浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

西荻へ  


昨日は湘南新宿ラインに揺られて都内へ。
お友達のChigiradioさんの作品を見に西荻窪の『ニヒル牛』に行く。

彼女の作品・写真の芽が生えた小さなお皿をお買い上げ。
乗っている五十雀は同じく「ニヒル牛」で購入。
ブローチになっています。作家ものです。一目惚れでした

展示を見た後、彼女と一緒に『FALL』という作家ものの雑貨を多く置いてるショップをまわり、お茶しながら近況などを話し、すっかり暗くなってから帰途へ。荻窪あたりはトゲトゲしてなくてよい。私みたいな田舎者はこのほうが安心するのだ。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

のんのん婆  

のんのんばあとオレ
むかーし購入してあった文庫本サイズの漫画。
著者は水木しげるです。

最近朝の連ドラで『ゲゲゲの女房』をやっていて、
ふと思い出しまた手に取ってみたのでした。

私の実家が古い農家で、ご先祖様の位牌がたくさんある仏壇があり、
家の周りには道祖神やお稲荷さん、中には神棚。そんな家。

すべてのものには精霊や神様が宿っているし、ご先祖様はいつも見守っている、と
小さなころから自然とそんな感覚を持っていた。

水木しげるの漫画はどれもそんなアニミズムが色濃く漂っている。
だから自分にはとてもすんなり受け入れられた。そして心を打たれた。

こういった感覚って、今の子供たちには古臭く思われるのだろうか?
それ以前に、理解不能なのかな?
そうだとしたら、すこし寂しいかな。。。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

おいしい  



つい最近コンビニで見かけて衝動買いしたキャンディ。
おなじみ『世界のキッチンから』の3種のフレーバー。ウマー!

本家ドリンク『世界の~…』はカロリー高めのものが多いけれど、
どれもおいしいのでシリーズが出たら一回は必ず買ってしまいます。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

週末は  

風邪のおかげですっかり予定が狂ってしまった週末。

土曜はいつもの仕事。雨ではなかったものの、空気はひんやりとして意外と寒かった。
夕方から荻窪へ行こうと思っていたのに、どうも熱っぽい。
電車に揺られるとさらに気分が悪くなりそうだったのでさっさと寝た。

翌朝、熱は下がったようだけど、なんか息切れがする。
そしていやなことに黄色く粘っこい痰が出る。咳をすると肺の奥が痛い。
まいったなぁと思いつつも、この日は亡き高校の友人の誕生日を祝う会なのだ。行かねば。

夕方から数時間、すでに既婚してお子様連れの同期たちと会い、おしゃべりしてたら、
うーん、やっぱり夕方から熱が上がってくる。

亡き友人のご両親に挨拶をして自転車を必死で漕ぎ帰宅。
涙がでるような咳が出て、メイクを落として(たまには化粧するのです)即寝。
寝ぐるしく夜中何回も目が覚めた。

朝になって、汗をかいている自分に気がつく。
おや、熱下がってるや。

そして今日は朝からフキやタケノコを買いに来るお客さんでゆっくりする時間もなく、
午後は教室であっという間にもうこんな時間。
唯一、整体に行って腰を温めているときにウトウトできてホッとした。

咳は出なくなったしとりあえず大丈夫みたいだけど、この咳風邪流行ってるんだってね。
長引くようなので皆さんもお気を付けください。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

風邪ぶり返し  

先週末に無理やり抑え込んだ風邪が隙をついてまたやってきた。

やはり薬なんかで誤魔化してたらダメだなぁ。熱上げて汗かかないと。
体の機能はそのためにあるんだもんな。お休みなさい

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

不帰3峰Dルンゼ  

写真はすべてアツ君より。

4月18日日曜日。ちょっと奥行こうと八方へ。最初は唐松沢周辺だったはずでしたが…

DSC00115.jpg
今回のメンバー。撮影してくれたアツくん含め4人。
フードをかぶってるのを見ていただければわかるように、風は強かったです。
八方はこんなんだとわかっていても、辛かった… 写真では笑顔ですけどね
唐松岳山頂にて

DSC00114.jpg
この日は晴天とあってたくさんの人が奥へと登っていきます。
ちょうど真ん中あたりに見えるのが滑ったDルンゼです。

DSC00121.jpg
リーダーのタナーは山頂から少し下りたあたりから滑ってました。おそろしや


DSC00123.jpg
滑走ラインがつきました。広いねぇ。途中からは意外と急でもない。
私はこのワンピッチで何回止まったり転んだりしたことか。
パックスノーで板が潜ってどうにもならないし、疲れで脚もガクブルでしたから。

DSC00125.jpg
結果、このざま。
DSC00127.jpg
つまり放心状態っすね

DSC00131.jpg
あとはひたすら地獄のような極悪モナカ雪に
あちこちで突っ込み半泣きで下りてきました。

川を渉れば、あとは林道ですが。これまた疲れました。
へとへとになってしまって、風邪ひきそうな予感。。。
グリンデルでステーキ食べてアミノ酸を必死に摂取し、帰りはみんなの言葉に甘えて寝てました。
かなりギリギリの感じですた

そして帰ってから、抑え込んだ熱は口唇ヘルペスになって爆発。
昨日から唇の上が腫れています。
不帰ライダーの代償ですかね…。仕方ない!

