そして、そしてなんと!!!!!

NMさんはトップロープリハーサルがあったとは言え、初リードてRP!!!!!

奇跡のようでした。
応援してくれていたとあるお若いクライマーさんが
「まさにトラッドでした」と。

核心部はムーブが厳しくプロテクションのセットが難しい。
もたもたしていると消耗が激しいので作戦を練らなければいけない。
NMさんは大胆にプロテクションは省き、いいスタンスのある箇所まで登りカムセット。
でも、落ちたら絶対にグラウンドフォールの距離でした。

私が感じるに、自分だったら一生にあるかないかの際どいクライミングで、
何かに取りつかれたような集中力を発揮しての成果だっとように思います。
これをビレイし、拝見できてすごく光栄です。

IMG_3550.jpg

おめでとうございました!


category:

tb: 0   cm: 0

最近のおでかけ  


今シーズンはお正月に少し滑ったきりで、そのあとは6月に鳥海山の春スキーを楽しんだのみでした。
でも久しぶりの山はとても気分が良くとても暑かったので、
仲間とはしゃぎつつ上半身水着で滑り降りたり。
夜は酒田の街でディープな酒田ナイト、また行きたいと思う昭和の香りのする場所でした。
翌日は米倉庫である山居倉庫へ。

KIMG1143.jpg

KIMG1144.jpg

KIMG1145.jpg

KIMG1148.jpg

**************

田植えは滞りなく。
新しく田植え機を購入したのでびっくりするほどスムーズで助かりました。

KIMG1160.jpg


**************

妹の百箇日で木古内・函館へ。
赤レンガの倉庫で買い物をし、
妹もよく行ったというラッキーピエロというチェーンの飲食店は店内からメニューからとてつもない情報量。
そして初めての函館山。ロープウェイも初。
夜はおいしい海鮮をたくさんいただきました。

KIMG1170.jpg

KIMG1171.jpg

KIMG1172.jpg

KIMG1173.jpg

KIMG1174.jpg


***************

猿島は横須賀にある小さな無人島。
現存する数少ないフランス積みのレンガの建造物ということで、
島に残った要塞跡を見学に。

KIMG1193.jpg

KIMG1197.jpg

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 4

最近行った岩  


しばらく日記には書いていませんでしたが、岩には行っていました。
毎回きれいにNMさんに撮っていただいていたのでここでお披露目。

4月のなかば、念願の金華山。

KIMG1126.jpg




瑞浪でアダムのリベンジをするも、かなわず。
初日は雹が降りました。

IMG_3175.jpg


手に持っているのは前回トライしたときに記録したムーブとカムの情報。

IMG_3181.jpg

IMG_3185.jpg

ワイドもやりました。

IMG_3233.jpg


瑞牆シーズンインではダイワハウチュとしじま谷へ。
「赤色エレジー」はとても面白かった。

IMG_3374.jpg

ワイドの「トラベルチャンス」、なかなかの手ごたえでした。

IMG_3411.jpg

摩天岩では「小春日和」を。

IMG_3435.jpg

誰も来ない熊岩のワイドやフィンガーのルートをやったり。

IMG_3469.jpg

モツランドでは「めんたいこ」と

IMG_3487.jpg

やりたいと思ってはいたけどなかなか触れなかった「プラチナム」。

IMG_3512.jpg

ぼちぼち、自分のペースでこれからも登っていきます。


category:

tb: 0   cm: 0

妹に教えてもらったこと  


病院の霊安室で妹と対面した私は、
今まで生きてきた中で記憶にないような大きな声で冷たい床に額をつけ泣きました。
こんな事ありえない、夢だと思いました。

でも現実でした。


翌日の朝、私は海にいました。
朝日の中で波乗りするためでした。
この時ほど、自然の中に居ることに救われたことはありません。

*****************

妹は現在、彼女の夫の故郷の北海道の木古内というところに居ます。

小さな町ですが、とても良いお寺さんのお世話になっています。
遺骨はお墓にはなくお堂に安置されていて何時でもお線香をあげに行くことが出来ます。
木古内は新幹線の駅になっているので、東京から4時間で会えるのです。

彼女の夫はその後すぐ、本州にいる理由がないので仕事をやめ
妹の葬儀でとても世話になったという気持ちから故郷に戻り葬儀社に再就職をしました。
ご実家は飲食店をされているので、行くと彼のお母さまが妹の作った服を着て必ず歓迎してくださいます。
私はすっかり気に入ってしまいました。
彼は毎日のように妹に会いに行くそうで、あの地においてもらって本当によかったと思います。

遺品のミシンや大量の生地は私が譲り受けました。
ミシンなんてロクに使うことのなかった私ですが、秋ごろから洋裁教室に通ってみようと決めています。
妹のように繊細で丁寧な仕事は出来ませんが新しいことを始めることは楽しみでもあります。
母も一緒に通うと言いました。

私たち家族は妹からたくさんのことを教えてもらいました。
後悔ばかりが心を支配しますが、ようやくここへきて視野が少し広くなった気がしています。

整理整頓を怠ると、いつもきれいにしていた妹を思い出し片づけたり。
自分の気持ちに正直になりきちんと表現するようになったり。
辛い気持ちを抱えている人にどんな言葉をかけたらいいのかを深く考えられるようにもなりました。
特に父親の変化は大きく、やはり様々な思いを各自が抱えているのだと思います。

これからどんな辛いことがあっても、妹が感じた辛さには及ばない、と、
きっと乗り越えられるでしょう。
この経験をしたからこそ、私にはわかったことがあるしきっとできることがあって、
それを忘れることなく人には接したいと強く思います。

*****************

その後、私は勇気を出して弁護士さんを訪ね依頼をし、
ついに慰謝料をもらうことができました。
弁護士さんから電話を受けた日、妹の写真の前で手を合わせて報告をしました。
「強くなれたよ。じゅんこ姉ちゃんは変われたよ。ありがとう」と。

読んでくださった皆様、
励ましの言葉をかけてくださった方々には本当に本当に感謝しています。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

KIMG1105.jpg

category: 自己分析

tb: 0   cm: 6