浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

9月29日  

雨が続く。
ぐっと涼しくなってきて、すっかり長そでの季節といった感じ。

ばあちゃんは週に3回、デイサービスに行くようになった。
朝の10時から4時まで。

2時間くらい前から玄関のところにイスを出して迎えの車が来るのを待っている。
来ないと誰かに「どうなってる」と騒ぎたてるのだ。

時計を見てと言っても見る気がない。
自分の腹時計ですべてが進んでいくのだ。

帰ってきてからもウロウロウロウロしていたようで、
玄関先の段差でよろけて転んでいた。
仕事から帰ってきてみたら、
ばあちゃんがびしょ濡れの泥まみれで地面に転がっている。
起き上がれなかったらしい。
急いでお風呂に連れて行った。

幸い風邪はひいていなかったみたい。
夕飯もたくさん食べていたし。

category: ばあちゃんとの日々

tb: 0   cm: 0

手首の障害  

「クライマーズ・ボディ」を読み直してみた。

左手首の痛み、これはなんなんだろうと不安になったから。

すると、あった。「TFCC損傷」。
手首の甲、小指側の細かい靱帯の集まりを「TFCC」というらしい。

自分の症状としては、低い位置で手首を返しアンダーで引く動作をすると痛む。
ストレッチで手のひらを上にし、指を下にして自分側に引っ張るのも痛い。
ちょうど手首の骨が出っ張っているすぐ上あたりなのだ。
それから患部周辺を触ったり動かしたりするとコリコリと音がする。

ひどい人はドアノブや車のハンドルの操作ができないほど痛むのだそう。
まだそこまではいっていないけど、早期に対処したほうがいいのは確かみたい。
まずは安静、サポーターやテーピング、アイシング。

ジムに行く回数は減らしたほうがよさそうだ。

category: クライミングジム

tb: 0   cm: 0

起きれませんでした  

朝早く目覚ましかけてたのに、起きれなかった。
9時過ぎくらいまでは辻堂なんかも風が弱くてよさそうでしたねぇ。。

祝日火曜日はお仕事してたから、今日は教室が無いことだし
ばあちゃんもデイサービスで昼間お出かけできそう!ってことで…
西武園までウォータージャンプだー。

10時まではせっせと野菜をとって無人販売所に出し、ばあちゃんを見送り、
3時間かけて所沢へ。
1セッションだけ集中して飛ぶことにした。
どうせ長いことやっても首痛めるだけだし。

最初はストレート→グラブ→180→180怪しいグラブ→360とやっていく。
こないだより着水が良い気がしたのもつかの間、
回せば回すほど軸が傾いていくのだ。
これじゃ雪の上で試せない。つくづくダメな子。
平日で空いてるから飛べたのはいいけど、ちょっと落ちました。

4時半でサクッと帰途へ。

帰って時間があったのでJ-WALLに行ってきた。
105°壁のKUMAさん課題3級できた。満足。
軽くジョギングして今日はおしまい。

明日はたくさん仕事するどー

category: ゲレンデ滑り

tb: 0   cm: 0

今日の鎌高前  

朝早く起きたのだけど、どうもビーチはつながっちゃってダメっぽい。
七里なんかはよさそうだった。

鎌倉に行くには時間の都合がつかない。
ばあちゃんが10時に叔母と平塚の実家へ行くから、それまでは一緒に居なくちゃ。

ってことで、チャリで11時過ぎに鎌高前に到着。でも。。風がすっかり変わっちゃった。
思い切り南東から吹いてる。10時位はまだ北東だったはずなのに。
ガッカリしながらも海へ入る。ハラムネってとこ。
ショルダーが張りにくい波。ボコボコしてるし。人も多くアウェイなので気を遣う。
うーーーん、不完全燃焼。
上げてきてうねりの反応も鈍くなり、セット間が長~い。
2時間以上居たのにたいして乗ってないや。