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

かわいい~  

今日はトランポリン練の日だった。

ちょっとだけでも顔を見せなきゃと8時位に体育館へ。

今回初めて会う女性が来ていた。スノーボーダーさんだ。
はじめはやっぱり上手く跳べないもの。彼女はぽよぽよと跳んで、コロンっと転んでしまった。

その様子がかわいいこと!萌え~

バランスを崩しちゃう感じとか、「きゃぁぁ」って声とか、いちいちかわいらしい。
思わず、「なんであんなにかわいく跳べるんだろ」って思ったわい。

まず自分は無理かも…。
声とかあんなに高いの出ないし。「うぉぉっ」とか言っちゃう。ダメだなー

なんせ登山届の性別欄に間違えて男と書いたことがあるくらいだし。

ちょっと、かわいく見えるような研究でもするかーーー(うそ)

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ぐうたら犬  


テレビの前でイビキをかいているぐうたら犬。

まるでおせんべいかじりながら昼下がりのメロドラマ見てるおばちゃんみたい…

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

ついに不帰(カエラズ)rider(改)  

タイトルraider→riderね。修正。おばかさん

日曜日、行けると思っていなかった、不帰3峰Dルンゼを滑った。

滑ったというより転がり落ちたと言ったほうがあってる。
4時間のハイクは可能。だけど滑る筋力が残っていない。

雪が悪かったのもあるけど、自分にはいろいろ足りていないのだなぁ。

写真を撮る余裕もなかったので詳しくはのちほど。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 2

さむ  

こう寒いと腰も冷えて痛むわ…
早く晴れてくださ~い。
布団の中で丸まって携帯から投稿。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

滑走動画  

先週末の動画。バックに映る山々のスケール感がいい感じです。


category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

今朝の第二P前  


写真は昼頃のもの。
朝7時から8時。1時間だけ波乗り。
最近第二が地形良くて、辻堂正面や橋前はイマイチ。
オフが強く板が落としづらかったけど、良い形の波もあり、潮の動きと共に波数もサイズもアップ。
ちょっと混んできたし野菜の仕事も忙しいので上がりました。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

白馬沢写真  

先週末の写真を行程順にアップ。

船越の頭の前の急登。結構な斜度。しんどかった
P4100881a.jpg

稜線につきました~。お弁当のおにぎりを食べます。夜にぎってきたやつ。
P4100885a.jpg

稜線を小蓮華へ向かっていく途中ライチョウが。2メートルくらいに近づいても逃げない!
P4110002a.jpg

1ピッチ目のメローな斜面。
P4110009a.jpg

こっからノドに滑り込みます。いい斜度!雪もよくかなり楽しかった斜面。
P4110010_20100413013744.jpg

狭いところはこんなんです。柔らかいからいいけど、気温低かったらこんなデブリ滑れません。
P4100900a.jpg

この先は通称「逆Y」の下部に合流。
P4100902a.jpg

写真も撮っとかなきゃね。
P4100911a.jpg

夕飯に糸魚川まで回転寿司食べに行って、日本海も見ました。
P4100913a.jpg

この日は稜線に出ても風が弱く、かなり快適なコンディションだったと思う。
地形図で見て「かなり遠いなぁ」って思ってた白馬岳も意外と行けそうだった。
栂池ロープウェイ下りたのが9時すぎ、ドロップが13時半前。
写真もはっきり撮れたし二号雪渓の下見も出来て有意義だった。
二股への道は除雪が進んでいて、今週末行くと結構歩くことになりそうな。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

