浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

海に黙祷  


2ヶ月ぶりの海。

波は全然良くなかったけど、久しぶりの感覚がうれしかった。

この先のつながっている海にたくさんの人が沈んでしまったんだと考えると、こうして平和に波乗り出来ることに感謝せざるを得ない。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

てぬぐい  


てぬぐいが昔から好きでした。でも頑張って収集してるわけでもなく、実家にあった頂き物のお洒落でもなんでもないやつをこっそり使っていたりしていました。

最近はものすごく可愛い柄があり色も豊富で、売ってる場所も多くなったね。
少しずつ増えてます。相変わらず貰い物がほとんどですが。
てぬぐいにも色々あって、一回洗うと柔らかくなって手触りも良くなるものもあれば、何回洗ってもゴワゴワして水吸わないのもあります。なぜ?染料の違い?サラシみたいな布に安いプリントのものもあるし。
自分で買うんだったら生地には絶対こだわりたい!柔らかい方が気持ち良いもん。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 2

4/24白馬乗鞍岳  

一ヶ月弱ぶりに山へ行ってきました。

天気の予報が微妙で、後半が下り坂な上大気の状態が不安定であると。
なのであまり奥へ行ったりの無理はしない方向で、様子を見ながら登ることにした。

いつもはこの時期とっくに動いているロープウェイがまだ止まったままなので、ゴンドラとリフト一基使っていつもの林道からハイクスタート。空は晴れ、風は強めだが、ここらはまだ影響が少ないので順調に成城小屋まで到着。

標高の高い場所は寒気が入り、緩むだろうと思っていた雪はやわらかくなる気配すらない。
表面がつるっつるの氷みたいな斜面もあり、スキーアイゼン付けてないとかなり厳しー。
天狗原手前の急登は他のスキーヤーもそこらでコケてた。
バリバリと踏みつけて足場をひとつひとつ作りながら歩くもんだから、かなり疲れた。

やっと天狗原まで出て、祠の近くの岩陰で休憩。
P4240013.jpg

風は強いけど、さすがに4月なのでそこまで凍てつく寒さではない。
西風なので白乗へ近づけば少しましか?しかも前日の雨はこの標高なら雪っぽい。
行くと、やはり雪は良い。良いというか、かなりマシ。
パック気味の新雪が5センチくらい。その下はザラメ。
順調に登り、ピーク。正確にはピーク近くまで。

いそいそと準備してたら、雲がわさーっとかかってきて、ビュウビュウの吹雪となった。
これじゃセーフティに滑る以外にはできん。仕方ない、かなりのゆっくり小回りで下りた。
そしたら、まもなく雲の中からゴロゴロゴロ。。。と
雷ですがな!!雪崩かと思って冷や汗。一目散に滑り下りる。

滑走ライン。相方より
0424白乗滑走ライン
良かったのは前半だけ。ここから後の雪はひどいもんでした。

悠長に写真は撮れず。ゲレンデまで下りてきて一安心。
後はシャバシャバ雪を気合いでこなす。しっかし、お客少ないな。

駐車場に戻り、道具を干したりしてたらここでも雲行きが怪しくなり、
全部車に仕舞ったころにはこんなにどんより。みぞれみたいなものが降ってくるし。
0424.jpg

天気はころころ変わり、麓でハンバーガーを頼んで待っていると虹が見えました。

なんだかんだ言って、それでもやっぱり山は楽しいのでした。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

幕岩米粒岩4/22  


先週の金曜日、午後の2時間だけ湯河原の幕岩へ車をとばして行ってきた。

時間が限られている中で、1時間で行ける岩場はありがたい限り。

こないだやった2級だけを集中してうちこみ。
ムーブを何通りか探ってみた中でも、リップ手前の良いカチに右を飛ばすのが良さそうだったのでそればかりやっていた。
ひとりだったので、落ち方は気をつけなければいけなかったのだけど、何せ細かいフットホールドに乗せてるので滑ると不意落ちになり危なっかしい。一回しでかして、岩の下部に右足落ちてぶつかって悶絶。
幸い大事には至らず。

何回も目標のカチに触れるけどガッチリ掴めず落ちることを繰り返し、タイムオーバー。
今度はやり方を少し変えてみたいんだよなぁ。でもそろそろ幕岩シーズン終わりかな。

category:

tb: 0   cm: 2

友達の子供用うつわ  


以前お友達から頼まれていた、
小さなお嬢さんのためのうつわ。
このたびやっと仕上げて送りました。
遅くなってごめんなさい。

猫は飼っていないのに、描くのは犬より猫のほうが好き。

category: 制作

tb: 0   cm: 2

日曜の幕岩  

CA3I00580001.jpg
米粒岩。

日曜日は湯河原へ。午後だけ。

土曜日の夜は、白金台で友人の結婚式の二次会へ出席し帰りが遅かった。
しかも着物を着て行ったので帰ってからもたいへん。
次の日の予定は当然無理できないのだった。

湯河原は近い。うちから一時間ほどで行ける。
お昼を食べて一息入れてから向かっても大丈夫だった。

米粒岩で2級にひたすらトライ。
リップまで手を出すのにそれまでの足がいいのがみつからない。
なんとか置けるところだとパツパツになってしまって、なんにもできない。
ムーブをいろいろ検討したけど、いまの状態では無理に近いかなー。