帰ろ。

こんなときもあるさ。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

茅ケ崎飲み  

久しぶりに、ずっと仲良くしてるスキースクール時代の後輩と飲んだ。

shimaちゃんとよく行く「とり介」。
相変わらずつくねと白レバが絶品である。

サプライズで山以外で会ったことない後輩もわざわざ池袋から(!)やってきてくれて
最近のスクールなんかの様子なんかを根掘り葉掘り聞けた。
ひと事だから面白いけど、当事者は大変だ。

お酒は少なめでお話多め。つまみはおいしい焼き鳥。
時間は短かったけど楽しかったなぁ。

明日の朝は海だーーー
台風14号のうねり。恩恵受けさせてもらいます。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 2

秋って  

落ち葉髪の毛が抜けるなぁ

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ジョギング  

最近ジョギングを始めた。

私は走ることに苦手意識がある。
小学生のころ持病のぜんそくで走ること、特に持久走で発作が出た。
体育の時間は半分くらい見学していた。

だから、大人になっても運動神経は未だに人より劣っていると思っている。
たくさん繰り返さないと習得できない。
初めてのスポーツとか身体能力テストなんかですぐいい成績が出たりする人に
強いコンプレックスを感じるのだ。

そんな自分が走ろうと思ったのは、やっぱり登っていて。
もっと体が軽ければ登れそうな気がするし、
実際登っていても体が重いような感じがする。
体脂肪を減らす努力しなきゃ、と。

一念発起、こないだ家の前の側道を夜1時間走ってみた。
そしたら案の定筋肉痛になった。弱い。

距離的にはおそらく7キロくらいかな。かなりゆっくりペース。

1時間コースのほかに40分、30分のコースも見つけた。
調子が良ければ1時間、疲れていれば30分と使い分けようと思う。
毎日は膝を痛めるというので、週に3回から4回にしよう。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

9月18日  

ばあちゃん、今日は介護サービスの日。

私は午後、子供の造形教室。


私が帰ってきた時ばあちゃんは外に出て待ち構えていた。
お決まりの「何やってたんだ、遅いじゃないか」。

…もう慣れた。

トイレに行きたくて急いで扉を開けたら、

うげっ

おしっこで床がビショビショ。
スリッパをつまんで持ち上げるとポタポタ滴る。
これじゃ履けない。

ペーパーで拭きまくり、スリッパをお風呂場で洗い…

すると、ご飯を早く済ませたいばあちゃんが
「いつまで拭いてるんだ。早く支度しちまいな!」
と。
自分がやったくせにーーーー。

「これ、ばあちゃん?」って聞いても
「私じゃない、しらない」と言い張る。

「悪いね、汚したから掃除してくれる?」
って言ってくれればこっちも気が楽なのに。
プライドがあるのかもしれないけど…

category: ばあちゃんとの日々

tb: 0   cm: 0

どうでもいい話  

最近、うちの犬のことを「犬っぽいの」と呼ぶことがマイブームです

そのほかには
「犬の人」
「ぬこ」
「じいさん」

とか。

13歳だからお年寄り犬なのだ。
年中寝てばっかりでネコみたい。

**************

ここ一週間ほど頭痛がする。
今まで頭痛で悩むことなんてなかったのに。
肩が凝ってるとは考えにくいし、
となると歯かな?虫歯?

とにかくこの痛みは地味に辛い。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

横岳  

小川山の次の日は八ヶ岳の横岳に登ることにした。

野辺山の駅の先、八ヶ岳別荘地を入った先に登山道があったから。
杣添尾根から上がるルートだ。

駐車スペースが8台しかないということで、夜のうちに行って車泊する。
初めてここの別荘地帯に来たけど、こりゃすごい。立派な別荘ばかり。
こんなとこに別荘が持てるようになったらなーーーーー。

002_20100517234018.jpg
登山口はこんな感じ。

登り始めてすぐに沢を渡る。こんなとこで落ちたらマズイよ。
ここのコース、登れど登れど樹林帯で展望がちっともひらけない。
しかもコースタイムがマップとだいぶ違う。
私の足が遅いとはいえ、一時間くらいは余計かかるんじゃないか。
やっとハイマツ帯に出てきた!!
005_20100517234017.jpg

