浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

お散歩中  

犬の耳が歩くたびにパタパタしています。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

水虫なんて…  

って思ってたけど。

まさか自分がうつるなんて。

どうも横パンがあやしい。
裸足でマットの上歩いて、その後からな気がする。

私がなったのは水泡状になるヤツで、土踏まずに出来る。
これが水虫って知ったのは一昨日虫に刺されて皮膚科に行ったとき。
水虫について書かれたパンフレットが置いてあって、
暇つぶしに読んでみたのだった。

そのパンフによると、
一番多いのが指の間に出来る皮がむけてかゆーいタイプ。
梅雨時期に発生しやすい、私のかかった水泡状のタイプ。
それに、爪水虫。
あとは角化した場所に出来るかゆくないタイプの4種類。

私のタイプの症状は、この時期多いらしい。
プツっと小さな水泡ができて、それがつぶれて
やがてかさぶたみたいになって治る。
だけどそこが治ったと思ったらその周囲に再び水泡ができる。
しつこい!!!

たまにかゆくなるけどあまり気にならない。
でも水虫って響きは、やーね。。

薬を根気よく塗り続けないとダメなんだって。
あとは人様にうつさないように気をつけなくちゃ。 

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

下田へ  

20080625234647
20080625234645
おんなふたりで波乗りin入田浜。
スタートがゆっくりだったから午後2時半~5時までの後半で。
サイズ腰腹。風は東よりのサイドオン微弱。
トロくてつながり気味ではあるけど、いいのも結構来る!
ショートのうまい人はガンガン当て込んでいた。

伊豆までって湘南から3時間はかかるんだなぁ。
途中見た白浜の砂の侵食は無惨だった…

帰りに久しぶりに回転すしに行ったらたくさんサービスしてもらった。

ところで昨日悪い虫に刺された左目はだいぶよくなり
一重だったまぶたが二重に戻った。めでたしめでたし。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 2

犬は雷がこわい  

今日の午前中、雷が家のかなり近くに落ちた。

雨がひどく降っていたわけでもなく、いきなりバリバリバリって。

「ここに落ちませんように…!」
って思わず祈ってた。

ふと、うちの犬のことを思い出した。
うちの犬は雷が苦手で、音が鳴り始めると震え、挙動不審になる。
家の中を意味なくうろうろしたり走り回ったり。

こりゃさぞ怖がってるだろうなと。
急いで様子を見にアトリエを出て家に戻ると、奴はいない。

なんか嫌な予感がした。

うちの周りや畑を探したけど見当たらない。
道路に出てみた。

そしたら…!
うちの前の道路はさんで向かいに住んでる叔母がうちの犬を連れてきた。
話を聞くと、道路の真ん中でウロウロしていて車にひかれそうになってたらしい。

やだ~もう!

雷が鳴ると怖いくせにじっとしていられなくなり、行き先もなく走り出してしまうみたい。

その後しばらくおとなしくしていたけど、今は普通。

車にひかれなくてよかったよ、まったく…

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

犬の耳掃除  

犬

うちのバカ犬ちゃん。
耳が垂れているので風通しが悪く、
どうしても病気になりやすいみたい。

あったかくなってくると耳が臭ってくるのです。

かといって子犬の頃から耳掃除をしているわけではないので
耳の中を触られるのをものすごく嫌がる。
しまいには噛みつこうとするくらい。

これはどうしたものか、と思い
通いつけの近所にある動物病院へ行くことにした。
ちょうど狂犬病の注射をし忘れてしたのでそれも。

お医者さんの前ではびくびくする犬だけど、やっぱり耳掃除はダメみたい。
結局口に拘束帯をつけて処置した。

においの原因はカビらしい。
しつこいからマメに通って掃除してもらわないといけなくなった。

今3回通ったところ。
ずいぶんにおいもなくなって犬も嬉しそう。 

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

変わったアジサイ  

20080619105609
玄関に咲いてる、花びらが丸っこいアジサイ。
とてもかわいい。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

焼き鳥でガス抜き  

本日は梅雨の晴れ間に梅を収穫するので忙しく。

手入れのしていない梅の木に登ると傷や痣が絶えない。
無理して遠くの枝に手を伸ばすと腰が痛いし。
木の本数に対してもぎ手が足りないのだよ!
実がおびただしく落ちているのでもったいないけど、
拾う時間もないので実が落ちたら諦める。はぁ。。。