週末  

土曜日に白馬沢に行き、日曜日は朝から雨。

昼まで第五駐車場でグダグダしお昼はインドカレー。
100411_1151~0001

そのあと、松本に新しくボルダリングジムが出来たということで行ってみた。

edge and sofa
top_p01.jpg

とても広く、おしゃれーな感じでした。
課題は有名クライマーばかりが設定していて、壁もバリエーション豊か。
おもしろかったです。グレーディングは攀と同じぐらいかな…?
白馬の帰りなんかにいいかもです。

category: クライミングジム

tb: 0   cm: 0

白馬沢右股行って糸魚川  


昨日は白馬沢右股を滑りました。
夕飯は糸魚川まで行って回転寿司

日曜日の今日は朝から雨模様で、松川ボルダーは中止かな…

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

うーん、  

*****************************

むっさんへ
私はむっさんには頭が下がります。模範だと思います。
この日記はエールを送る意味で書きました。

*****************************

なんかオトコってやっぱ勝手だなぁ、って思ったこと。
別に嫌悪してるわけではなく。仕方ないのかもしれないけど、なんだか納得いかない。

結婚して子供が出来ると、自由がきかなくなる  って話です。


私がこんな趣味ニンゲンなもので、周りには同じような友人がたくさんいる。
とくに男性陣はとことん突っ走っている。
うーん、って思うきっかけになったのは身近にあったことに対する周囲の男性らの意見。

「奥さん子供を置いて外遊びに出かけることについて」。

私の周りには夢を追いかけ、好きなことに没頭することこそ男だ、という考えがわりとある。
だから少しくらい不満に思われても我慢してもらうとか。

でもちょっと待って、おんなじように好きなことを貫きたい女性もたくさんいるよ。
真剣さには男女の差なんてないと思う。
しかしながら赤ちゃんが出来たらどうしても数年は今までのようにはいかない。
そのあとだって、守るものが出来たら無茶はできない。
それに比べたら、思うように動けないこともなく痛い思いもせずのオトコはそれだけで十分恵まれてるじゃん。ちょっとくらい思い通りにならないのがなに、って思う。
子供がいる女性が好きなことに没頭していると「ダメ母親」って言われるのに、男性は同じことしててもそれが一種の魅力とされるのって、なんだかなぁ!

世間ではいまでも、やはりどこかで男性は女性に「ひっこんでろ」みたいに思っているところがあるんじゃないか。もっとも、そんな人ばかりではないと思うけど。
まぁ、女性は子供を持つとその存在が一番になって好きなことへの執着はなくなり、そういった悔しい想いを超越してしまうんだけどね。母は強いんですよ。

そんなことで、私が世の男性に言いたいのは、
別に好きなことをしていてもいいけど、我慢している奥さんのことを忘れないで欲しいのです。

category: 意見

tb: 0   cm: 2

4/4金山沢  

日帰りで金山沢に行ってきました。さやぽんとタナーと3人で。
当初はこのルート未経験の自分とさやぽんと二人の予定でした。白岳はまたの機会だね、タナー

朝からめちゃくちゃいい天気、少しだけ積もったきめ細かい新雪もたちまちにゆるむ。
これはストップスノー確実ですなぁ。

ロープウェー方面を振り返る
P4050002.jpg

目指すは2301、行けたらもう少し上。シールのタナーは余裕です。
P4050003.jpg

あ、稜線に雪煙が見える。上は風があるのね
P4050006.jpg

2301からドロップ。風が強くて上からの写真はナシ。1ピッチ目。沢をあえて外れました。
少々足を取られる雪でしたが、いい斜度でした。
P4050008.jpg

沢に戻り、下りていくとデブリがたくさん。
P4050010.jpg

緩やかな斜面をさっさと滑り降り、川を渡り工事用の道路へ。そして猿倉~二股まで延々とクロカン。
ピクニックのようでした。

道路の雪が融けているため、脇に残る雪を使いなんとか通過。さやぽん。
P4050012.jpg

下りてしまえばあっという間です。
二股にはたくさんの車がデポされてました。
タクシーで栂池まで。3600円ですって。

帰り道の眠気と言ったらすごかった。前日はちゃんと寝ましょう!
皆さんお疲れさまでした。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

今朝の第2  


潮が引いてきたらだいぶ割れるようになった。混んでたけど
10時くらいにオンに変わり、上がりました。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

腰その後  

ヘルニアが再発してから8か月が経った。
発症してからの3~4カ月は辛かったけど、今は薬も飲まずに済んでいる。
でも完全に良くなったわけではない。
今日みたいに前線が近づいていたり、雨がしとしと降ったりすると腰は重くなる。

これからの時期はタケノコ、それが終わったら梅の収穫がある。
そして制作。ふんばりどころ。

ここで無理をするとヤバい気がする。

雪のシーズンが始まる前はどうなる事やらと思っていたが、全く問題なく滑れた。
出来るとなると贅沢なもので、もっともっと、と気持ちが先走る。
でも山に登れて滑り降ることができただけで十分ラッキーなのだ。

自分の体とよく向き合って、こころ穏やかに過ごしていきたい。
心の健康にもそれが一番だろう。

category: 腰椎椎間板ヘルニア

tb: 0   cm: 0