赤岳が見えた。
004_20100517234017.jpg


赤と緑のコントラストがきれい。
006_20100517234016.jpg

稜線上はたくさんの登山客が行きかう。
休憩中の人間観察も面白いものだ。

ひとりで来てる若い男性。ギアや服装はピカピカ最先端。眩しいっす
同じく単独行の若い男性。薄ら笑いを浮かべている。帽子にこだわりが見える。
なぜかライダースジャケットで山歩きをする人も。
恥じらいも忘れたか、おばちゃんがハイマツをちょっと行ったところで用をたしてる。
「ここはどの辺だ?」見当違いの場所を口にする頼りない家族づれのお父さん。

…変わり者ばっかりやね。

見えた風景。雲のなかに阿弥陀岳。
008_20100517234015.jpg

赤岳鉱泉小屋が見えますなぁ
009_20100517234015.jpg

人間観察を楽しんだところで、下山する。
またひたすら樹林帯かぁ。。。

忍耐の下りで、車に到着し体バキバキ。
ご褒美にハーゲンダッツの新製品メープルクッキーを。

夜ストレッチとバンテリンで翌朝は少しマシになった。
けれどかかとの骨折した箇所は山歩きするとやっぱりまだ痛む。困ったなぁ。

category: やま

tb: 0   cm: 0

週末  

小川山&山歩きの連休。


小川山は一ヵ月ぶりくらいかな。さて、何登ろう。
ライト・スパイヤー3級やりたかったしプーシェ3級も途中。
林の中のボルダーに行くことにした。

ライト・スパイヤーは細かいのをひろって乗り込む花崗岩らしい課題。
ホールドも小さい。
上部まで行くもまだまだリップまでは到達できず。宿題。
でもこれ、楽しい。

お次はクジラ岩の前方にある「潮吹き穴4級」。
大きな穴が二つ開いてて、いきなり右足を穴に上げる。
勢いと左足スタートの位置がキモだった。
最初「これムリー。」とか思ったけど諦めず取り組んでよかった。できた。
右足に乗り込んでしまえばほぼ終了な課題。

次に人気のないスクエアという岩に行って見学。
そして下りてきてプーシェ。
右向いてるフレークを使って体を上げ、右足引っかけて上部の穴を取る。
黒本とラインがちょっと違うような気がするんだよね…簡単に感じたし。
とりあえず完登。ついでにスラプーシェ6級もやっとく。

3連休ということでテントは混み混み、車はぎゅうぎゅう。
クライミングスクールで来ていたTAKIさんやNTGくんにまたまたお会いした。

ひとまず小川山を後にする。
次の日は八ヶ岳登山。

category:

tb: 0   cm: 0

9月11日  

ばあちゃんは一日で復活した。

すげー驚いた。

自分があれだけお腹下ったら数日間本調子じゃないと思う。
昔の人ってホントに丈夫なんだな!

今日はこないだ通いはじめたばかりの小規模多機能型介護施設へ行った。

ばあちゃんには前もってどこかに出かけることを話すことは危険。
今日はその日だという朝には何時間も前からそわそわし始める。
やれ化粧してくれだの、カバンはどこいっただの、新しいタオル出してくれだの、
こっちは振り回されて大変。
迎えはまだか、いい加減遅い、どうしようもない、と言いたい放題。

私が手があく時間だったので化粧をしてあげて、言いなだめて、ご機嫌とって。
はー、つかれた。。。


向こうで介護士さんに帰りたいとか言って迷惑かけてないか心配。
何があったか知らないけど、案の定帰ってきて
「世の中嫌な人間ばっかりだ」ってブツブツ言ってる。

慣れてちょうだいね。

category: ばあちゃんとの日々

tb: 0   cm: 0

9月9日  

ばあちゃんは食べ方が汚くなった。

おなかがすいていると、その辺のものを手づかみで口に入れるし
器を持たないで顔をお皿に近づけるようにして食べる。
だからテーブルやいす、床にご飯粒なんかをたくさんこぼす。