というわけで、疲れを癒す?ために
茅ヶ崎の焼き鳥屋に行きshimaちゃんと飲んだくれてきた。

ビールジョッキ2杯にシークワーサーサワー、ゆずみつサワー。
焼き鳥は脂の少ないのを塩で。

昔のちょっと言いにくい話とか、海の話とかをえんえんとする。
いくら時間があっても足りないよ。

普段飲みにいくことがあまりないので(お酒は好きだけど!)
おいしいつまみとなんでも話せる相手がいるって幸せ。って思いました。

来週は伊豆波乗りツアーだ!

category: おでかけ

tb: 0   cm: 2

古傷  

昨日は2週間にいっぺんの鍼治療。

数年前に腰椎ヘルニアと診断されてからずっと通っている。
お世話になっているその鍼灸院には、かつて小学生の頃にも一時期通った。
ぜんそくがひどく、親は藁にもすがる思いで通わせたのだろう。
効き目はあったかはちょっとわからなかったけど。
今は発作が起こることはほぼない。

腰のほうは無理をすると坐骨神経痛の症状の兆しがあらわれたり、
伸ばすと痛くなったりしてしまうのでその辺はうまくコントロールしている。

あとは、かかと。
一年半前にボルダーで骨折をしてから鍼とお灸をしてもらってる。
このかかとの古傷がとても厄介で、いつまでたっても完全に痛みが引くことがない。
朝おきて階段を降りるときが一番痛い。
あとはクライミングジムでマットに飛び降りるのを繰り返すとやはり痛む。
くるぶし周辺はいまだに腫れたようになっていて、
ギシギシときしむ感じが抜けない。

お灸はものすごーーーく熱いのだけど、した後はスッキリする。
だからいつも2~3か所に計10回くらいしていただく。

整形のお医者さんは「3年は痛いよ」って言ってた。
でもそれどころか一生続く気がしてしまう。
怪我はしないのが一番だ。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

小川山マイナー課題を登る  

この日曜は小川山。
朝から駐車場の車は結構な数。シーズンですな。

今日は人の多い岩は避け、ひたすら人のいない静かな岩を探す。
まずは雨月岩周辺へ。
黒本1

カモシカカンテの前にこないだのトラバース6級でアップ。

カモシカカンテ、なかなか面白かった。
2便目で左手薬指の爪を引っ掛け、欠けた。
けどめげずにやっつけた。

次はちょっと上に登り傾斜の強い岩二つ。
マントル6級はなんだか簡単。
トラバース4級SDは結構なかぶりで手はいいから楽しい。
結構あっさりと、2撃。

そしてマントル4級SD。
低くて怖さはない岩だけど、スローパー。どこも私には甘い。
これには手を焼いた。
昼までやっても出来ず、ご飯食べて休憩ののち、やっと落とす。
もうこれで今日は満足。

時間はあったので行ったことのない屋根岩ボルダーへ。
ソラマメスラブも見てきた。
ここの重なり岩とコロンビア豆ボルダーは、…やばい。
怖過ぎます。
自分は弱い子なので一番下地の良い三角岩の簡単なのをやりました。
黒本2

まだまだ登れる岩、課題はあるなぁ。

category:

tb: 0   cm: 0

アジサイ  

20080616224444
今日の教室はアジサイの貼り絵。
染めた障子紙を花の形にあらかじめ切り、
葉っぱとカタツムリも用意。
お年寄りの方々が難しくないように貼るだけにした。
貼るだけでもクオリティの高い貼り絵にしたいので、
染め方や色には気をつかった。
写真はイマイチだなぁ。

category: お仕事

tb: 0   cm: 0

草履  

20080613125259
20080613125257
いつもばあちゃんのマッサージに来てもらってる按摩さんから、
ハワイアン柄の生地で作った草履をもらった。
夏のアトリエでこれを履きたい。
やっぱり足の指がもぞもぞ動かせるのはいい。

しかし足が黒い…

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

梅を買いに来る人々  

この時期、うちにはひっきりなしに来客がある。
梅の予約や問い合わせで。

ほとんどが私より年上のおば様方だったりするのだが、
中にはおじさん、若いお母さんもいらっしゃる。

梅の使い道も人それぞれ。

梅酒
梅ジュース
梅サワー
梅肉エキス
カリカリ梅
煮梅
ジャム
梅干し


中にはこだわってらっしゃる人もいて、
買っていった梅で作ったものをわざわざ小分けにして持ってきてくれることも。
そんな人は必ずと言っていいほど、
作り方の手順を楽しそうに説明してくれるのだ。
縁側に座って、「私の実家が山形でね…」とか昔話をしてくれたりもする。
梅干しを作る人は田舎の出身で、母親がやっていたという人が多い。