他の人が帰ってしまってから、スラブの4級を一人でやって登った。
マット一枚だし、落ちれないから怖かったけどできてよかった。ほっ。

category:

tb: 0   cm: 0

琺瑯  

大学からのお友達の、荒井有紀さんの展示に先週行ってきました。
千石駅からほど近くの場所です。

荒井さんの作品は色鮮やかな琺瑯のアクセサリー。
私はこのかたのつくるもののやわらかな形が大好きです。

●SIRUP 荒井有紀 展
「ギザギザとハートのほうろう」
4/1(金)~4/27(水) 10:00~20:00(最終日18:00まで)
4/12(火)休廊日

Za Gallery

category: 展示・展覧会・映画

tb: 0   cm: 0

似たもの同士  


実家の座敷で寝るふたり(?)
奥、父。手前、犬。
そっくりで可笑しくて思わず記録。

犬はいよいよ看取りが近いようだ。
骨折していない方の足の肉球が浮腫→壊死してきている。
あばら骨がくっきり出てきて、褥瘡が出来ないようにクッションを当て、数時間おきに向きを換えなくてはならない。ウンチは嫡便、オシッコもお腹を押して出してやる。
一番辛いのは、壊死してきてる足のガーゼを交換すること。毎日やらなくてはいけない。
貼りついたガーゼを洗浄剤でふやかし、そっとはがす。臭いがキツいのでマスクはかかせない。手袋も。
犬も痛いらしくしきりに身をよじる。
『ごめんねごめんね』といいながらの作業。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

それでも  


桜はこんなにもきれいに花開く。


震災から1ヶ月。余震はなお続く。
原発事故後も未だ状態は混乱、level7との発表。

私はこんなに普通に生きてていいのか。
これからどうなるのだろうか。

混乱はよそに桜はいつもと同じように咲きほこる。
この春を一生忘れない。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

幕岩  


日曜日は湯河原。
選挙は期日前で済ませました。

写真は河原の鮎3級。落とした!
マントルでモジモジしめげそうになったけど、根性で這い上がる。

この日は他3級と4級完登。
米粒岩の2級は宿題です。

category:

tb: 0   cm: 0

歯医者  

歯医者に行った。

今まで虫歯は親知らず一本だけで、銀歯にもしていなかった。
今回その親知らずが痛み出し、なんだか深いところまで侵食していそうだから、意を決し受診。

歯がきれいだと言われた。わーい
噛み合わせも正常なので虫歯も抜かず治療だけでよいと。
初めて口の中に麻酔した。
黒いところが削り取られてかなりスッキリ。臭いも気にならなくなる。

今回は神経を途中まで削り薬を注入して蓋をした。次回は薬で死なせた神経を取り除いていくそうだ。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

  


ピークス4月号に載ってた写真。

何度も言いますが。
私は裸族が嫌いです。見たいとも思わない。
理由は威圧感とそのドヤ顔。

裸族OKのジムだったら行きません。
川口のジムでは、おそらく女性スタッフの字で、『個人的には見たいですがジムとしてはNGです』ってホワイトボードに書いてあった。

はぁ?

そんなん書いて喜ばせてどうする。
『結局見たいんだろ?』って調子乗るだろが。

この写真見る度に鳥肌たつ。絶対このジム行きたくない。

愚痴失礼しました

category: クライミングジム

tb: 0   cm: 0

昨日の岩  


昨日は山梨甲府某所にてボルダー。
花崗岩で結晶が痛い。レジェンドクラッククライマーのヨッシーダさんは気さくなおじさまでした。
ここらはまだ梅が咲いていてまだ早春。
この課題、3級くらい?SJさんが開拓。ヒール使って上がっていくパワー系。
いやー、腹筋足りてない。

CA3I00410003.jpg
SJさんトライ中。なかなか厳しそうな課題です。

110403_1644~01
相方トライ中。
バランス系の課題。ヨッシーダさんは簡単そうに登るが…

ここのエリア、たくさんのボルダーがゴロゴロしてる。
人もいないし静かだし素晴らしい。

category:

tb: 0   cm: 0

あの日  



これは悪夢の日の写真。

311、私はひとりコルチナにいた。

朝は素晴らしい風景も昼には吹雪。
午前中だけ滑って、地震の瞬間は諏訪あたりを車で走ってた。

その後立ち寄った双葉SAで、目を覆いたくなる映像がテレビで流れていた。
夢だと思いたかった。これは大変なことになると思った。

8時間かけて家につく。
この日以来人生観が、何か変わった。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2