今日もお昼ごはんの時、こぼした、と言いながら
床に落ちたご飯粒を拾って口に入れていた。
「拾わなくていいよ!汚いから」っていつも言うのだけど。

そのせいかわからないけど、夕方からばあちゃんはひどい下痢をした。
腰かけながら、「ウンチが出てるみたい」って訴えた。
見てみると結構な軟便。急いでトイレに連れて行く。
さらに水っぽい。
リハビリパンツを換えペーパーでおしりを何度も拭く。においがきつい。
ノロウイルスだと大変なので念のため手袋をした。

そのあと私は月に二回の鍼治療なので、叔母に一言言って出かけた。

帰って様子を見に行くと、叔母がばあちゃんをお風呂に入れてる。
どうしたのか聞くと、「パンツに海のようにウンチして、流すしかなかった」と。

これは普通の下痢じゃないな…

そのあとは夕ご飯も食べられずグッタリしているのですぐに横にならせた。
おなかが痛い、と訴える。そして私にも聞こえるくらいの「ゴロゴロ」って下る音。

そのあとは換えてもすぐに汚してしまうイタチゴッコ。
再びお風呂に入ってもらった。
普段は母が寝る前にお風呂に入れるんだけど、今日は両親とも仕事で遅い。
私ひとりでの排泄処理、やるしかなかった。
必死で汚いなんて思ってる暇なかった。
母屋じゅう臭う。

そのうち両親が帰ってきた。ほっとした。

今は母がばあちゃんをまたお風呂に入れて、寝かしたところ。
ちょっと寝ていると思っていたら、布団にまで浸みるくらい下ってしまっていたらしい。
いままでオムツはしていなかったけど、今日はさすがにオムツ+パッドにした。

これがノロウイルスだとすると、
私たち家族は疲れていたらあっという間に感染してしまうな…
ばあちゃんもだいぶ疲れてしまってる。

category: ばあちゃんとの日々

tb: 0   cm: 2

乾燥  

今日になってずいぶん空気が乾燥してる感じがしてきたなぁ。
家の中だったらクーラーなくても涼しい。

裏山で鳴いてる蝉の声も、終わってしまう夏に必死にすがるような、
そんな風にも聞こえる。
庭や畑ではカマキリがどうやら卵の産卵場所を探してうろうろしている。

秋の虫も耳にするようになった。


空気が乾燥して気温も下がってくると、体調がよくなりそうな気がするけど
私みたいなアレルギー疾患持ちの人間にとっては逆なことが多い。
肌がカサカサしてきたり、ぜんそくの発作が出やすくなったり。

反対に、私は夏にバテたことがない。
暑さには強いのかも。


宮崎から帰ってきて、湘南にはまともな波が来ない。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

  

先日の五竜に続き、所沢のs-airへウォータージャンプしに行った。

第三京浜、環八、青梅街道、所沢街道で行ったら意外と早かった。

天気はよく、暑い!水に飛び込むには絶好のコンディション。
しかしみんな同じこと考えてたわけで…

ボーダー&スキーヤーで大混雑。

どの台も並びまくり。

まぁ、せっかく来たしお友達もいることだしのんびりやろうってことで列に加わった。

途中雷ピカピカ、近くに落ちてゴロゴロ、中断。
間延びしてしまい本数かせげず。

暗くなってからやっと思うように練習できたのだった。
でもやっぱり1日2日やったくらいじゃなかなか癖は抜けないし習得もむずかしいやね。。

*************
メモ

*サッツのタイミング、なるべく粘る
*台なりに飛び出さないよう腹筋使って踏み切る
*腕を引き上げすぎない
*つま先下がらないよう足首の緊張
*180のつもりで視線を送り、そのあと振り返るようにしたほうが360回りきる
*タックをもっとがんばる(上体かぶせ+足の引き上げ)
*着水時の後傾注意

category: ゲレンデ滑り

tb: 0   cm: 0

  