散歩がてらリュックに梅を背負っていくおじさん(おじいさん?)は
孫がリンゴ酢で漬けた梅のジュースが好きで毎年心待ちにされてるそうだ。

横浜から車で来る若いお母さんは40キロも買っていく。
使いきれるのかなぁ。

ちなみにうちは母がプルーンの濃縮エキスに氷砂糖と梅を漬けた。
あとは季節の終りになって余った梅をどっさり梅干しにするのがお決まり。

こないだ予約しにきたおじさんはもう何年ものお客さんなんだけど、
私がひとりでいるもんだから、
「いいのをめっけてきてやろうか?」
って冗談だか本気だかわからんことを言われた。。。笑

やっぱり、うちの梅で喜んでくれる姿を見ることができるって嬉しいし
傷やアザだらけになっても、木に登って収穫することは苦にならない。

category: お仕事

tb: 0   cm: 0

藍ロウケツ染め体験  

藤沢駅北口からほど近い『蔵まえギャラリー』でやっている
藍染め体験講習へ行ってきた。
エコバッグかTシャツで迷ったけど、五分袖のTシャツを染めることにした。

本日やるのはロウケツ染め。
型紙もあったけど、手書きする。

もとはこんな真白なシャツ。
藍染06


これにチャコペンで図案を下書きし、
「Melpot」というロウを適温で溶かしておける電熱器で溶かした液状のロウを
筆に固まらないように付け足しながら布に直接塗っていく。

その間講師の方が藍を「建てる」。
ソーダと藍の粉末を水にいれて溶かすだけ。
しばらくすると表面がぶくぶくと泡立つ。
藍染05
これを藍の華というらしい。

左肩から後ろにかけてと前身頃の下のほうにトカゲの図案を描き入れて、
一回水につけて絞り、
いよいよ藍に浸す。

時間は3分ほど。好みで調節する。
Tシャツをいれた直後は黄緑色だけど、空気に触れてどんどん濃くなる。
3分ほど経って取り出し、水ですすぎ、干す。
藍染03

このあと熱湯でロウを落とすと、これ。
藍染01
白く抜けてます。

昨日染めたというエコバッグやのれんも並んで干してあった。
藍染02


このギャラリー、もとはふるーいお米屋さん。
隣接して蔵を改装した展示スペースがある。
展示はその蔵の中や土間や座敷にするそうだ。

天井が高くて煤の色で落ち着いた雰囲気。とても居心地が良かった。

あまりに長居してしまい、すぐ近くのフジサワ中央に『ザ・マジックアワー』を観に行く予定が
ギリギリになってしまった。本編には間に合ったけど。

なかなか充実の日曜日でした。

category: 制作

tb: 0   cm: 0

松川ボルダーの写真  

SANY0062_convert_20080606235805.jpg

いいところですな。

SANY0074_convert_20080607000231.jpg
登るひと・1

SANY0081_convert_20080607000859.jpg
登るひと・2

category:

tb: 0   cm: 0

今さら立山の記録  

GW前の平日を狙って行ってきた立山。

一日目。
昼前に室堂に到着。めちゃくちゃ暑い。下界と変わらん。
数週間前から変な咳と痰が出て、ハイクが苦しい。
喉も痛い。
ペースがぜんぜん上がらず。
SANY0019_convert_20080606231331.jpg

浄土山周辺を滑走。
こんなとこを。
SANY0017_convert_20080606231046.jpg


二日目。くもり。
昨日よりは涼しい。
雷鳥沢を登り、別山へ続く稜線をアイゼンで登る。
SANY0028_convert_20080606232456.jpg

北斜面、いい斜度。
SANY0031_convert_20080606232749.jpg

ここをおかわりした。

三日目。晴れ、時々ガス。
一の越へ向かう。小屋のまわりは結構な人。
SANY0038_convert_20080606233503.jpg

雄山への稜線に取りつき、ガシガシ登る。
ガスが晴れてる間に素早く滑りおりる。
滑ったのは左下のきれいな斜面。
SANY0021_convert_20080606231601.jpg


