浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

4/22 涙雨が降った日  


今週も山梨へ。

渓谷にも春は確実に来ていて、上の駐車場の桜は満開だった。
いい季節が来たね。

朝、集合場所には城ヶ崎で会っていたメンバー勢ぞろいだった。
皆それぞれの岩場へ散ってゆく。


自分はKNさんとコブラの岩の「バイパス」5.10cをアップでやることに。
Hiroさんたちを案内したのでちょうどよかった。
写真では真ん中のあたりまでを「バイパス」、上までを「カサンドラ・クロス」と設定されている。

CIMG0535.jpg

いつもいつもこのルートの真ん中あたりのオフフィンガーに悩まされていたんだけれど
このときはすんなりと突破できてついに本当の意味でアップになった。
これは自分の中でかなりの進歩。シンハンド~オフフィンガーが上達したのかな、うれしい。


次に近くのゾンビルーフ(仮)へ。

この「ゾンビルーフ」、こうへいさんが見つけたもの。
かなりの傾斜で、たぶん130度くらいはありそう。

KIMG1002.jpg

KNさんが下から偵察がてら登る。
とっても難しそう。。。

そしてまだ安定していないので粒子がポロポロと落ちてくる。
でもこの傾斜とところどころピンポイントできまるジャム、そしてホールド。
短いのもあって不可能ではなさそうだけれど、一筋縄ではいかないだろう。
私はいいスタンスから足が切れてしまい厳しい。

それでもエイド混じりでジャミングの感じとホールドを確認するために下から登った。
上部はまだ掃除が必要で、抜けずにカムダウンした。
それだけでもかなりの強度。

KNさんのビレイをしながら二人であーだこーだとムーブを考える。
自分は全然歯が立たないけど、たのしい。


ここは見晴らしもよくてポカポカしていて、居心地がいい。のんびりした後移動。

上の駐車場では「ほうとう祭」?をやっていた。
いろんなお店の個性あるほうとうを少しづつ食べることが出来る。
自分は用意したお昼があったので食べなかったけど、
KNさんは「お金を落として貢献していかないと」とチケットを買って食べていました。
うむ、見習わないと。

そして、センチュリーへ向かった。




アプローチの途中、上から叫び声が聞こえた。

SJさんの雄叫びだった。
そう、ついに、登ったのだった。

急いで岩まで駆け上がり、祝辞を述べる。
SJさんは泣いてた。

何年もかけて、やっと実った苦労だ。
自分には想像も及ばないくらい色々な想いがあるのだろう。当然だ。

その後、自分も1回だけリード。
屈曲後のガバまでテンションはなかったものの、先週のような力はなぜか沸いて来なかった。
まだまだ。


岩を後にする時、同じように苦労して苦労して登ったロジャーさんと写真を撮る二人の姿。

CIMG0539.jpg

握手しているところを見て、泣きそうになった。

CIMG0540.jpg


最後に振り返ってセンチュリーを見上げていたSJさんの表情、忘れられません。



山から下りていく峠道、雨がザザーっと降った。
吉田さんの涙雨だよ。ロジャーさんが言った。




そしてこの日も丸亀製麺にて夕食。湯呑みに入ったお茶で乾杯。
動画を見せてもらったり、吉田さんとの思い出を話す時間はかけがえのないものだった。

この日のことは自分の中で繰り返し思い出して奮い立たせることだろう。

SJさん、本当におめでとうございます。


category:

