浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

またまた小川山  

水曜日はどうやらつかの間の晴れ。
休みだったし水晶探しか小川山ボルダーの日帰り旅をしようと。

水晶峠に行こうとしたら、大弛峠が冬季通行止めだって。5月31日まで。
がっくり。

昼からになるけど仕方ないから急いで小川山へ。
また水晶スラブ下ボルダーに行った。
コケっぽく滑りそうで怖い富士山岩でアップ。
そしたらここらの岩、よく見ると「水晶」とだけあってポッケや穴の奥には水晶がキラキラと見えるのだ!
だからといって岩を削ったり割ったりしたら大問題になるし、
それ以前にマナーとして有り得ないので眺めるだけ。
本日は犬岩のトラバース6級を目当てに。
しばらくムーヴをあれこれと模索して、どうにかクリア。
ジムみたいに手がよくて面白い。

それからは角岩や不可能スラブなんかの8級~5級をやる。
でも5級は出来なかったなぁ…
半日だからすぐ夕方になり寒くなって終了。

でも半日集中してやると充分疲れるくらいになるわ。
楽しかった。

週末はうちの田植えだから岩はおやすみ。

category:

tb: 0   cm: 0

しらすを懐かしい仲間と  

20080527002521
昨日の日曜日、鎌倉高校時代にソフトボール部だった仲間と『江ノ島小屋』というご飯やさんに出かけ、生しらすとアジ丼を食べた。
市観光協会の建物に隠れひっそりと建つ店は以前見かけ気になっていた。
中は意外と普通の居酒屋風。川沿いのテラス席が気持ち良さそう。
昼からビールを一杯。幸せっす

その後移動して江ノ電江ノ島駅に向かう「すばな通り」の途中のちょっとレトロな喫茶店に入り、今度はケーキと珈琲のセットを。千円オーバーと少々お値段はしますが、なんと素敵なカップが沢山並んでいて好みのもので出してもらえる。
私はウェッジウッドのハチドリのカップにした。

優雅な珈琲タイムのあとは江ノ電で藤沢駅へ。
オーパの3階の「OB」というビッグサイズのカップで何でも出すというカフェでおしゃべり。

6人のうち3人は子持ちで子供の話を興味深く聞き入る。
あとは昔の笑い話をして当時を懐かしんだり。
一年に一回集まる、って約束をしてもう13回?
なかなか良い決まりをつくったもんだなぁ。

これからもきっとずっとこうして1年分の話をして、またそれぞれの生活に戻るんだわ。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

カルガモ親子  

昨日の朝、辻堂橋前に波乗りに行った帰り。

辻堂海浜公園の水路でカルガモ親子を誘導するおじさん達を見かけた。

水路の先はもう海で、そのままだと雛がカラスのエサになっちゃうということでおじさん達は公園の中に戻そうと奮闘していた。

でも雛はなかなか段差を超えられない。親は飛んでいけるけど…
せっかく雛を上にポイッと運んであげても、残りの子供が気になるらしくまた降りてしまう親。それに続いて降りる雛。こりゃダメだぁ~

しっかりした板が渡してあるのになかなかそれを使ってくれない。
カモってちょっとお馬鹿?笑

雛はすんごい小さくて黄色くてフワフワでピイピイ鳴いてばかり。
必ず固まって親に付いて動くのね。

どうにか板の上を歩いて公園内に向かっていったところまで見守ってた。
海へ行き来するサーファーもチラチラと気にしていたのが微笑ましかったりして。

そしたら今朝の朝日新聞湘南版にこのカルガモ親子が載っていて驚いた。
20080522102219.jpg

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

日帰り小川山  

半年振りに小川山へ行った。

どうやら前日の土曜日にけっこうな雨が降ったようで、
朝駐車場に着いたときには地面がしっとりと濡れていた。

さっそく穴社員、といきたいところだったけど
久し振りの花崗岩。
まずは親指岩下ボルダーへ。

漆岩や露岩、コブ岩の8級~6級を結構登った。
漆岩の4級は登れなかったけど楽しい。

そのあとは水晶スラブ下ボルダーへ移動。
犬岩の「犬小屋」2段のそばの5級SDにはまる。
スタートから結構なかぶりで、ほぼルーフ。
外岩では初めてかもしれない。こんなかぶった壁。
体が重いから手ごわかった…
でもなんとか登れた。

指皮をだいぶ減らしたな。

穴社員はあせらず、秋を目標に。

category:

tb: 0   cm: 0

ニューシューズ  

20080517224728
おととい入荷したばかりらしいミウラーのレディース!

