浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

週末のおでかけ  

土曜日はお仕事。
終わってから茅ヶ崎にてスノー関係の飲み会。
久しぶりにアルコールを摂取したな…思ったより弱くなってなかった。
でも胃は確実におかしい。

日曜日は年に一回の高校部活同期会。
女だけのランチとカラオケ。これまたいつぶりのカラオケだ?
チェッカーズやブルーハーツ、南野陽子まで懐メロ大特集。もうすぐアラフォーだもんね、新譜なんて誰も選ばない(笑)

台風来ていたからもっと雨がひどいと思ってたけど外出中は小雨でよかった~

しかしなんだろ、それ以外でも毎日こまごまとやることがたくさんで忙しい。とくにお年寄り向けの教室が人数増えててんてこ舞い。ふー

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

雨ですが  

今朝は母が行きたいとの理由で、早朝6時からのユニクロのセールに付き合う。

出してあげるとの言葉に甘え、インナー類を購入。
家族の分全部で3万弱って…母、すごい買い物。

昨日はお休みだったので、午後鵠沼へ波乗りへ行った。
高気圧からの南東うねりが入って、腹たまに胸くらい。ノーズライド出来る楽しい波だった。
なぜか金曜日は鵠沼でも比較的人が少ない。週末は行く気にならないほどなのに。

雨の日は山も岩もダメだけど、海は関係ない。なんにしてもやることがあってありがたい限りです。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

最近お気に入り  

水曜日の深夜零時から始まる、J-WAVEのラジペディアが面白い。

パーソナリティはサケロックのギタリスト星野源。
俳優としてNHKのゲゲゲの女房にも出ていた。主人公の実の弟役。
見た目はまさに草食系なのだけど…

なぜそんなに面白いのかというと、全然J-WAVEっぽくないから。シモネタばっかり。いつも吹き出して笑ってます。そのお下品ぶりに『AMに合わせてたっけ?』とか思うもん。

聴ける方はぜひ一度。星野源さん好きになります。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 2

発熱  

土日は風邪をひき家にこもる。

土曜日の前半まではまだよかった。
けれど朝からお腹をひどく下していて、そのたびトイレに駆け込む。
仕事は休み、家で寝ることにしたのだがそこから熱が上がる。

夜には38度以上になり、計るのも嫌になってやめた。
布団3枚かぶっても寒くて、本気で救急車呼ぶべきか迷った。
でもすぐに体が発汗し始め、こんどは滴るように落ちる汗に寝れなくなる。
布団がビショビショになってしまうのが嫌なので、下にバスタオルを敷き、タオルケットにくるまる。
着替えを繰り返すうちに朝がきた。

熱は微熱まで下がった。でもここで無理するとぶり返すのがわかってるので、家でゆるゆると本を読んだりして過ごした。
あまりに長いことベッドに横になっているので腰が痛いのだ。

お腹は早い段階でよくなっていたけど、さすがに固形物をモリモリ食べることはできない。それでもありがたいことにお腹はすくので食事はできる。

こんな週末はいつぶりだろ?記憶にないくらいだな。


自分の場合は薬を飲んで抑えても、結局抑えてた分吹き出すように症状が悪化するのが経験でわかってきた。だからひたすら寝て汗をかく以外に方法はないんだろうなと。
そのたび人間の体のしくみってすごいなと感心する。自分のことながら。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

お仕事  

先月から月に一回、町田のグループホームへ出張でお年寄りのための陶芸教室を行うことになった。
グループホームは家庭的で、ディサービスで行う教室とはまた違った雰囲気になる。
そして比較的自立度が高いので出来ることも増えてくる。
ニコニコしながら『たのしいわー』なんておっしゃるおばあちゃん方には、こちらもどうしたしまして、と涙が出そうになるくらいうれしい。

こんな私でも、少しだけだけど社会の役にたてるのだなぁ。

category: お仕事

tb: 0   cm: 0

メンテ  

歯医者へ通うのが終わった。治療が済んだのです。

初めての銀歯。ちょっとショックです。
今までなんにも治療痕無かったのに。
親知らずはすべて温存しているので、これ以上虫歯が増えないようにしっかり奥歯まで歯磨きしないといけない。

