浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

2年前の穴社員動画  

相方が動画編集ソフトを駆使してようやく見れるようになりました。

こうしてみると、ハラハラするなぁ。

[広告] VPS

category:

tb: 0   cm: 0

春ですねぇ  




食卓のサクラが咲きました。
そして実家の裏山にはタケノコ。初物です。

オマケは今夜の夕飯。あるもので作った皿うどん。
これがまた奇跡的に美味しかった!ちくわに厚揚げ、新タマネギと茹でてあった菜の花にベーコン。おつゆには実家で採れたセリ菜。

髪を切りました。春とはいえ首まわりがちょっと寒いです。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ちょい生け  


カルチャー教室の生け花で余ったサクラの花。

陶のワイングラスにオアシスを入れて食卓に飾ってみた。
真ん中の花はもう少しで咲きそう。ひとり暮らしだと家が寂しいので、花があると心がちょっと豊かになる。
特にこの季節はその辺にあるお花を摘んで持って帰れる。花瓶に生ける行為はウキウキするものです。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

昨日のニュース  

近所の和菓子屋さんが火事で全焼してしまった。

実家では小さい頃から法事や慶事でお饅頭に最中などをしょっちゅう買っていた。
夜のニュースでプロパンガスに引火し爆発した映像が流れていたが、お店の方を知っているだけに辛かった。
これからしばらく大変だと思うけど、是非ともまたおいしい和菓子を作って欲しいです。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

冬季スポーツ選手の体  

先日行った治療院でのスポーツトレーナーさんの談話。

冬季スポーツのオリンピック代表選手の身体は、普通のスポーツ選手の身体と比べてボロボロなのだそうだ。
何よりも怪我が多いし、いけないのは怪我後のケアをしないらしい。
陸上の選手などは怪我をしてしまったら、その後リハビリや必要な筋トレを念入りにしたりするものだけど、冬季スポーツ選手は痛み止めで済ませてそのままほったらかしのことがあるとか…

自分も今までそういった傾向にあったかも。根性主義というか、刹那主義というか。

それじゃいけない。一生付き合う身体にはきちんと向き合わなくては。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

四ッ岳BC  

3月20日土曜日。初めての四ッ岳アタック。
平湯温泉からスタート。4人とも初めてなので慎重にいきました。
ピークまで行くとなると標高差1400m。ひたすら呼吸を整え自分のペースを守り登っていきます。
P3210003.jpg
大滝川にかかるスノーブリッジをわたり
P3210001.jpg
大きな木々の間を行く。かぐらに似てます。
P3200525.jpg
標高2400mあたりに来ると木もまばら、足元が固くなり緊張。
P3200501.jpg
ピークまではもう少しありますが今回はここまで。こっから先はアイゼンですねー。
P3200503.jpg
猫岳、大崩山方面。広大なバーンが広がっています。
P3200507.jpg
岩陰で滑走準備。
P3200517.jpg
上部は雪もさほど重くなく気持ちの良いツリーラン。
P3210008.jpg
しかしそのあとは緩んだ重たい雪に苦労しながらやっとのことでの下山。

すぐ近くの露天温泉に入りました。ここ、空いてて最高!雰囲気も二重丸。いいお湯でした。
P3210011.jpg
疲労で帰り道はSAで各駅停車、いちいち仮眠をとる羽目に。まあ仕方ない。
今度はハイシーズンに来ようとみんなで誓ったのでした。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

母校  


卒業制作展みにきました

category: 展示・展覧会・映画

tb: 0   cm: 0

ゴミのマナー  

引っ越した先のアパートは男性が多い。
ゴミのマナーがなってなくてちょっとイライラ。
燃えるゴミにペットボトルを平気で詰め込んでるし、ネットのかぶせ方もいい加減…
きちんとゴミ分別できる男性は仕事も出来る人間だと思うけど。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

