浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

10/12 瑞牆・十一面末端壁  


NMさんと秋には一回は触るという目標を立てていた、「春うらら」2P目(5.12a)。

秋になり末端壁のシーズンが到来、週末はかなりの混雑ということを聞いた。

2P目に行くには春うらら1P目かトワイライト、またはペガサスを登らなくてはならない。
リード&フォローで時間がかかるし、
1回下りたとしてまた登り返すのにいずれかを登りたい人の間に入れてもらわなければならない。
ただでさえ初めてで勝手がわからないのに、たくさんのクライマーが居る中で迷惑をかけてしまうかもしれない。
色々考えて、平日カードを切ってこの日に行くことにしたのだ。

加えて天気。この週は土日の予報が悪くしばらくは秋雨前線の影響で雨マークが続いていた。
チャンスはその前しかない!ということもあって。

久しぶりの末端壁。ここはやはりスケールもあるし展望もよくて気持ちがいい。
平日だしそれほど人が居ないかと思っていたら、次々といらして最終的に11人。

調和でアップをする時間もないので、いきなり春うらら1P目から行くことに。
NMさんがカム2セットと自分の荷物を背負ってリードを引き受けてくださった。
朝イチから11bはきつい。。
自分もカム2セットと荷物を背負って登り始めた、が、出だしのボルダームーブで荷物重くて体が上がらない。
何度かやってみたけど、厳しくてテンション。

それを見ていたソロでいらしていたベテランクライマーのかたが、
「荷物持ちすぎだよ。必要最低限じゃないと。2P目初めてなの?」
「上からロープ下ろしてもらって荷揚げしてもらいな。そうじゃないときついよ」
と色々アドバイスをしていただいた。

たしかに、とNMさんにロープで重い荷物を引き上げていただいて、身軽な状態で登り始めた。
すると全然上がらなかった体が軽く引きあがりボルダームーブが問題なくすんなり起こせた。
こんなにも違うのか。

しかしNMさんは全部自分で持って休み休みだけどリードだったし、
自分は1P目でこんな力不足で、2P目を登るなんて分不相応なんじゃないのか。
あのテラスに立つのはおこがましいと思ったし、そもそも抜けられるなんて考えられなかった。
上に着いて、少し考えよう。ビレイだけにするのもひとつの選択だ。

自分の不甲斐なさを感じながらやっと1P目を登り、テラスに到着。
そこから右にある2P目を見上げる。

長い。
出だしは一枚のきれいな壁。足も乏しくクラックは細くガタガタしている。

先にNMさんが登るのに自分が弱音を吐くわけにはいかないのでビレイはしっかりやろう、と思った。

テラスは太陽が降り注ぎ暖かい。というか暑かった。
首に日焼け止めを塗るのを忘れて、お風呂で確認したら真っ黒だった(笑)
この日がこの時期にしてはとても暖かい日だったというのもあるけど、とても助かった。
寒いと動けないし防寒具だって色々必要になるからだ。

NMさんがまずはファーストトライ。
念のためビレイ点にゼロピンとってクラックの前に移動。怖そうだ。。。
カムは小さいものばかり、クラックはがたついているとのことで、思い切り進めないという。
それを聞いて自分も不安でいっぱい。
ムーブをすこしづつ探っていきながら高度を上げるNMさん。時間がいつのまにか経っていた。
疲れもあって途中のしっかりしたクラックにプロテクションを3つとってロワーダウン。

その時点ですでに13時。
なんて大変なんだ。

しばし休憩し、行動食を口にする。緊張のせいかお腹はあまり空いていなかった。
トイレに行きたくなり、持参した携帯トイレに立ちション道具を使ってハーネスを脱がずに処理。
自分は頻繁に行きたくなるので、「レディガード」という尿意を抑える市販薬を飲んでいた。
そのおかげでいつもよりはマシだったのはよかった。

