浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

イヤリングをつくった  


職場のデイサービスにて、
工芸教室に参加してくださっているお年寄りの方から依頼があった。

そのかたの妹さんが癌になってしまって、どうにか元気づけたいという想いから
アクセサリーを贈ってあげたいと、私に頼んでくださったのだ。
工芸教室ではブローチなど、たまにガラスのアクセサリーをつくることがあるのだ。

妹さんのラッキーカラーが紺ということで、色は指定。
ちょうどフュージング用のガラスに綺麗なコバルトブルーがあるのでそれを使用した。
結晶は高温用エナメル絵の具で描いた。

C0mNL15UkAAdP_S.jpg

金具をエポキシ系の接着剤で接着、ケースに入れ贈った。

とても喜んでくださってこちらもとても嬉しかった。

category: 制作

tb: 0   cm: 0

合同企画展のおしらせ  

茅ヶ崎の鉄砲通りにあります、私がお世話になっているギャラリーカロカロハウスさんにて
たくさんの手作り作家さんやアーティストの方々が参加する『手』展に出品しています。

KIMG0185.jpg

手前の展示台に置かれているガラスが私の作品です。
自分は主にガラスに高温用エナメル絵の具で絵付けをしていますが、
毎年この時期にある企画展は色々やってみることにしています。
以前制作したソープディッシュも出品しました。

原型を油粘土でつくって、耐火石膏で型を取って粘土を掘り出し、ガラスを詰めて電気炉で焼成。
割り出してバリを研磨して完成です。
型といっても割ってしまうので一回限り。なかなか大変です。
徐冷(ゆっくり温度を下げること)をきちんとしないと、ゆがみが生じて後に亀裂が入ることがあり、
電気炉のプロコンに記憶させるプログラムに気を遣わないといけません。

ガラスって表現方法として扱うには、とってもやっかいなものだと思っています。
でもそれだけ特異な素材であるし、魅力的です。
思い通りに扱えるようになって、さらに表現方法として確立させるのには一生かかるなぁ、
なんて考えたり。
でも楽しいですよ。
これからもマイペースで制作していきます。

*************
「手」展
2015/1/23(fri.)-2/24(tue.)10:00-18:00
水曜・木曜定休
Kalokalohouse
茅ヶ崎市中海岸2-4-31 tel0467-58-8331
http://www.kalokalohouse.net
茅ヶ崎駅から徒歩11分

category: 制作

tb: 0   cm: 0

たまには作品紹介  

先月、茅ヶ崎のギャラリーにて合同企画展に参加していました。

テーマが「時間」。

以前制作した陶とガラスの時計がアトリエに眠っていたので、それを出品しました。
クリックすると大きな写真で見ることが出来ます。

「らっかせい」陶
RIMG0455.jpg

「でめきん」ガラス
RIMG0452.jpg

この二つが私のもとから旅立っていきました。
使っていただけることが何より幸せです。
機会をいつも与えてくださる「カロカロハウス」のみどりさんありがとうございます。

category: 制作

tb: 0   cm: 0

ウェルカムボード  

fc2_2013-09-25_16-03-14-927.jpg

fc2_2013-09-25_16-02-13-571.jpg

依頼されて、ガラスで結婚式の式場で飾るウェルカムボードの制作をした。

ブルズアイのフュージング用をメインに。
文字の部分は窓のようにした。クリアガラスに高温用エナメルで文字を焼き付ける。
融け具合でタイルっぽくなった。

枠は木材を買ってきてジグソーでカット、組み立て。

窓から下地が見えるので、ベージュの布を一番下に挟んである。

お会いしたことないお二人ですが、お幸せにー!

category: 制作

tb: 0   cm: 2

亡き愛犬  



震災のあった年の5月、17年生きた実家の犬が死んだ。
雑種で捨て犬だった。

晩年は認知症になって吠えなくなり、穴に落ちたり狭いところで動けなくなったり、

しまいには一回転ぶと起きあがれず、
トドメになった怪我は、そんなときに自分の体重で脚を骨折したことだった。

おしっこも自分で出せなくなり、
お腹を押してあげて出した。苦しそうだった。

最期は私の手の中で息を引き取った。

写真がいっぱいあったのに、
辛くて辛くて、全然まともに見ることが出来なかったんだけど
ようやく落ち着いてきて
笑っているような写真を選んで
墓標を作ることにした。

庭の一角に埋めたあの子のお墓にそっと置いた。

category: 制作

tb: 0   cm: 0