浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

大人の皮をかぶった子供  

自己分析をした。

なぜ自分が相方に強い依存心を持つのか。

********************

育ち方のせいにするのはあまり良いこととも思えないけど、自分の成長した過程に今の自分の心のねじれの原因というものがあることに気付いた。

私の母は他人に厳しい人だ。(その割に自分には甘い部分があるようだが)
そのため子供のころから簡単には褒めてもらえず、そこで私は褒めてもらうために常にいい子でいようとした
小学生のころ、いじめられている事実は絶対に相談できなかった。なぜなら、いじめられっ子はいい子ではないから。いじめられている自分がいけないんだ、もっといい子でいなきゃと学校でビクビクしていた。

そしてそれは大人になった今も同じのままなんだ。

自分はいい子でなければいけない、誰にも嫌われてはいけない、みんなと違ってはいけない、と。
そのため「こうでなければ」という想いが強く、それに外れると激しくストレスを感じてしまうのだ。うまく自分の中で解決できず受け流すことが出来ないので、ストレスは自分の内側へと向き発散する先を求める。

自分で自分を受け入れることが出来ればそこで気持は消化されるのだけれど、それが出来ないので、私は他の存在に自分を褒めてもらおう、認めてもらおうと行動する

まず一つ目の行動が外遊びだった。
自然は私がどうであろうとそのままを受け入れてくれる。自然の中で遊ぶと私が私でいるような気がした。

そして二つ目。
甘えられる特定の相手に認めてもらおうとした。出来ないことがあったり、失敗したり、みんなはできて自分には出来ていない、などといった、自分が許せないどうしようもない気持ちをぶつけた。そこには、心を許せるその相手に「こんなにいい子じゃない自分を受け入れてくれるの?」と まるで泣きながら、でも横目でちらっと親の顔色を窺っている子供のような、幼い期待が含まれていた。
そう、「こんなことをしてもおとうさん、おかあさんは自分を愛してくれるだろうか」という。


いまようやく気がついたのだ。
私は大人の皮をかぶった子供だったのだ。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

親しい友人へお知らせ  

このブログを見てくださっている方の中には知っているヒトもいらっしゃるかもしれません。
夏までこのブログによく登場した「相方」との関係についてです。

色々な状況から、今自分たちの関係について見直しの最中です。
けれど険悪になったわけではありません。
私は特定の相手には依存心が強く、何かと相方を頼ってきました。
良好な関係というのはお互いが与え与えられるものだと思いますが、私はあまりに与えられすぎていました。そして心配ばかりかけてきました。
私は自分を見つめなおす必要があると思っています。

そんな状況ではありますが、二人とも今までに知り合ったスキーやクライミング関係の友人が大好きなので、みなさんには今までと変わりなく一緒に滑りに行ったりしたいと考えています。

ご迷惑をおかけしますが、見守っていただければありがたいです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

年の瀬  

昨日は仕事。今日は家のもちつき。

週明けも仕事。やることいっぱいです。

先日半日だけスキーに行ってきました。
今の腰の状態でどれくらい滑れるのか確認のためです。

とにかくバックカントリーのために不整地ばかりを8本。長いコースで持久戦。
次の日が心配だったけどキたのは太ももとおしりの筋肉痛。
よかった。滑れるよ。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

箱根天山  

20091224170222
箱根で下りて麦師でパン買って、
天山へお風呂入りに。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

幕岩  

20091224164435
湯河原幕岩に来ました。
ジムのオーナーさんとIさんと3人。
Iさんは例の弱視のクライマー。今日は外岩初めてのリードをやるんだって!
「いんちきするな」5.8をアマノさんがヌンチャク長短をボルトにかけランナウトしないように万全の体制で。
初めてのリードで登りきった彼の額には汗がにじんでいた。私も感動した!