tb: 0   cm: 0

4/20 辻堂  


久しぶりの最寄。

日の出が早くなり、いつの間にか5時前から明るくて海に入れそう。

今はタケノコとフキ、その他野菜の収穫と販売所に出す作業でかなり忙しく、
朝のんびり海に入っていられない。

なので4時台に起床、5時過ぎには海へ。

トロめだけどサイズはくらいはあったので楽しかった。
1時間だけ、サクッと。


CIMG0532.jpg

CIMG0533.jpg

CIMG0534.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

4/15 山梨にて  

KIMG0996.jpg

帰ってきました。

甲府盆地を見下ろす花崗岩の地。

あー、やっぱりなんともいえない、この空気。しっくり来る感じ。
山の桜は標高で開花にばらつきが。ヤマツツジはそこらで咲いている。

駐車場でボルダーマットを広げ、ストレッチしながら皆を待つ。
この日はKNさん、510さん、ロジャーさんと。

四人で木がわずかに芽吹く山を歩く。
枝の隙間から山肌がよく観察できる。葉がないからだ。

すっきりして日がよくあたり、太陽が出ていると汗ばむくらい。

こちらのエリアは久しぶりだ。
ボルダーもやりたいものがたくさんある。

基部に到着して、まずはKNさんと短いワイドでアップ。
左さしと右さしだと登りにくさがかなり違う。

のんびり休憩の後、510さんがアップで登っていた「ブルーマンタ」(5.11b?)を。
ボルトルートは久しぶり。

CIMG0527.jpg

ボルトは4つ。個性的なライン。510さんによると★★、面白いルートだったと。
そうか、とワクワク、そして緊張しつつとりつく。
核心でかなり逡巡。行ったりきたりを繰り返す。。。ビレイヤーのKNさんごめんなさい。
覚悟を決めてえいっと突破、なんとか一撃。

終わってみれば、楽しかった、って言えるけどやっぱり怖いな(笑



ロジャーさんと510さんは荷物置いたところにあった短いけどピリッと難しそうなTR課題をやっていた。

CIMG0526.jpg



そして次に奥の「アイブリフェイス」5.12c?に果敢に挑戦する510さん。
このルート、とてもしびれる。長くて堂々としていて。

CIMG0528.jpg

「アイブリ」って何かと思ったら、魚(鰤)のことなんだって。
調べてみると黒い模様が入った体をしていた。

確かにルートの上部には二匹の魚が泳いでいるように見える!




そうこうしているうちに、大気の状態が不安定なためにパラパラと雨。
携帯で雨雲レーダーを見るとこちらにかかってきそう。
でも、こういうときって局地的で運みたいなもの。
空はそこまで暗くないため、自分だけセンチュリーへ移動することにした。

松さんとSJさんがいらっしゃったセンチュリー、到着は15時過ぎていた。

今日は一本だけリードできればと思っていた。
でも、あの強度にやはりというか当然、ビクビクおびえていた。
秋から触っていなくてまともにリードなんて出来るのだろうか。

でもその反面、冬の間に登った成果がどれくらいのものなのか試すのが楽しみでもあった。
成長しているのか、それとも。

jJVjFqXr.jpg

BjHT013e.jpg

結果、体はこのフィンガークラックを覚えていて、よく動いてくれた。
初めて屈曲より先のガバまでテンションせずに行けたのだ。

うれしかった。ほんの少しだけ、いつか自分にも登れるのかもと思えた。



次に登ったSJさんのトライには鳥肌が立った。。
惜しいトライでした。
夕暮れ近くまで頑張るおふたり。クライマーは松さん。

CIMG0530.jpg


帰りにおなじみ丸亀製麺。
ロジャーさんとSJさんと三人でいつものようにクライミング談議。
涙が出るほど笑った。
なんだかこの時間がめちゃくちゃ嬉しかった。



家へ向かう車の中で、ipodから吉田拓郎が流れた。
不意をつかれて、ぶわっと涙が出た。

ヨシーダさん。拓郎が好きだった。

もう、あのひとはいないんだ。



いままで実感がなかった。
今日あの岩場へ行って、あの人がそこに居たという痕跡を目にしその魂を感じた。
そしていなくなった今も私たちはここへ来る。

変わったこと、変わらないこと。

急に現実が迫ってきたのだった。


自分がやることはただひとつ。
自分のクライミングをすること。




category:

tb: 0   cm: 2

4/14 満開  



いつも朝ジョギングする公園。満開。

快晴、満開の桜の下で走るのは毎年一回。
今年もこの風景を見ることができて幸せだ。

CIMG0518.jpg

CIMG0523.jpg

CIMG0521.jpg

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

4/12 茅ヶ崎パーク  


前線上の低気圧通過によりサイズアップした水曜日。

前日の各情報により翌朝も波高があることがわかっていたので、日の出前に起きて出動。

最寄の橋前はかなり大きい。オーバーヘッド。
ちょっと自分には力量不足なのでうねりを軽減するパークへ。

同じように考えたサーファーが結構いて、それなりに気を使うくらいには混雑。
でも久しぶりにいい波でした。


朝イチのチサン。絵画みたいだ。

CIMG0512.jpg

CIMG0513.jpg


パーク。人がそこそこいる

CIMG0514.jpg

CIMG0515.jpg


上がって帰る途中に見たチーパーあたり。セットはまだまだ大きかった。いい波来ていた。

CIMG0516.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0