さて、、、自分はどうするか。幸い暖かい日ざしもあって体は動きそうだった。
このまま1回下へ下りずにトライすれば時間は無駄にしなくて済む。
やるだけやってみよう、触ることに意義があるのだ。ここまで来たからには頑張ろう。

準備をして、ドキドキしつつ登り始めた。

oYKJe03E.jpg

出だしはやはり怖い!怖すぎる。
すぐさま目の前に小さなカムをきめる。
右足が乏しい。そしてめぼしいスタンスはつるつるして滑りそう。
フットジャムをするとバランスを崩され、不自然なかたちで一瞬耐えなくてはならなかった。
そんなムーブが何回か続く。
各駅停車で少しづつ進んでいくと、やがてハンドがきまるセクションに辿り着いた。
NMさんがロワーダウンに使ったカムのところまで到着し、そこから先も頑張ればなんとかなりそう。
エイドダウンよりは終了点からロワーしたいし、
抜けれないだろうと思って置いてきた大きめカムをNMさんにロープを垂らして上げてもらった。

そこからは比較的ハンドがきまり、クラックは脆いところがあって泥がつまり湿ってはいたけれど
下部よりはずっと登りやすかったのでなんとか終了点までいくことが出来た。

よかった、これでロワーダウンできる。とてもホッとした。

NMさんは腕がもう上がらない、とおっしゃって早めだけれど下山を決めた。
空には予報どおりガスがすこしづつ下りてきていた。

空中懸垂でちょうどアストロの前に置いた自分たちの荷物のところに到着。
ロープは60mでぴったりだった。

とりあえず、なんとか初めての春うらら2P目は無事終えることができた。
登るというより触ってみた、という感じだったけれど。

何より触ってみることで何が自分に足りていないか感じることができたし、
あそこに上がるための効率のよいノウハウを積み上げるためにはよい経験だった。

平日は高速代がかかるけれど、渋滞は全くないので帰宅が早かった。
NMさんお疲れ様でした、色々ありがとうございました!

寒くなるまでにもう一回、あのテラスへ上がることができたら。



category:

tb: 0   cm: 0

10/8 小川山・無名岩峰  


日帰りで、NMさんと小川山。
NMさんが無名岩峰の「ラブ・イズ・イージー」の完登を目指しているのです。

自分は昨年の夏前にやっと登ることができた思い入れのあるルート。
何度も通い、パートナーのロジャーさんに付き合ってもらってようやくのRPだった。

とっくに登ってしまっているロジャーさんがビレイだけのために付き合ってくださることが本当に有難かった。
このルートは2P目にあるし、アプローチもけして近くはない。
近くに適当なルートも少ないのでビレイヤー核心とも言える。

自分もそうだったけどこれはムーブ沼にはまるとなかなか抜け出せない。
NMさんの気持ちが痛いほどわかったので、自分がビレイヤーになるしかない、と。

この日、お互いに3便ずつ。

NMさんはかなり迷っていて、ムーブ解析に時間がかかってだいぶ疲れていたように見えた。
でも、泣きの最終便。
素晴らしい粘りでデッドに成功、感動のレッドポイント。

おめでとうございました!

006_2017101122110896f.jpg

本当によかったなぁ、と。自分もここまで来てよかった。

自分の登りはというと、メモもとってムーブもわかっているのに3便かかっても登ることができなかった。
一つ一つの動きの負荷は当時より少ない気がすることが少し成長した証拠か。
でも、登れなかったことはまったくもって情けなかった。

いつになったら、このルートがスイスイ登れるようになるのやら。

これが実力。受け入れないとね。
地道に頑張っていくしかないのです。


category:

tb: 0   cm: 0

10/1 瑞牆・地獄エリア  


日曜日も瑞牆。
岩場はクラック地獄エリア、ハシモトさんと。

駐車場ではボルダラーさんの知り合いに久しぶりにお会いする。
カヅミさんにはオーガニックのマットの件でお世話になったので、嬉しかった。
クラッカーな皆さんはいつものとおり。