整体師でありスポーツトレーナーでもある治療院の先生から、私の身体は動き続けないと調子悪くなるタイプと言われた。
運動しないとすぐ筋肉がコチコチに固くなり呼吸しなくなるんだって。
良い状態の筋肉は、マッサージすると弾力があり押すと返ってくるんだそう。呼吸していないと鉄板のようになってしまうんだとか。

週1のヨガが身体によい影響がある気がする。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

2011/05/15 燧ケ岳  

家にいると犬のことばかり考えてしまうので、青空の下に出よう。
それも普段いかないところ。
相方・アツくん・私の3人で。

ということで、福島県は桧枝岐村へ。燧ケ岳です。
食事もしたので、ちょっとはお金を落として貢献できたかな?
この村へは那須から入って、下道をえんえん100キロほど行きます。
運転はアツくんがほとんどしてくれました。役に立たなくてごめんよ。

スタート地点・御池の駐車場。すぐわきからシールでハイク開始できる。
p5151461.jpg

最初の急登を終えると広沢田代という台地に上がる。
二つ目の急登を登ると今度は熊沢田代。
p5151464.jpg

ここは二つ目の急登。
p5151467.jpg

あとはメローな中斜面をひたすらピーク目指して登る。登る。
7時過ぎに出発してマナイタグラ(漢字難しい)に到着は10時15分くらい。
p5151486.jpg
東北のお山もいいもんですね。

本当のピークは『柴安くら』。
DSC01727.jpg

なんとそこからの斜面は短いけれどかなりの急斜面。
急斜面好きの同行者さんたちは目を光らせ、『こりゃ行くしかねーな』と。
正直この時私の体調は今一つで、ちょっと気が乗らなかったのだけど、
その斜面が結構魅力的に見えてきて賛同した。

そこまで行くのが怖かった!ピッケルナシだったし。
p5151487.jpg

DSC01738.jpg

あー。もうすこし。こわかったー
p5151493.jpg

後ろに見えるは至仏山。
p5151505.jpg

急斜へ飛びこむーーー
p5151509.jpg

滑り終わって3人のラインを満足げに眺める。
p5151516.jpg

あとは来た道をちょこちょこ遊びながら下りてく。

帰りにここらの名物である『裁ちそば』を食す。
お店のおばちゃんの接客はいまいちだったけど、味はおいしかった。
さらに西那須野インター近くのチーズケーキ工房でケーキも食べる♪

はじめて行ったけれど、ここはかなり人気の山なのですね。
駐車場はかなりの車が停まっていたしスキー客もたくさん来ていた。
晴れていていい休日を過ごせました。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

しゅうまつ  

燧ケ岳へいってきました。

写真などはあとで

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

さみしさ  

実家にいくと、癖でいつも犬が居た場所に目がいく。
そのたび、あ、いないんだ、と思う。
犬が見えるようにトイレのドアを開けて用をたす習慣はしばらく直せないだろう。

さみしい。さみしい

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

埋葬  

moblog_a16b06c6.jpg
昨日の朝、犬が死んだ。

今日の早朝の雨が小降りな時に埋葬した。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

高原へ  

moblog_4bc0f7c8.jpg
moblog_b7f2af1b.jpg
moblog_8fdedf87.jpg

ひとり那須高原へドライブに行った。

東北道はほんとに走りやすい。アップダウンが少ないから燃費走行すればガソリンもかなりもつ。
田植えされたばかりの田んぼや若葉が眩しい山を見ながらの運転は気持ちがよいものだ。
ついでに(?)塩原へ向かい鳥岩と対峙。
なんとこないだ苦労した『鳥』2級があっさり登れた。チョーうれしい
調子に乗り直上ラインの『タンニャバード』2級を初めて触る。
苦労して自分のムーブを発見、最後のガバへ飛ばすのが出来ず中継のスローパーで力尽きる。

そういえば、今日は母の日だ。
帰りにおいしいチーズケーキを買う。

帰路の高速ではなんと3ヶ所で事故を見た。たいてい追い越し車線で起きてるのでこういう時は左車線にいるべきだと学んだよ。

category:

tb: 0   cm: 2

3回忌  

ばあちゃんの3回忌を5月7日に行った。
ずいぶん早いものだ。
今でもたまに、野菜などを買いに来るお客さんが、『おばあちゃんは?』と尋ねてくることがある。よく縁側にいて、野菜の番をしてくれてたからなぁ。