第二P前  


朝早く起きて海。
リーシュ忘れてしまいました…

なるべくヒトのいないブレイクを狙ってテイクオフ、きちんとプルアウトしてなんとか流さずに1時間。
潮が引いてきて良くなってたよ~

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

宇都宮  


帰りに餃子

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

笠間  


ずいぶん久しぶりの外ボルダー。
結構たくさん登りました。

category:

tb: 0   cm: 0

冒険家の遺伝子  

自分で「冒険家の遺伝子」と勝手に呼んでる性質。


実家のもとは田んぼのクレソン畑にヒキガエルが毎年卵を産み、オタマジャクシが孵る。
オタマジャクシはたいがい群れて泳いでいるのだが、たまに群れからずっと離れた僻地(畑のはじっこのほうだったりザリガニのいる浅い地帯だったり)で一匹だけ泳いでいたりするのを見る。
私はそいつを勝手に「冒険家」と呼ぶ。

わざわざ安全な群れを離れ、危険を冒し世界の果てを見に行く。
まぁオタマジャクシがそんなことを思っているかは謎だけど。

太古の昔の人間にもきっとそんな存在がいたにちがいない。
そうしなければ今現在のように地球上あらゆるところに人類が生息してないもの。

想いを馳せる。
仲間がいて食糧があって安全な寝場所があるところから、いったん出たら戻れないかもしれないし何かに襲われるかもしれない、食べ物がない可能性だってあるのに、世界を広げるために冒険をする人類の祖先。
きっとそういった人たちにはそうせざるを得ないような遺伝子を持っていたんじゃないかと思えて仕方ない。あのオタマジャクシのような。どの生き物にもそういう存在がいるのだと信じている。

現在の世の中で、「冒険家の遺伝子」を持つ人は、自分をギリギリの中に置き危険と隣り合わせの挑戦をしている人たちなんだと思う。大波を征服しようとするサーファーや、前人未到の山を登る登山家たち。もしかしたら誰もやっとことがない経営方法で生き抜こうとしているビジネスマンもそうかもしれない。

自分にはその遺伝子はたぶんない。そういう人たちの心を覗いてみたい。
ハワイノースショアの波

category: 意見

tb: 0   cm: 0

丸ビル  


丸ビルです
たまに都内に来ると疲れるわ~

category: 展示・展覧会・映画

tb: 0   cm: 0

パウンドケーキ  


アパートに来て初めてのお菓子作り。
シナモンティーのパウンドケーキです。明日の朝は炊飯器でパンも焼いてみようっと。生地は用意済み。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

八景島  



外はものすごく寒い風

魚はかわいい

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

子供の心  

昨日子供の教室で、考えさせる出来事があった。

春に一年生になる年長さんの女の子。
粘土で立体を作り、もうすぐ終わりというところで気付くとうつむいてシクシク泣いていた。

普段元気いっぱいな子だし子供の様子を注意してみているから、
誰かと喧嘩していた様子もなかったし、全く理由が分からなかった。
「どうしたの。何か困ったことがあるなら言ってごらん。」「誰かに何か言われたの?」「具合が悪い?」などと聞いても涙をこぼしながら首を振るだけ。主宰してる先生と顔を見合わせてしまった。

よくよく聞いてみると、その日はお迎えにお母さんが来なく
ほかの生徒の親御さんが一緒に帰ることになっていた。
そういえば数ヶ月前から「おかあさんおなかに赤ちゃん居るんだー」って言ってた。
きっといろいろ大変な時期なのだろう。

寂しいんだろうな。そう思った。
よく兄弟が出来ると上の子がお母さんにかまってほしくて赤ちゃん返りするというけど、
彼女はいろんなことを我慢しているのだろう。不安定になっているのかもしれない。

子供ってものすごくいろんなことを全身で感じているんだなぁ。
なんだかしんみりしてしまった。

世の中のお母さんは子供と一緒に成長する、ということに納得。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