地獄エリアはいつになく賑わっていた。
私たちは一番に着き、準備とアップしている間に次々とクライマーが。
J-WALLの知り合いもいらして、なんだかほっとした。
N字を希望する人も多かった。とはいえ、待ち時間は気にならないくらい。

アップは「オリジナル」で。
まずハシモトさんのN字のビレイを。

ここはやっぱり寒い。前日の屏風より標高も高いのでさらに冷える。
真冬のダウン持参してきてよかった。これで10月後半になったらどうなっちゃうんだ。
ワイド用の膝・くるぶしサポーターを装着すると暖かいので、助かった。

本日はカヌーの初トライの心つもりで来たので、緊張していた。
いつ取り付こうか、良く観察してからがいいかなとか、カムは?とか、なんだかんだで
パパっと決めて登り始めることがいつも出来ない。
自分ひとりなら気楽なんだけど、ビレイヤーのかたにはいつも申し訳なくなる。
この点では、やはりボルダーしているときが一番マイペースでストレスが少なく集中できる。
両方自分には必要なんだよね。。。

日が高くなって二階のカヌーの壁に太陽が当たる。
暖かそう。ていうか、暑くないかな。ま、寒いよりずっといいや。
なんて色々ブツブツ言いつつ自分の緊張をごまかす。

カムは昨日のJECCよりずっと少なくて済むし、ラインも真っ直ぐだからスリングも少なくていい。
5.11bということで、「春うらら」1P目と同じだ。かなり頑張らないといけないだろう。
覚悟を決めて離陸。
最初の若干右上がりオフフィンガー~シンハンドのクラックに苦戦。
手順と足順、そして靴とクラックの相性がイマイチでフォール。
昨日長いJECCにミウラー履いていったら足先がものすごく痛くなってしまったので、トリオップにした。
でも、やはりフィンガーはミウラーのほうがいいみたいだ。いい経験になった。

ダブルクラックを処理し、ワイドで再び疲れてテンション。
難しくはないんだけど、しっかり足を入れて膝で止め、体を上げていかないと。
苦しい部分は少しだけ。あとは落ち着いてトップアウトする。

登り終えて悪いイメージはそんなになかった。
もう一回、やろう。

そして夕方16時くらいに二回目を。

手順があいまいで一回目と同じ場所で落ちた。
すぐに修正、エイドダウンして仕切りなおす。
これで体が暖まった感覚があった。

軽く休んで、もう一回登り始めた。
前半で疲れてしまい、これ大丈夫かなと思ったけれど、レッドポイント。

嬉しかったなぁ~…。

終始ペースに気を使っていただいたハシモトさんに感謝申し上げます。
お疲れ様でした、ありがとうございました!

category:

tb: 0   cm: 0

9/30 瑞牆・屏風岩  


今週は晴れ予報!
土日で瑞牆へ。

土曜日は近い屏風岩へ行き、JECCの初トライをNMさんと。

アップで「おしん」。
後から思ったのだけれど、アップにするにはちょっと刺激が足りなかったかも。
この日はお昼前くらいにやっと日が差してきて少し暖かくなったけれど
それまではかなり寒くて真冬並みの装備でビレイしていたくらい。

JECCは長い。瑞牆本によると45m。
回収は百獣の王の終了点で1回切ることになる。
初回だし1回登るのに回収を含めて2時間近くはかかるだろう。
この日は他に希望する人が居なくて助かった。。

まずはNMさんのOSトライ。
長時間のビレイに備えトイレに行き着込んでビレイグラスも装備。
ジリジリと高度を上げていくNMさん。真ん中より少し下の棚の乗り越しのムーブに逡巡している。
パンプしてしまったとテンション。手ごわそうだ。