買ってしまいました。
約18000円。

これで4足目。
うち2足は穴開いたりでほぼ死亡してる…

外で主に使う予定。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

ジムでのこと  

昨日の夜はJ-WALLで登った。
一人だったからホールド替えた3D壁の6~4級を。

もう結構前から見かけている、Monkey Magic のTシャツを着た弱視の男性が
やはり同じ3D壁の課題をやっていた。

彼がボルダーをやるときには、だいたい常連のうまいクライマーさんの何人か決まった人が
ホールドの方向を声で指示したりムーブのアドバイスなどをしながら登っている。

驚くのは、その保持力。
次のホールドは見えないから、手で触って探し当てるまでずっと持っている。
足も、いい場所のホールドに当たるまで探し、その間も保持。
すごいなぁってずっと思っていた。

たまたま指示してくれていた常連さんが帰ってしまって、
彼は壁の前でずっと登らずにしていた。
私はそれに気がつかなくて、でも気づいたところで、
うまくもない私が上手に登るお手伝いができるかしら、って思って
しばらく声をかけようかどうしようかって迷っていた。

でも思い切って
「何か登りますか?私に手伝えることはありますか?」
って言ってみた。

そうしたら「お願いします!」って嬉しそうに答えてくれた。
今までどうやってサポートされながら登っていたのかは見ていたから大体わかっていた。
でも登る課題はわたしができるかできないかくらいのものだし
ムーブをうまく指示できる自信は全然なかった。
それでも彼はホールドの場所をすぐ覚え、私がもたもたしていてもどんどん登っていく。

帰りに駅まで送って行ったのだけど、車の中で、
「実を言うと指示をもたついてくれたくらいが、自分のトレーニングになるからいいんですよ」
ってフォーローしてくれたり。

結局きつい課題だったので私も彼もゴールまでは行かなかったけど、
次回力がある時なら頑張れそう。

私の中でちょっとふっきれた。
完璧にサポートできなくっても出来ることをやればいいんだ、って。

だから今度また彼が登りたそうにしていたら、すぐ声をかけようって思った。


ところでMonkey Magic のTシャツってすごくセンスあってかっこいいなぁって思う。
060802-a1.jpg

category: クライミングジム

tb: 0   cm: 0

久々に七里ガ浜  

今日はshimaちゃんと伊豆下田方面に波乗りにいく予定だった。
けど朝六時前の情報では、

白浜→ダブルオーバー
多々戸→頭半
入田浜→頭半

……。

昨日より上がってるじゃん。超ハードコンディション。
台風の影響は前半は残ってるかもなぁ、とは思ってたけどここまでとは。
さすがに女二人でこのサイズに挑戦は無茶すぎるし、そもそも怖くて無理。

ということで、
地元湘南の波がちょうどよかったのでshimaちゃんの入ったことのない七里ガ浜にした。
午前中は雨がずーーーっと止まずに寒い寒い。
080514_1148~0001

ロンスプのお兄さんがいたけど、細かく震えてた。絶対やせ我慢だわ。
波のサイズは腰腹ってとこか。セット間長くてのんびり。
グーフィーの波のほうがきれいに割れてたかも。

お昼前にいったん上がり、ご飯食べて、いい感じに晴れたところで
鎌高前でもう1ラウンド。
すでに波は終了ぎみ。でも人が少なくて気持ちよく晴れて最高!
波に乗ると、水が澄んでいるから底の海藻や岩が見えるし。

上がってブルーシールでアイス食べたらもう5時。
茅ケ崎の湯快爽快に冷えた体をあたために行くことにした。
ずっとぬるめのお湯に浸かっておしゃべりしてたらふやけた。

夕御飯は田舎鮨本陣に行ったけどお休みで、
鉄砲通りのはずれのインドカレー屋でゆっくり晩餐。

一日よく遊びました。 

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

友人の式  

20080512173626
最近二つの結婚式に出席した。

ひとつは昨日、
飯田橋のこじんまりした雰囲気のよいホテルでの大学時代の部活同期の式。
人前式は二回目だったけど、カジュアルで肩が張らなくていいなぁ。

学生時代はふにゃふにゃしてたイメージもある新郎。
しっかりと挨拶をこなし、新婦をサポートする姿に頼もしさを感じた。

大学時代の懐かしい顔をたくさん見て、
活躍している後輩の話も聞いて、
自分も自分らしく精一杯生きなきゃなって思った。

もうひとつは、妹の挙式。
鵠沼の洋菓子屋とレストランに併設された小さなお庭で挙式。
妹が親きょうだいとじいちゃんばあちゃんに手紙を読んだのを聞いて号泣した。
お姉ちゃんは結婚式ってなぜだか自分のよりきょうだいのが泣けるって言っていたけど、そうかもしれない。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

ヤモリくん  

20080506222215
物置の天井からぽとりと落ちてきたヤモリ。
結構大きくてしっぽが短かった。
どこかで切ったのかしら

目が大きくてかわいい!

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

松川ボルダー  

初めて3級が登れた。

遠い悪いカチを取りに行く穴社員に雰囲気の似ている課題。
穴社員は登れてないけど。

数え切れないほど撃って、腕がダメかも、って思ってた。
暑かったから夕方に体力を残して集中。
登れた。

こんなにうれしいものか、って感激した。
すべて出し切った。
クライミングって素晴らしい。

category:

tb: 0   cm: 0

立山  

とりあえずメモ書き。

29日夜発、30日朝、扇沢から室堂へ。
浄土山周辺を滑る。

1日、8時前雷鳥荘を出発。
雷鳥沢をハイクし剣御前小舎。
そこから別山方面に登り北斜面を2本。

2日、雷鳥荘チェックアウト。
一の越へ向かう。
アイゼンをつけ雄山登頂。山崎カールのそば、滑られていない斜面を見つけ
今回最高の一本。
東一の越、タンボ平を滑走し大町扇沢へ戻る。

3日間とも暖かく春スキー満喫といったかんじ。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0