浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

バタバタ  

家のリフォームが本格的に始まって、落ち着かない。

住んでいる状態で大工さんやら左官やさんやらがどんどん入ってくるのはプライベートも無く、なんだか精神的に参ってしまう。

お茶出さなきゃ行けないしばあちゃんは始終呼ぶし。バタバタ。

はぁ。しばらくはこんな感じなんだろうな…

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

顔見知り  

010a_20090225134557.jpg

23歳から始めた波乗り、自分には周りにやってる人がいなくて
ずっとひとりで海に入ってた。

だから上達は遅い。
きちんと教わったことがないから教え方もよくわからない。
先生はDVDや海にいる上手い人。見て盗むしかなかった。
必然的に周りにどんな人がいるのかよく見る。

辻堂で入りはじめていつのまにか今年の10月で10年になるけど、
ずっと同じポイントで入っていると顔をよく見る人も出てくる。
だけどだれ一人名前は知らない。

海が好きな人は雪山が好きな人と同じくらい、いや、もっとかな、
いっつも波のこと考えてるんじゃないか。
だって、ひとたび波が上がれば必ず居るんだもん。
朝と夕方、二回入る人もざらじゃない?
平日の昼前とかに海に入ってるひとって仕事何やってるんだろう。

昨日も、朝一時間弱だけスケパー前に入ったら、いつも橋前で見かける人がいた。
上がって水かぶってたら同じくよく見る夫婦が自転車で通り過ぎた。
ほんと、いっつもいる。なんなんだ。

名前も住んでるところも知らないけど、あ、今日もいるな、ってのは
お互いに思っていると思う。
見かけたこともないちょっと調子に乗ってるようなサーファーが入っていれば 
「何あいつ?」っておもうけど
いつもいる相手には敬意を払う。上手いこと知ってるし。
だから前乗りはもちろん、ライディングの邪魔にならないようにゲッティングにも気をつかうし、なるべく近くで波待ちしないようにしてる。

海っていう場所でつながっている不思議な関係。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 2

2/22八方BC  

ばあちゃんは一日介護サービスの日だったので、おでかけ。

いつもはパークで遊んでるヨシくんとさやぽんが山に入ることに。
それとアツくんが加わり、リーダーのタナーと、私で5人になった。

いろいろ考慮して、あんまり遠くには行かないで短いハイクでしっかり滑れる八方。
ガラガラ沢→トライアングル下部という行程。

003a.jpg

008a.jpg
狙いどおりガラガラファースト。
私は一番左のトラック。センターがメンツの中で一番狭かった。87。
そのせいでターン弧が小さいね。やっぱりここは重くて太い板がベストだなー。
滑っているのはアツくん。

009a.jpg
リーダーの滑りはやっぱりキレてました。縦で速い!

下は重くなってきて修行系の雪。
でも皆さん上手いからさほど問題なく下りてきて、
グリンデルでタンパク質とアミノ酸補給。

気の合う仲間といくのは刺激があって楽しい。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

あ、やっぱり  

タモリ倶楽部を観ながら日記。

日本アカデミー賞、おくりびと10冠だって。
やっぱりなー、って。

私は別に映画に詳しくないしマニアでもないけど、良かった。
こないだチネチッタで観たときは客席ガラガラ
(こんな良い映画なのになんで?って思った)だったけど、
明日からきっと盛況だろうな。

扱っているのは死という重いテーマだけど、なんとも爽やかに仕上がっていて
大事な人を亡くしたことのある人はググッと心がつかまれる。
死んだじいちゃんのこと思い出してさらに泣けてしまったもの。

早めに観にいっておいてよかった。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

2月19日  

090219_1119~0001

昨日は波乗りに行くため1日家をあけた私。
夜8時頃帰ってきたら、案の定ばあちゃんは大変だったらしい。

私の仕事が午後からというのが多いので、
午前中は無人販売野菜の作業をしながらばあちゃんの様子を見れる。
平日で午後もない時は叔母と交代で見守りをする。

昨日みたいに両親とも仕事で叔母もずっとは付き添えない日に
私がいないとやっぱりバタバタしちゃう。
出かけていいよ、こっちはなんとかやるから、っていわれてもやっぱり罪悪感。
家族は私を責めないけどなんだかスッキリしない。
出かけた日はいつもそんなことで気持ちが落ち込む。