私は本当に久しぶりのルートでリハビリのようなものなので、登ったのは
・「いんちきするな」5.8をトップロープとリードで
・「ダイヤモンドヒップ」11aをトップロープで退敗
・「ベンケイ」10bをトップロープとリードで完登

ベンケイはボルト2つしかないスラブなのでなかなか手応え(低グレードのショートルート=意外と難しい)あった。

おじさんおばさんで混んでてスケール感のある「シャックシャイン」10dが出来なかったけどいつかやりたい。

久々のルート楽しかった~。

category:

tb: 0   cm: 0

師走の香り  

20091222172954
この時期の夕方、不意にふわっと香ってきて
「あれっ なんだろう」
って毎年思うんだよね

ロウバイって慌ただしい12月にあって唯一ホッと安らぐ香りだ

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

寒い日には  

20091220171028
春に入れた薪ストーブが活躍。

炎を眺めながら休憩していると、そばで寝てる犬がいびきをかく。

なんだかちょっとした幸せ。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 3

法事  

明日は父のじいちゃんの法事。早いものだ。

日曜日にはスキー場の雪がたくさん積もってそうで、気になって仕方がないけど
タイヤはまだノーマルで替えなきゃだし道具の点検もちゃんとしないと。

なによりも、制作や仕事をきちんとやってこその趣味だと思うので
年内に済ませないといけないことも残る状況で、中途半端なまま出かけられない。

夏に読んだ新田次郎の「孤高の人」の主人公加藤文太郎のように、
仕事も一流で、きちんと成果を上げて誰にも文句を言わせないような。

**********************************

今日はちょっとショックなニュースがあった。片山右京さんの遭難。
あの方の活躍ぶりは聞いていたし尊敬してる冒険家。
南極という過酷な土地の登山に挑戦するには、日本国内でもなるべく近い状況に身を置いて訓練しなければ厳しいだろう。だからこそのこの時期の富士登山だったと思う。
どんなに経験を積んだ登山家だって、どんなに上手なクライマーにだって、危険と隣り合わせの挑戦をする限り死はついて回る。
同行者が滑落し動きが取れない中で、自分だけが下山してきたことに疑問を持つ人もいるだろう。けれど犠牲者はひとりでも少ない方がよいのだし、このことは登山する人や山スキーする人にとっては常識だ。それにどんなに推測しても、辛い判断に至った経緯は私たちにはけしてわかることではない。当事者ではないから。

片山さんはとても精神的にダメージを受けていられると思う。生き残った者が一番つらいはず。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

お菓子の家  

寒い夜。強い寒気がやってきて、今外では西風がびゅうびゅう吹いてる。
うちのすぐ上には高圧電線が走っていて、風がある程度強くなると電線が鳴るのだ。
今頃雪山は吹雪だろうな。

091217_1748~0001
今日の子供の教室はこの時期恒例のお楽しみ、お菓子の家制作。
これは私がちょこっと作った家。

この直後、これをずっと狙っていた犬に屋根を食いつかれて崩壊。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

年内最後のヨガ  

昨日はお休みだったので、部屋の片付け、掃除。
寒かったけど一年ぶりに長後のJ-WALLへ。
昼下がりのJはおじ様おば様がルートをやっている。

オーナーに挨拶をして、寒い中久しぶりの壁にとりつく。
6級からはじめて、4級までわりとすんなり登れた。ちょっと安心。
3級はさすがに疲れて1つしか出来なかったけど、以前来てた時と同じくらいまで戻ってる感じ。


夜は年内最後のヨガ。
年末はスタジオが借りれなかったと先生。年明けまで1か月は空いてしまう。
自主トレするようだなぁ。

思えば夏前に始めて、すぐ腰を痛めて休み、再開してから3か月。
週に1回だけど始めて本当に良かったと思う。
深く呼吸することの大切さ、正しいストレッチの仕方、きれいな姿勢について。
ゆがみも自分でよくわかるようになってきたし、体の声を聞けるようになってきたかも。

クライミングや波乗りにつなげるためにと思ってたけど、ヨガだけやっていても十分楽しいし
出来なかったポーズができたり呼吸まで意識出来るようになったりすると、なんとなく体も動きやすくなるし眠りも深くなる。こんなに良いことばかりなヨガをもっと早く始めていればよかったのになー。

出来る限り、出来れば一生、ヨガはやっていたい。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 4

毒吐きガールズトーク  

火曜日の話。

珍しいメンバーで茅ケ崎飲み。ユリちゃんとshimaちゃんとマカベさんと「GUBI」にて

過去の辛い話から友人関係の信じられない泥沼話まで。

スキーや海の話でもないし、ものづくりの話でもない。
意外としてないんだよなぁ、こういう内容。

ちょっと近い先の人生を考えてしまったよ。
でもなかなか聞けない経験談なので、時間を忘れるほど聞きこむ。

21時すぎに場所を替えBBへ。
ほの暗くてBGMも心地よいのでグダグダと25時半まで根付いてしまった(笑
こんな長い時間ガールズトークもなかなかしないなぁ。たまにはいいもんだ。