朝から雨で、やっぱり雨女だなーばあちゃんは、なんて。妙に納得。

寂しいかもしれないけど、まだリッキー(犬)はそっちに連れて行かないでね。

category: ばあちゃんとの日々

tb: 0   cm: 0

GW後半・焼山スキー  

GW後半。
相方と慌ただしく予定を決める。ギリギリまで白馬岳周辺と迷った。
大雪渓の事故の後なので、考えた末、白馬以外へ足をのばし焼山へ行くことに。
このエリアは本当に土地勘がない。
能生インターはシャルマンへ行くときに使うという知識のみ。
日本海は大きくきれいな波がどかんどかんと割れていました。サーファーいたよ。

P5031450.jpg
地図で地形を頭に叩き込む。里から見る焼山はこんな感じ。
この時期は水に満たされた田んぼに山が映り、本当にきれいだ。
夜の灯りが映りこむのもまたよし。

P5031456.jpg
車をここらに停め、林道を使ってハイク開始。時間は午前10時すぎ。

DSC00404.jpg
黄砂たっぷり落ちてる雪は茶色。

DSC00406.jpg
平らなところが多いんですよー。

DSC00408.jpg
標高1200m付近の台地で今夜の宿決定。
焼山を正面に、右手側には滝。水の落ちる音が遠くからザァザァと聞こえる。
すでにテントがいくつか設営されている。時間は14時過ぎ。

暖かかったので、汗をかいてしまうとテントの中で冷える一方だしゆっくりペースで登りましたが、着いたころにはインナーがぐっしょりでシュラフにくるまり必死で乾かしました。こんなところで風邪はひけない!

夕飯はトマト鍋。温まりました。
寒さ対策にフリースとコンパクトダウンを着て、下はウェアのパンツ、足元は靴下にネオプレーンの長靴インナー。カイロをシュラフに入れて20時ころ就寝。

夜中0時。相方がごそごそ起き始める。んーなんだ?と思ったら、星が見えるって!
テントから出ると、まさに満天の星。しかも遠くに街の夜景。
うれしくて歌を歌っていました。
かぐや姫 『星降る夜』 http://www.youtube.com/watch?v=EaZQZDUX_RU


P5040023.jpg
翌朝。5時起き。
パスタを食べ荷物をある程度まとめ、少し軽くなったザックを背負いテントを後にする。

P5040024.jpg
空にはまだらに青。時間は6時過ぎ。

DSC00414.jpg
近くに見えるけど、これがまた遠い。自分のスケール感がおかしい?
地形図見ればわかるけど、緩い登りが長い。

P5040025.jpg
ようやく基部まで来ました。ここらから斜度がきつくなってきます。

DSC00417.jpg
テントははるか向こう。

DSC00419.jpg
時間がまだ早いので、完全には緩んでない雪にシールでは苦労。
標高2000m付近の藪の中でアイゼンに履き替え。
ピッケルは軽量化のため置いてきてしまってたのです。持ってくるべきだった。

DSC00420.jpg
すでにしっかりとしたステップが刻まれていたので、そこから外れなければ何とかなりました。
写真ではかなり怖そうだけど、本人はそうでもなかったのです。下見なければ。

DSC00422.jpg
核心は抜け、あとはザレ路と雪との境目あたりを登る。
この辺は日当たりがいいのか、雪がザクザクして埋まるので。

DSC00424.jpg
同じ場所を上から。

DSC00425.jpg
ついにお釜の中へ。風が無く平和な空間。

DSC00429_20110505210525.jpg
ピークはここを登ったところ。あと一息。

P5040032.jpg
ピーク!!!!!