昨日は夕飯にお弁当を買ってきてくれた叔母と父が交代して付き添っていた。
いつもは夕飯は私の係なのだ。
ご飯を食べ終わっていたばあちゃんはなんだか騒がしい。
もう着替えて寝るだけというのに興奮してそんな気配もない。

とりあえず逆なでしないように言葉を選びながら話しかける。でも理解できない。
眠れるように蒸しタオルで顔を拭き、化粧水をつけ、口腔ケアをする。
寝巻に着替える間もずっと文句を言う。

途中、おしっこ、という言葉が出て来たので急いでポータブルトイレを用意する。
リハパンも替えなきゃダメだ。。。
手すりにつかまってもらって、ズボンを下げる。と、、、立てなくなりしゃがんじゃった。。
畳に尿が滴る。ごめんごめん、って言って立ち上がらせようとしても力が入らない。
ばあちゃんは重いから一向にトイレに座らせることが出来ない。
その間も私を怒鳴る。
トイレの縁に立ってばあちゃんの腋から腕を入れ手を組みぐいっと上げたらやっと座れた。
こういうとき、鍛えていてよかったとしみじみ思う。冗談抜きで。

パンツとパッドも替えて、着替えたしもう寝よう、っていっても全然ダメ。
そのうち様子を見にきた父と交代。
ふーー…。

今朝は穏やかで、外に出て車いすで散歩をしたり、
日だまりでお茶とホシイモを食べたりとのんびりした。
ずっとこうであればいいのに…。

category: ばあちゃんとの日々

tb: 0   cm: 0

伊豆  

20090218224750
写真は白浜。

今日は多々戸浜まで波乗り遠征。
4人で行けば会話も弾むね。

楽しかった~

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

ワールドカップって  

news.jpg

スノーボードハーフパイプのワールドカップに
トリノの金メダリストのショーン・ホワイトが久々出場したのですねー。

普段は高額賞金が見込める大会に出ててW杯は興味ない感じ?
強い海外ライダーはみんなそうなんだって。

今回3本しか練習しないで優勝だもん、青野との差は歴然。。。
W杯の意味って何??

でも、モーグルのW杯の場合はちょっと違うみたい。
W杯で強い選手は五輪でも強いんじゃ?

まぁ、モーグルは日本ではメジャーだけど世界のなかではかなりマイナーだっていうし
派手で高い賞金の出る大会ってあんまりないのかな。

競技によって様相はぜんぜん違うのね。
スノーボードハーフパイプW杯で勝ってたメロちゃんが
五輪でも勝てる!と世論に持ち上げられ
痛々しい姿になってたのを見るとなんとも言えない。

メディアもそういうとこちゃんと調べて伝えないと選手がちょっとかわいそうだ。
それ以前に、日本人選手は厳しい中でも頑張らないといけないんだろうけど。

category: 意見

tb: 0   cm: 4

たまには街に  

今週末は焼岳&四ツ岳BCを中止し、ぽっかり空いた二日間。
相方は出張。バレンタインデーのイベントはハナから考えてない。

こんなときって意外とワクワクするもんだ。どうしようかなーって。
あったかいしわざわざ滑りに行く気もしないな。

土曜日は夕方まで叔母と入れ替わりでばあちゃんの見守り。
そのあと作品が展示中のギャラリーへ。
夜は出品してる大学の同期同士でごはんを食べる。
鉄砲通りのRICOっていう小さなお店。とっても美味しい。
e0016135_074815.jpg
作品についてやガラスアクセサリーショップをオープンしたばかりの友人とお店について話したり
しまいにはガンダムのプラモがどーだ、雑誌「小悪魔ageha」はすごいとかグダグダ。
でもお腹から笑って、ばあちゃんの愚痴もこぼせたし、スッキリした。感謝。

日曜日は朝から海!久し振り。
海用自転車とキャリアを新調したからなんかウキウキ。
なまった体にはちとキツめの波だった。

午後は街へ。滅多に行かない都内。渋谷のBunkamuraへ。
「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」
pic_k20.jpg
パウル・クレー 《リズミカルな森のラクダ》 1920年 油彩など・ガーゼ、厚紙