老いぼれ犬  

実家にいる愛犬は15歳になる。

昨日の昼、食卓の上にあった食べかけのクッキーを食べようとして足を滑らせたらしい。リフォームしてから床がツルツルになり家の中にいるときは滑って腰が痛そうだった。

夕方犬の様子を見に行くと、床でベターっとうつ伏せになり立ち上がらない。
足や腰を触ろうとすると噛みつかんばかりに怒る。

うちの犬はてんかんを持っているので、発作が起きたのだと最初は思い込んでいたが、どうも様子がおかしい。案の定夜になって母から電話があり夜になっても立ち上がれないから、明日病院に連れて行かなくてはいけないということだった。

翌朝はおしっこに行けないのでシート代わりに敷いたタオルにしてしまうし、持ち上げるにも噛むのでスノコを担架のようにして移動する。車に乗せるにも一苦労だった。
動物病院に着くなり寝たままウンチしてびっくりした。出したかったのだろう。かわいそうに。

先生が抱っこして診察室に入れてしばらくしてよたよたと出てきて(!)玄関先でジャーっとおしっこ。
私と母は焦ったが先生は「やめさせないでください、させてあげて」って言ってくれた。
でも今まで立ち上がれなかったのにフラフラでも歩いた。びっくりするやら安心するやら。

先生が言うには、足元がすべることで脊柱の神経が痛み、神経痛を起こしているのだろうと。
そういえば以前も、一晩だけそんなことがあった。
私のヘルニアと一緒なのかな。。。痛いよね。

帰るなりすぐ、対策としてフローリングの上にコルクのジョイントマットを敷いてあげた。
注射のおかげもあって、少しウロウロ出来るようになってホッとした。

居るのが当たり前になっている犬。この子が居なくなったらどうしようと最近思う。
これからも元気でいてもらえるよう、出来る限りのことはやってあげたいと思う。
071010_1532~0001-0001

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ニセコ日記  


2月26日から28日までの3日間、5人でニセコに行きました。

到着日は暖かく、全山雨の春本番のよう。夕方には気温が下がり悪夢のようなアイスバーン。アイスボールがごろごろしていてさながら「ジャガイモ畑」。
テンションが下がるなぁ。

P2270485-a.jpg
夜は初めて麻雀をしました。教えてもらったけど覚えられなーい。。
ニセコパークホテルに泊まったのですが、ここのお風呂はいい。
温泉じゃないけど羊蹄山の湧水でお湯がやわらかいのです。露天では羊蹄山が見えました。

二日目、せっかくだからとニセコアンヌプリ頂上までつぼ足で登り、裏のイワオヌプリを見てみる。よく見ると雨のため縦溝が恐ろしいほどたくさんついていました。あー、フカフカの北斜面滑りたかったな。
SANY0059-a.jpg

ガリガリと音を立てながら東尾根に向かう斜面を滑り降り、花園ゲレンデで遊びました。
SANY0061-a.jpg

三日目は「toyru」で道具を借り初めてのテレマークスキー。
これはおもしろいっすね。いかに普段自分が道具に助けられているかよーくわかりました。バランス力も鍛えられた気がします。

帰りは空港で海鮮を食べ、お土産をたんまり買って現実へ。
神奈川は気持ち悪いほど暖かかった。

**********************
津波警報が発令され大変だったみたいですが、週末とあってそんな中でも海に入りサーフィンしてた人もいたようですね。。。ちょっとどうかと思います。

category: ゲレンデ滑り

tb: 0   cm: 0

凍結ニセコ  

二泊三日のニセコは全山凍結でした。
26日の暖気流入のち寒気で見事なアイスバーン。裏には入らず、みんなでウェーブに入ったりテレマークしてみたり。
こんなこともあるんだなぁ。

でもテレマークは楽しかった。またやりたい。

category: ゲレンデ滑り

tb: 0   cm: 0