P5040033.jpg
滑るのはこの方向。

DSC00440.jpg
頂上でさんざん景色を堪能し、さて板を置いた場所まで下ります。

P5040036.jpg
標高2100mあたりまで下りてきたところ。ここが一番素敵な斜面でした。が。
気持ち良すぎてトラバースすべき地点を過ぎてしまいました。
仕方なく登り返す。きちんとルートを認識して滑らないと。素人ですなぁ。。

DSC00444.jpg
狭い急斜面を抜けたところ。

DSC00441.jpg
ここからはこの広大な斜面を飛ばします。
黄砂がブレーキになる箇所が多々ありますがねー。

DSC00445.jpg
足プルプルになりながらテントのある場所まで戻ってきた。

焼山滑走ライン
核心あたりの滑走ラインがこちら。

日帰りとは違い荷物は多いけど(相方がたくさん持ってくれました…ごめんよ)
その代わり充実度合いが倍増です。遠くまで来た甲斐がありました。
日帰りで行けるツワモノもいるかもしれないけど、自分は泊まりがいいな。
ていうか、そうじゃないと無理。

********************
P5030021.jpg
ところで焼山は比較的新しい火山。ガスが立ち上ってるのがなんとなく見えますか?

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 2

GW前半・5/2えのすい前  

海へは自転車なので貴重品は持っていきません。
カメラもです。なので画像はとあるところから拝借したりします。
この日の写真はありません。。。

5/2は未明まで吹き続いた南西の風で朝から波が高く、早朝はオフショアに整う時間もないので、なんせ波の数が多くて多くて。サイズが小さめな江ノ島水族館前でも、肩は十分にあるしインサイドは何段ものスープで真っ白け。
セットの間も短く、アウトに出れるのはパドルの強いサーファーだけ。
『こりゃ厳しいなー』なんて思いながら海に出る人を観察。

女性のロングボーダーが入ってく。頑張ってスープを何回も何回も乗り越えてるけど、次々に来るスープに戻されている。それを見ていた私は、もう割り切って、インサイドで遊ぶことにした。
遠浅だから、インサイドでもある程度は遊べるので。
結局、出れなかった結構な数の人がそこで波乗りしていたように思う。

ま、無理はしないことです。

朝から仕事があるので、45分くらいしか海に居なかったや。
夜耳掃除したら、耳に砂が入ってた。

****************
余談
以前、海に入って自転車の鍵を失くし、貴重品はもちろんお金も一円すら持ってなかった私は、重いロングボードと自転車を引きずって駐車場まで行き、そこに居た親切な若いおにーさんサーファーに30円ほど借りて、公衆電話で実家に電話してトラックで迎えに来てもらってことがあった。恥ずかしいですな。おにいさんあの時はありがとう。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 2

GW前半・塩原画像  

どうもわたしです。
ゴールデンウィークとはいっても、自分は10連休とか無理です。
合間合間に作業をし、午前中は野菜の仕事をしたり。
パーっと海外など行ってみたいところですがそんなお金はどこにもありませーん。
なので天気の悪くなさそうな日を選んで日帰りのクライミングへ行ってきました。
2011/4/30 塩原ボルダーにて。画像アップします。

P4301407.jpg

鳥岩の前でグダグダする自分。

P4301350.jpg
『鳥』2級。最初はまったくと言っていいほど出来なかった。
SDスタートですが手は出るけど止まらないのです。
左足をしっかり押し、真下から目標を定めて出すとなんとか。
スタートホールドに左手の平小指の下あたりを押し付けると上手くいきました。

P4301357.jpg
二手目もきつい。左足を入れ替え、右足は外に出す感じ。
取る瞬間はキャンパのようです。

P4301372.jpg
ガストンでロックし、右足を高い位置へ。

P4301432.jpg
足を左へ動かし、さらに左のガストン。
この後、両足を上げ、クロスで次を取るのですが、足をしっかり置けていなくて落ちました。
さらに次のトライでもこの次、穴が開いてるあたりのホールドの取り方がうまくいかず落下。

P4301399.jpg

日暮れが近づくなか、登れずにしょぼーーーんとする。
ムーブを記録しておかなくちゃ。次はいつできるかなぁ。

category:

tb: 0   cm: 2

塩原  

土曜日に塩原へボルダーしに行きました。

駐車場の手前で道が通行止めになってて、迂回措置がとられてた。岩場行くには問題ないのだけどね。

『後悔』3級を苦労して登った。うれしかったなー
『鳥』2級はもう少しだった。くやしいいいぃ

途中で雨になったけど通り雨だった。
写真などは後日

category:

tb: 0   cm: 0