さまざまなタイプの画家の絵が細かい解説とともに展示されてて飽きなかった。
クレーはやっぱり人気あるなー。色彩が大好き。

ギャラリーのほうでは立体物の展示が。
pic4.jpg
山崎龍一「出ませんから」2007年 石膏に彩色、ガラス、毛、木、布

pic5.jpg
大江慶之「シーソーのための習作」2008年 ミクストメディア

これまた面白かった。
山崎氏のこの女の子のシリーズ、全部売れてた。かわいい。

せっかくだから帰り道の川崎で映画も見ていこう。
「おくりびと」
09.jpg

いまさらだけど、観たいと思っていてまだだったから。
ひとりで号泣してしまった。なんだか懐かしい雰囲気漂う。音楽も良かった。
無心に泣けるって、とってもすがすがしい気分になる。
今夜はよく眠れそう。

category: 展示・展覧会・映画

tb: 0   cm: 2

カメ  

20090215005504
カメムシ
この臭くて嫌われ者の虫が花瓶のドラセナにいた。
けど手が臭くなるからほっといた。

長野では春が近くなるとカメ虫が出てくるって聞いたことがある。
今日は確かに暖かかった。

でもまだ早いよ~もう少し粉雪を滑りたい。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

展示風景  

136.jpg
金曜日から始まった展示の風景。22人の作家が「豆皿」をテーマに制作しました。

129.jpg
私の作品。
3つのうちひとつのアップ。
5枚の板ガラスに絵付けをして焼き付けています。

茅ヶ崎のカロカロハウスにて
3月3日までやっています。

category: 制作

tb: 0   cm: 0

診察  

川崎の病院まで手首の診察を受けに来た。

レントゲンでは尺骨の長さは問題なし。ゼロ・バリアント。
今回はステロイド剤を手首患部に直接注射した。
MRIは1ヶ月経っても症状に改善が見られない場合に撮ることに。

いずれにしても深刻なケースではなさそうだ。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

やっと搬入  

ここんとこずっと取り組んでいた作品が出来上がり、
今日の夕方ギャラリーまで搬入してきた。

今回は20人ほどの作家が出品するのでたくさん作らなくてもよいのだが
少ないなら少ないなりにクオリティをあげなきゃと、頑張った。
結局3点にした。

これまでより制作の手順は慎重に、よく考えて無駄のないようにしたかった。
でも私なので、途中途中でちょっとしたトラブルや変更は必ずある。。。
もっと頭を整理してやらないと。

頑張った甲斐あって、なんとか期日に間に合い、納得いくものはできたと思う。

今日は自分にお疲れさんの意味で、夜ゆっくり銭湯に浸かってきた。

category: 制作

tb: 0   cm: 0

2月10日  

9日の夜は母親が母屋でばあちゃんと泊まった。

夜中3時くらいに起こったという出来事を聞いて驚いた。

ばあちゃんは自分伝い歩きをしてトイレまで行き、
自力で便座に座り、(出なかったそうだけど)忘れずに紙で拭き
立ち上がりまたベッドに戻ったとか。

だって、普段は立ち上がらせるのにも苦労するし
危ないからポータブルトイレにしか用はさせてない。
長年の習慣を無意識で再現しているんだろうか?

ばあちゃんは体が動かないんじゃなく脳が機能してなくて、
習慣のような意識下でできることに関しては脳を働かせなくても
体は動かせるんじゃないかってわかってきた。
変に考えようとするとわからなくなるのか、「次どうすんだ」って逐一聞くもの。


でもそれにしても、要求を聞かないと
相手を激しく攻撃することはますますひどくなってきた。

「今日は誰と行くんだ」「誰を乗せていくんだ」「誰が行くんだ」「いつ行くんだ」
「今すぐ用意しろ」「誰を乗せるんだ」「今すぐ電話して聞いてこい」「電話しろ、今すぐ」

「今日は午後から、お昼食べてから」「職員さんが車で迎えに来るの」
「ばあちゃんと職員さんとふたりで行くんだよ」「他には誰も乗らないよ」「お昼食べてからだってば」
「みんな承知してるから大丈夫」「今日来るのは○○さんだよ」

午後から介護サービス受けに行く日の朝のやり取り。これを何回も繰り返す。
私の言葉に納得いかないと、喉から血が出るんじゃないかというほど叫び、喚き、

「おまえはほんとうに憎たらしい」「こんちきしょう今に見ていろ」「くそったれ」
と吐き捨てる。

認知症が言わせてるってわかってるけど、ばあちゃんがどんどん嫌いになる。
そんな自分も嫌になる。

昨日は爪が食い込むほどすごい力で手をつかまれて、血がにじんだ。
思わずばあちゃんの手を叩いた。
罪悪感が残る。

category: ばあちゃんとの日々

tb: 0   cm: 2

嫉妬  

土曜日の今日、田中ことタナー、muccaさん、相方は八方の不帰三峰へ。

タナーがリーダー。頼りになる若者だし、
muccaさんもかなりの山の経験者なので安心して見送った。

帰ってきて電話で話を聞いている時、なんともやりきれない気持ちだった。
ハイクが4時間以上、しかもあのメンツだからハイペースなはず。
ドロップポイントはかなり急で滑走距離も長いと。