降りてご飯食べて、かったるいトラバースして東一の越まで行き、
グサグサのタンボ平をプルプルしながら滑り、
ケーブルカー乗って帰途についた。
SANY0057_convert_20080606235436.jpg

結構焼けました~~

今は海の日焼けでさらに黒く。。。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 2

梅仕事  

20080605111425
20080605111423
梅の時期。
今は青い梅の爽やかな香り。
あと2週間たつとアンズみたいな甘い匂いに変わる。

縁側での選別は気持ちがいい。

category: お仕事

tb: 0   cm: 0

今朝の辻堂  

台風のうねりが残って、胸~肩 たまに頭。

かなりワイドでセットはとくに強烈。
しかも早いブレイクで、
大潮の引きに向かう時間帯なためか掘れ掘れでスリリング。
というか恐い。

何回もグルグル巻かれました。
まだ耳に海水が少し入ってます。

久しぶりに「ドッカーン」て音を立てて一気に崩れる波に遭遇したな…

1時間で退散してきちゃった。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

横浜開港祭  

20080602232447
雨の中ボンボコ音がして
何かと思ったら

夜空にきれいな大輪の火の花が咲きました

横浜まで登りに来たご褒美かな

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

河合耕平くんのライブ  

友達からお知らせをもらったので、
茅ヶ崎の『BB』まで河合耕平くんのライブを見てきた。
河合耕平くんのブログ

一曲目は新曲。これが暗めなんだけど私にはしっくりきたしとても気持ちよかった。
耕平くんのライブをみるのは二回目。
前回はハミングキッチンも出演だったので賑やかだった。
昨日はお客みんなが座って聞き入ることができたし
耕平くんもリラックスしていたようにみえた。

彼の音楽はジャズ、スウィング、ボサノバの要素を各曲にちりばめていて
とてもセンスがいい。
キリンジの音楽と近いかな。歌詞の世界は何となくスガシカオみたい。ニクい。
宅録したというデモ音源をもらえてうれしかった。
でも昨日の目の前で聞いた弾き語りの演奏がとても良くて、もう一回聞きたい。

素敵な才能があるミュージシャンだと思うのでぜひともがんばってほしいなぁ。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

子供の涙  

今日、子供の造形教室で保育園に通う5歳の男の子が
ポロポロ涙をこぼす場面に遭遇した。
土曜の教室にはこの春一年生になった男の子たちが3人いる。
その子たちとおんなじテーブルで彼は絵を描こうとしていた。
テーマは自由。版画にする下絵。
一年生になった子たちは私が見ても以前よりあきらかにお兄さんになったきたし、
ずいぶん上手に描けるようになってきてる。
すらすらと周りの友達が上手に描いていくそんな中で、
彼は何を題材にしてどんなふうに描けばいいのか困惑していたようすだった。
私のエプロンをくいっとひっぱり、「なに描けばいいの」って聞いてきた。
そのうち歯をくいしばってポロポロ涙をこぼしだした。
とてもとても悲しそうだった。
私はびっくりして、彼の頭を撫でながら
「難しく考えないでいいんだよ」って言うのが精いっぱいだった。
この教室を主宰されてる先生が、題材と描き方の助け舟をしてくれた。

私が思うに、真面目な彼は周りが恐竜やら人間やらをどんどん表現できているのに、
自分は描こうとする題材が見つからない、題材を提示されても描き方がわからない。
おいてけぼりになったようで悲しかったのかな、と感じたんだけど本当はどうだったのか。

思い出したことがある。
私が幼稚園に通っていた頃、パイナップルを描く時間があった。
私は表面のボコボコした模様を表現したかったのにどうやって描けばいいのかわからず、どうにかやろうにもどんどん自分の思わぬ絵になってしまって悔しくて悔しくて泣きそうになった。形や細かい模様の意識はあるのだけど、それをうまく表現する方法を知らなかったわけで。

今回が同じ状況だったとは思わないけど、通じるところはあるかもしれない。

そうなると、うまく導いてくれる大人に巡り合える子供って幸せなんだなぁって思った。
そういった機会に恵まれず美術が苦手になっていく人ってきっと少なくない。

なるべく多くの子供に表現することの自由さが伝わるよう試行錯誤だ。。。
こればっかりは何年やっても、いつも難しいと思う。

category: お仕事

tb: 0   cm: 0