最近のクライミングジムに行く頻度は週3~4。

時間は1時間弱ほど。
それも休み休みなので実際に壁に張り付いている時間はもっと少ないだろう。

取り組む課題が難しくなってきて、今は3級中心。
さすがにこのくらいになるとホールドが甘かったり小さかったりで指を酷使する。

そのせいか、ここんとこ左右とも中指と人差し指に違和感がある。
てのひらに近づけてぎゅーっと握ると関節が痛むのだ。
これは気をつけないと故障になる。。。
左の手首も若干痛みがある。

やはりボルダーをずっとやってるのは体に悪いなぁ。
ルートとバランスよくやりたいんだけど。ビレイヤーがいつもいるとは限らないし。

深刻な故障をしてしまってクライミングから離れざるを得ない人や、
常に指のご機嫌を取りながらしか登れない人を知ってる。
登れるときは楽しくてついつい打ちこみがちだけど、
故障をしてからじゃ遅いんだよね。

きちんとアイシングの習慣、つけたほうがいいかも。

category: クライミングジム

tb: 0   cm: 0

夏休み明け  

今日は夏休み明け最初の子供造形教室。

夏休み中は教室がないので、一ヵ月以上子供たちの姿を見ていないことになる。

私はいつもこの日を楽しみにしてる。
久しぶりに会う子供たちは真黒に焼けて、背が伸びてて、
なんだかちょっとだけおにいさん、おねえさんになってやって来るから。

幼稚園の年長さんの女の子はずいぶん手足がすらりとした気がする。
同じく年長さん男の子は頼もしくなって。
でも間があいてしまったからか、
女の子のほうは緊張で最初教室になかなか入ってこれなかった。

なんとなく、みんなまだ夏休み気分なんだな~。
夏休みの思い出の絵を描くんだけど…どうも集中力がない。
みんな、2学期だよ!!!

小学生の男の子がお土産をくれた。
福井まで化石堀りに行ったそうだ。恐竜大好きだもんね。よかったね。

category: お仕事

tb: 0   cm: 0

9月4日  

今日のばあちゃん。

朝、廊下で頭から転んで目の上に大きなタンコブをつくった。
手がとっさに出ないのだ。

お年寄りは体をちょっとぶつけただけですぐ真っ青なアザになってしまう。
ばあちゃんのタンコブも夕方には血が下りてきてしまって、
お岩さんみたいなひどい状態。

ばあちゃんの言葉に対して気づいたことがある。
どうも自分の言いたいことと出てくる言葉がチグハグしてしまうようなのだ。

たとえば、

ご飯を食べ終わって、早くお風呂に連れて行ってもらいたいのに
「はやくご飯食べちまおうよ」

トイレに行ってパンツが太ももまでしか上がってないのを直してもらいたいのに、
「おしっこ連れて行ってくれ」とか。

トイレに連れてくと「なんでこんなとこに連れてくるんだ」ってすごい剣幕で怒る。
だからさんざん振り回される。

言葉の裏側をくみ取らないといけないのはわかってるけど、
ついイラっとして怒ってしまう。

category: ばあちゃんとの日々

tb: 0   cm: 0

宮崎波乗りの旅  

平日にお休みをもらって宮崎まで行ってきた!

二泊三日の波乗りの旅。旅の道連れは、shimaちゃん。
朝早く羽田へ。民間パーキングに駐車し、飛行機に乗り込む。
fujisan.jpg
富士山がみえる。てっぺんから滑ったっけな~

宮崎に着くなりすごい雨。
レンタカーのスズキスイフトに簡易キャリーをつけただけでびっしょり。

どうやら3日間あまり天気は良くないようだ。
風も南東~東~北東で波質に影響しそう。。。でもサイズの心配はないけど

携帯の情報から初日は少しマシそうな日向のメジャーポイント「お倉ヶ浜」へ
腹が減っては波乗りできぬ。刺身定食970円。(だったかな?)
さしみ

お倉ヶ浜の写真撮るの忘れた。いまいちだったな。

夜は宮崎地鶏の炭火焼。
013.jpg

次の日は筋斗雲のサーフガイドをお願いした。
ガイドはプロサーファーでビッグウェーバーの中迫謙吾さん(真ん中、撮影は私)。
016.jpg

風はあいにくの北東、オンショア。強い。
まずは木崎浜近くのゴルフ場裏ポイントへ。すぐ近くに飛行機が離着陸しているのが見える。
ここはジャンクで面がガタつき、見た目は怖い。サイズは肩~頭くらいかな…
でも意外とゲットはできて、波はダラダラ目の消えがち。
いつもタルい湘南と比べたら刺激があってたまらない!