やっぱり男性と自分の間に壁を感じてしまった。

いままで、海やクライミングでは自分が女だと強くは意識してこなかった。
それなりにパドルして波に乗ることは出来るし、
男の人とおんなじ課題を登ることもできた。

だけどバックカントリーでは、私のハイクペースはけして早くない。
無理をすれば男性になんとかついていけるけど、心拍数が上がりすぎる。
それにハイクで体力を使い切ってしまい滑りは散々なものだ。
長い距離を滑ることも難しい。
精神的にも弱い。

あーあ。所詮女である私の実力はこんなもんだよな…。
悔しい気持ちと諦めの気持ちがまじりあう。

それでも、女だから、とハナから男性に頼るのは好きではない。
同等に見てほしいと内心はいつも思っているんだけど。。

それがかえって自分を追いつめているのかもしれない。

「遅くてもいいじゃない、弱くてもいいじゃない。」

認めることから始まるのかな。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 9

2月7日  

入院したと思ったらもう今日帰って来たばあちゃん。

病院側も少々早くても家に戻すのがいいと考えてのことだと思う。
だって一日中騒ぎっぱなしだし点滴取っちゃうし、
なだめるために家族も交替で居なきゃいけないのは大変だし。

さすがに今回は個室を有料で頼んだのだった。
私たち家族がそのほうが気が楽だから。
1泊18900円といいホテル並みの値段だったけど。。

ばあちゃんは不整脈が顕著だし、心臓が肥大してる?のかな。
今回の入院はやはり心臓のリズムがかなりおかしかったらしい。

けれど今日帰ってきてさっそくわがまま放題で見にきてくれた姉を困らせてた。
つくづく丈夫な人だ。

category: ばあちゃんとの日々

tb: 0   cm: 0

忙しい  

修羅場でPCもろくに開けない日々が続く。

昨日ばあちゃんが入院した。
夏の時と同じ心臓の不全。

看護士さんからやはり1日中の家族付き添いを頼まれてしまった。
見てないと点滴引っこ抜くし。

大きな怪獣ばあさんは家でも病院でも手加減無しだ。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

とある違和感  

こないだのMステ、ユニコーンが出てたから思わず見てしまった。
久しぶりにアルバム聞きたくなったなぁ。

ところで、あれを見ていてなんかヘンと思うことがある。

タモさんの隣に座りインタビューを受けてるアーティスト。
そのとき後ろに映ってる他の出演者たちが何を思ってるのかと。

あの番組って、いろんなジャンルの方々が一緒くたに出てますわな。
いかにも接点のなさそうな組み合わせとかもあるし。

例えばEX〇LEとかが後ろにいて、「千の風」の人がインタビュー受けてたとします、
退屈そうな黒ずくめのコワモテお兄さん達がニコリともせず足組んでたり、そっぽ向いてたり、

なんかコワイ…

出演者の間にはどんな空気が流れてるのだろ?

いつもいつも違和感があって気になることなのです。

ま、どうでもいいことですが。

category: 意見

tb: 0   cm: 0

団地マニア  

20090202172621
世の中には「団地マニア」がいるとか。

確かに豪華なエントランスのマンションなんかよりはずっと風情があるよな~

うちの近所にも電電公社時代からのNTTの団地がある。
私はあそこが好きだな…

団地とは少し違うけど、一戸建て平屋の小さい貸家たちもなかなか良い!

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

ラジオを友に  

グループ展の制作の追い込みは本番。

毎日J-WAVEを聞きながら作業してる。
お気に入りは22時からの「プラトン」

いつも2時くらいまで制作

あと1週間、がんばるぞ

category: 制作

tb: 0   cm: 0

くま  

20090201164847
旭岳の宿でみつけた木彫りのクマのキーホルダー。

あまりにカワイイカワイイって言ってたら
買ってもらっちゃいました。

コレ首が動くの!

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0