その後も持久力が試されるようだ、それと、ロープの流れ。
上に行くにつれて重くなる。。綱引きしてるみたいだって。
スリングはありったけ持っていったほうがよさそう。

回収も大変。懸垂で。
上は真っ直ぐ下りるから回収しやすい。
けれど後半は百獣の王の終了点からなのでラインがずれる。
常に振られないようにクラックに自分を留めておかないといけない。

いろんな意味で大変なルートだわ。

自分の番。
カムは5番1個、4番2個、3番から下の紫キャメまで3セット、以下02まで2セット。
アルパインヌンチャク9本、スリング、懸垂セット、ナッツキー。
重すぎ。
大分余ったのでこんなに要らなかったかも。最初だから仕方ないか。

カムの重さ以上にのしかかる不安。
ランナウトしていっぱい落ちる、とか
ロープの流れには配慮が必要、とか
いろんなことを聞いていたので余計にずっしり。

加えて体が大分冷えていた。足はしびれて指の感覚がなく、いっぱい摩った。
行くしかないんだけど、怖くてたまらない。

もうこの時点で弱気だったんだよな。
登れるイメージがなかったもの。
クライミングは本当にメンタル大事ね。

NMさんが逡巡した棚に乗り込んで、クラックが広くてハンドがスカスカ、焦ってフォール。
ホールドはけして悪くない。でもプロテクションの決まり具合とかランナウト感とか、
いろんなことが体をこわばらせて動きを悪くする。

yCN6TndB.jpg

oeWB2XZ8.jpg

登り進むと、いかにこのルートがロープの流れに気を使わないといけないのかがわかった。
まさに総合力。

登って回収している間は必死だった。
下りてほっと一息つくと、じわじわと面白さがこみ上げてくる。
これはやりがいがあるなぁ。楽しい!

お互い1回ずつ登っただけなのにもういい時間。
今度はいつ来れるかしら。

NMさんありがとうございました、お疲れ様でした!

category:

tb: 0   cm: 2

9/24 瑞牆・地獄エリア  


日曜日。
やっと瑞牆の地獄エリアに来れた!
今回もハシモトさんと一緒に。二人でN字にリベンジです。
前回は7/9だったらしい。

植樹祭広場の駐車場には知った顔がいっぱい。
夏と比べてボルダラーさんが増えたなー。

前日の小川山は濡れていて1日乾かなかったとかいう話を聞いていたので、
コンディションが心配だった。
着いてみると、前回よりずっと乾いているじゃないですか。よかったー。

20170926214022835.jpg


前回びしょびしょだったオリジナルの1P目も大丈夫。B1フィンガーも登れそう。

アップはオリジナルで。

なんせ登ったのは二ヶ月以上前なので、N字のムーブが詳細に思い出せない。
核心のホールドの感触は覚えているんだけれど。

気持ちを奮い起こしとりつく。
前半、こんなに悪かったか。。。ハングの下に着くもののすでに腕に疲れが。
案の定乗り越しに力が足りずテンション。
でも手を奥に突っ込んでも濡れないってのはいい!これだけで1グレードは違う。
とりあえずクラックのサイズと傾斜とホールド、ムーブを体に思い出させる。


そして、午後の便で登れた!
この写真は並びのB1フィンガーを登っていたこうへいさんにいただいたもの。

eqTXz-DV.jpg

肩甲骨のあたり岩ごりごり当たって擦れて痛いし、
肩で体を引き上げたからか首から肩あたりがずーんと重い。
破壊力があるルートだ…

日が短くなって、4時過ぎに撤収をはじめる。
この日の末端壁はずいぶんと盛況だったとか。
秋ですものねー。

夕食は境川にて。今までにないほどの混雑だった。
渋滞は今週もひどく、ハシモトさんがご存知の下道ルートで効率よく回避。

お疲れ様でした!

自分にはワイドサイズのN字、ズリズリと登れてよかった。
それにしても難しかった。

category:

tb: 0   cm: 0