すっかり気持はデトックスしたものの、お酒は次の日まで残っていたのでした。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 4

選外通知  

091214_2352~0001
証拠写真。このハガキはとっておこう。
悔しさを糧にするのだーーー。

category: 制作

tb: 0   cm: 0

あたりとはずれ  

今日の夜、父の交友関係のつながりで、七里ガ浜の鎌倉プリンスで食事をした。
姉と甥っ子を乗せ帰る途中。

信号で停まっていたら、

「ズドン!!!!」

バイクが後ろに突っ込んできた。
ガラスが粉々に割れ、後ろに座っていた姉のコートの襟足にも破片が。
甥っ子はチャイルドシートでぐうぐう寝ていて、一瞬起きたけどすぐ寝てた。器がデカイ。
真後ろというより右端にぶつかった。
一カ所強くぶつけても強化ガラスは全部割れるから、見事バックドアのガラスは全壊。

このときは自分のジムニーではなく家の軽自動車。
ていうかバイクの人は無事??と焦って駆け寄ると、むくっと起きてバイクを移動させ、
「すいませんすいません」「今警察呼びます」
とテキパキ動くので腰を抜かしそうになった

救急車呼びますか?という私に「いえ大丈夫です大丈夫です」と断る。。。
名刺をもらった。
相手はおじさんだ。しかもすぐそこのリカーショップの店長で、父もよくお世話になってる。

幸い家は近いし、交番がすぐそこだし怪我も今のところないしで、警察立会いのもとお互いの連絡先を交換して別れた。姉と甥は駆け付けた弟が送って行った。ふぅ。。。

しかし、あれだけの衝撃で体が無事とは思えないんだけどなぁ。大丈夫か?店長さん。
明日になって後部座席で座っていた姉の首が心配だ。

******************************

はずれ。

公募展の審査結果が送られてきた。早いものだなー。
レベルが高いから、初めての応募で入選するなんて思ってないけど。まぁ、悔しいです。

そのおかげでこれからがある。よし、気長にがんばるぞ。

******************************

あたりとはずれ、上手くいかないもんですなぁ。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ツンデレ?!  

tunndere.jpg

きのうタナーにツンデレと言われた。

え?私ってツンデレなの?!
言われたことなかったけど、改めて自分のこと考えてみた。

んー。そうとも言える…かも
じゃあ、とネットでツンデレ度テストなるものをやってみた。

そしたら、真正のツンデレですと。

…おいおい。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

宮山飲み  

ホームジム攀にスキー仲間が登りに来るという連絡。

私は午後仕事なので終わってから合流。土曜日って空いてるのね…
ちょうど出入り口で喫煙してた埼玉に単身赴任中のオノさんに会った。

昨日登って左手薬指がパキリ気味だったのでペース落として登る。
スキー仲間のタナーやヨシくんやさやぽんは昼から来てるのにバンバン登るので驚く。

ていうかスキーも上手いのにそんなに登られちゃかなわないってば~
普段ストマジやNOSEで登ってるだけあるね!
真剣にやったらすぐ有段者になりそう…

8時まで登ったあとは飲みますよね、タナー?ということで23時過ぎまで。
色々近況聞けてうれしいですよお姉さんとしては。

調子に乗りすぎて帰りはタクシー使いましたが楽しい休日でした。

category: クライミングジム

tb: 0   cm: 0

  

子供の教室の仕事で、始まる前に小学校高学年の男の子がくれた。

091212_0100~0001

「先生手出して。」っていうので出したら、てのひらにコロンと、三粒の豆。

聞くと、その子の家で育てた枝豆が大きくなってそのまま生らせておいたのだそう。
「埋めると芽が出るよ。」と。
宝物のような大事な種をわざわざ持ってきてくれたのがなんだかうれしい。