お次は少し南下して日南エリア宮浦漁港のポイントへ。
021.jpg
ここはローカルのキッズたちが結構入ってて比較的波の小さいところ。
宮崎にはこうやって波乗りの文化が子供たちに当たり前のように浸透してるんだなぁ。
ロングボーダーにはこのくらいが実はいちばん平和なのかも。

途中「鬼の洗濯岩」といわれる洗濯板状に削られたリーフを
潮の引きで見ることができた。
017.jpg

お昼の後は河口の伊比井ポイントへ。
023.jpg
普段は小さな流れだという川はこの日結構な水量で海に流れ込んでいた。
しかもサイズが頭くらいあるのでカレントが強くなっているようだ。
謙吾さんにカレントの注意点を聞き、ゲット。
アウトに出る。うーん、ここはショート向きだな…ピークが急に掘れて刺さりそうな波。
実際周りはショートばかり。自分もショートやりたくなった。
でもこの日はここが一番いい波が来てた。スリリングでドキドキした。
謙吾さんは本当に楽しそうに波に乗ってた。プロのライディングはキレがある。
何度かパーリングしたりしたけど、充実した時間だった。

夜ごはんには謙吾さんにおしえてもらった釜あげうどんのお店「おだまき」へ。
メニューは釜あげと卵付き釜あげの二つしかないんですけど!
024.jpg
でもこれがおいしかった!ほんとにおいしかった!

最終日は頑張って5時に起きて宮崎の下のほう、串間の恋ヶ浦を目指す。
海岸線の方向から、北東の風はなんとかかわすんじゃないかって予想で。
ホテルから2時間。道路わきにはヤシの木やバナナの木で南国ムードたっぷり。
車の前をカニがサササーって横切るのが笑えた。

恋ヶ浦の波は胸たまに肩くらい。面も良い!当てちゃったかな?
写真ではフラットみたいだけど、このあと潮が引いて良くなった。
でも人も結構入ってきた。
030.jpg

そしておなかが減った二人は北上して漁港近くの食堂へ入るのだ。
ここで「かつおめし」って言うのをはじめて食べた!
032.jpg
これはかつおの刺身が海苔に隠れてて、醤油ベースの濃いめのダシ。
お湯をかけてあってお茶漬けみたい。かつおを表面だけ湯通しした感じで柔らかさは残ってる。
わさびとショウガで引き締めてあって、絶品!!うまかったーーー

そして最終ラウンドは再び伊比井。
039.jpg
昨日よりサイズは下がり波は厚くて、一転してロング向き。潮も上げてきていたからだわね。
楽しませていただきました。

最後に空港で冷や汁定食をいただき、雷の激しく鳴る湘南に戻ったのだった。
今日辻堂に入ったけど、やっぱり宮崎と雲泥の差だった…

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

過去  

20080901011053
離れに押し込んであった大学時代の作品が出てきた。

こんなの作ってたことすっかり忘れてた。

でも改めて見ると沢山ある中に
「ここの部分いいじゃん」って表現があったりする。

ほとんどが学生ならではの未熟な表現ばかりなんだけど。

大きいのでは直径30センチ以上で高さは40センチくらいある。
よくこんなの吹いたなぁ。

絵を見てると自分は真面目に考えるタチで、
時々とらわれててつまらない物になってるように見える。

客観的に作品を見る目って必要。
こうして時間が経ってから見てみるのっていいかもしれない。

category: 制作

tb: 0   cm: 0