本当にうまく芽が出るかはちょっとわからない。でも気持ちがありがたかった。

************************************
091212_0102~0001

ガードバリア。
これはジムで会うたけぴょんが紹介してくれた皮膚保護乳液。

ハンドクリームと違って、保湿ではなく保護膜を作り脂質が流出するのを防ぐ。
プロ用で市販してないらしい。
これのすごいところは、いっさいベトつかないし匂いもない。食品業界でも使われているとか。
一回塗って乾燥させれば、その後手を濡らしてもヌルッとしない。

そしてあんなに悩まされてきたアカギレがつけ始めてパタリと発生しなくなった。
もうこれなしでは私は冬を越せまい。。。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

くつしたdog  

20091209231031
20091209231029
床をリフォームしたら犬の足が滑って腰に悪そうで、どうしたもんかと思っていた。
今日たまたま犬用滑り止め付き靴下を見つけたので履かす。
思わず吹き出した!なんかかわいい…

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

感無量  

公募展に出す作品が仕上がった。

夏から構想を練り試作やテストを重ね、腰の痛みを我慢しながら。
やっと。やっとだ。

わずか一点の作品だけど、自分にとってはギュッとつまった一点。

評価はどうでもいい。自分の中で方向性が見えてきたことが何よりもうれしい。
ここから足したり引いたり、まだまだ試行錯誤はこの先必要だけど
胸の奥のほうからじわーっと湧いてくる意欲を大事に、頑張りたい。

sakana-mini.jpg

category: 制作

tb: 0   cm: 8

black coffeeストア一周年  

お友達で大学の同期であるガラスアクセサリーアーティストの black coffee さんのお店がこの度一周年になった。

茅ヶ崎のRICOというご飯やさんでパーティーをやるというのでお祝いしてきた。
たくさんのお友達に囲まれ、素敵な一周年を迎える彼女はとても幸せそう。
しかも、旦那さまである画家の真壁さんは、来年夏に開催される「瀬戸内国際芸術祭」に出展が決まっている。
まさにこれからがますます楽しみなおふたり。

お店がある茅ケ崎の鉄砲通りは、私が展示をする際お世話になっているギャラリーのカロカロハウスをはじめセンスのある雑貨屋さんや飲食店がたくさん並ぶ。
お二人がここを拠点にしてから、どんどんその周囲の人の輪が大きくなっているのをそばで見ていて感じる。まさに人が人を呼ぶような感じで。なんて素敵なことなんだろう。

私は人と話すのが苦手な上に自分や自分の作品のプレゼンが下手なので、
いろんな人とつながれるこの輪に入れてもらっていることをとても感謝している。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

紙漉職人さんから  

20091205130334
10月に陶芸を体験していった紙漉職人の女性から先日お礼の手紙と手漉きの紙が届いた。
この丸い折りたたみ式の封筒が素敵!

紙漉の町、小川町ってどんなところだろう。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

不手際  

某サ○ワ急便の再配達…ちゃんと手続きしたのに来ない
こっちは忙しいのに。
そのために家で待機の時間無駄じゃないか

怒りをぶつける場所がないのでつぶやいてみた。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

よく言われるけど  

自分は現在、いくつかのスポーツを楽しんでいる。
そんな私がよく言われること。

「運動得意そうだよね。」

いや、逆なのです。

得意じゃないからやめたくないだけ。
一回やめると改めて取りかかるのが大変だから。
せっかく続けてきて身につけた感覚は、得るまで時間がかかってる。

思えば小学生の頃、ぜんそくで一切の運動ができなかった。
体育は不得意でまったくどんくさい子供だった。
せめて勉強は頑張ったけれど。

中学に入るとき、このままじゃいけない、自分をなんとかして変えたいと
無謀とも思えたがハードな運動部(ソフトボール)へ飛び込んだのだった。
案の定大した選手にはなれないし、チームメイトの足を引っ張ることも多かった。

それでも、自分としては勉強ができても運動ができないことは
納得がいかなく美徳に反することだった。
それがコンプレックスとして刻み込まれている。今も。

もし、幼いころから運動ができて、体育でも活躍していた子供だったなら
今このようにスポーツを続けていないかもしれない。
「別にいつでもできるし。」とか思ってしまうんじゃないかと。

執着心を持ってスキー・サーフィン・クライミングをやっているのは
そんなコンプレックスの裏返し。

今ではある程度動けることで満たされ、楽しんでいる。幸せなことだと思う。

category: 意見

tb: 0   cm: 2