浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

8/25.26安達太良ボルダー  

なかなか行けない東北のボルダー・安達太良に行ってきました。

沼尻温泉からスキー場の中の林道をガタゴト走り、登山道入り口の駐車場まで。
駐車場はかなり広く、テント張ってる親子もいました。
岩場へは通常登山道ではなく、旧登山道から。
アプローチが1時間弱と、トレッキングのようなものですが
景色が独特でとても新鮮なので歩いていても退屈しません。

歩き始めてしばらくすると、立派な滝が見えます。感動


暑い…
P8251296.jpg

かつて湯の花採掘場だったので滑車が張られたままだったり、草津のように木の枡が水路のようにずっと引かれています。
P8261316.jpg

冷たい川と温泉が合流するあたりは橋のようになっていて、上を歩くことが出来ます。
P8261320.jpg

そのあたりにはいくつかチョークのついた岩がありました。
どれも難しそうです。
P8261318.jpg

私たちが目指すのはもっと上なので、さらに歩きます。
P8251299.jpg

ボルダーの転がる尾根の先には、シングルピッチのルートが存在するようです。
二日目に登っているクライマーがいました。胎内岩と言うそう。
P8251307.jpg

一番最初に見えた西瓜岩の6~4級くらいの課題でアップ。写真なし

この岩がここでの看板課題、『普通の人』1級。
NCM_0181.jpg
核心は右手と左足で頑張ってちょっと悪いポッケから真上のガバまでのデッド。
男性でも苦労するってのに私にはなかなか厳しい。
こういう遠目の飛ばしムーブ、苦手だなぁ。
でもコレできないとボルダー強くなれないよね。。。
そんなんで、あきらめ。

お昼寝したりしてのんびりした後、この写真の真ん中に見えるモカ岩へ移動。
NCM_0180.jpg
この岩には3級~初段まであるらしい。(地元クライマー談)
『モカ』SD1級触るも、これもやはり遠くへの飛ばし。
スタートから一手目が出来ないので、取ったと仮定してからのムーブで登りました。
それだと体感4、5級てとこか?

3級のカンテSDスタートも飛ばし。。。涙
相方はあっさり登るも私は触るけどしっかり止まらず。
これは登りたかったなぁ。写真なし

1日目はこれでおしまーい。
下山してお風呂行って、郡山でご飯食べて道の駅『つちゆ』で就寝。

日曜日。
この日はたくさんの福島クライマーさんに会いました。

まずはモカ岩でカンテ3級やるも、やっぱり登れず。

相方が『ちょっといい人』1級をやりたいというので応援。

そこで聞いた『スニーカーブルース』という課題があるということで上に移動、
3級ということでしたが、帰ってからネットで調べると4級とも書かれていたり???

こちらの方と同じムーブで登りました。
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=BVIDtIME_OQ
この課題は女性にもむいてますね。楽しかったです。

満足したので、後は簡単めなものを気持ちよく登ってかえろーと。
クラックの課題。ジャムじゃなくてレイバックですね。6級くらい?
P8261322.jpg
このクラックの隣フェイスに穴をつなぐラインがあったのでトライしました。
なかなか手ごわい課題で、体感2、3級?登れてよかったです^^

相方は緊張感のあるこちらのラインを。
高くて一手一手遠いので私はやりませんでした。
P8261328.jpg

帰り際もう一個登って、お楽しみのお・ん・せ・ん♪
岩陰で水着に着替えて、ひゃっほーい
ぬる目のリラックスできるお湯で景色最高。
風が無いときは火山ガスが溜まりやすいので注意です!
P8261340.jpg
ここは温泉だけ目当てのおじさんや若い女性も結構来るようで、それらしき人たちに幾度もすれ違いました。
これだけ雰囲気よければ納得。

湯気に夕焼け。
NCM_0176.jpg

NCM_0178.jpg

帰路へ。

のどかな田園風景。
でもこのお米、市場にのせられるのだろうか?心配になってしまう
NCM_0182_20120829235829.jpg

車から磐梯山を眺めながら帰りました。
絶対にまた来たいと思う東北・福島の旅でした。
NCM_0183.jpg

category:

tb: 0   cm: 0

安達太良ボルダー  



はるばる福島にやってきました。
アプローチは長いですが景色は素晴らしい!

category:

tb: 0   cm: 0

8/16小川山  



お盆休みを使って、日帰りで行ってきました。

この日は先日一緒にルート練習したYSDさんとYSNさんと3人で。
珍しくボルダーでもクラックでもなくフェイスとスラブのボルトルートです。

私は外のリードはかなり久しぶり。
絶対に脚が震えてミシン踏むこと間違いナシです。

まずはおばさん岩。

申し訳ないと思いつつ、YSDさんにヌンチャクかけてもらって、
心配されつつなんとかリードしました。

登ったもの
*こどもをなめんなよ5.10a/b 
*母子草5.10c
*晴登雨読5.10c

母子草は上部クラックの入ってからの足使いが上手くなく滑って二回ともフォール。
RPはできず。

次に父岩へ。

だーれもいなかったので横へ横へ移動する『岸壁の父』5.10bを。
意を決し、マスターで行かせてもらいました。
散々核心でモジモジしていたけどどうにか抜けてオンサイト。
しびれるルートでした。

最後に写真の『小川山ストーリー』5.9
これは50mロープいっぱいいっぱいで登る長いルート。
いつかは登りたいと思っていたので、これもマスターで行きました。
終了点に着き、後ろを振り返ったときの展望といったら。
爽快でしたね。

最近は滅多にルートへ行かないので、かなり楽しかったです。
ロープワークはやらないと身に付きませんし。。。

帰りは川上村のお風呂からふじもとへのルーティン。
ふじもとでは話題が尽きず。なかなか面白い話が聞けました笑

YSDさんとYSNさんご一緒させていただきありがとうございました。

category:

tb: 0   cm: 0

親子合作  



以前お友達のお嬢さんに食器を作って送ったのですが、そのお礼で親子合作の絵が入った額をいただきました。

これを食事するテーブルの前に飾っています。

色も筆運びもみずみずしく、しあわせな気持ちが詰まっているような気がします。

一緒にお嬢さんが制作中の写真も入っていて、友達に横顔がそっくりでした!

奈緒ちゃんときなこちゃんありがとう!

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

染め紙でうちわづくり  



余った障子紙をアクリル絵の具で折り染めし、アイロンかけて、お年寄りとうちわを作りました。

何回も見直しては、そのたびに『きれいねぇ』とニコニコしたり、『孫に見せたら取り合いになっちゃうわー』って大事そうにしまうおばあちゃん達。

この日は本当に暑くてうちわではしのげないくらいだったけど、残暑をこれ使って過ごしてくれるといいなぁ。

category: お仕事

tb: 0   cm: 0

お盆に想うこと  

お盆である。

うちの亡くなった祖母や今も健在の母方の祖母は、
『お盆は地獄の釜の蓋が開く。山や海なんか行くものじゃない』

とよく言っていた。
もちろん、私はそれを信じてはいないし言いつけを守らず山に出掛けたこともある。

でも最近、その言葉を大事にしてもいいのかな、と思うようになった。
昔の人はこの時期に先祖を思い出し、受け継いで今にいたる自分たちの存在を改めて感謝する。そして普段から見守って貰っているという想いを強くし、命に敬意をはらう。
私は敬虔な宗教家ではない。けれど自らの中で湧いてくる、こういった実感の強い想いは大事にしている。

別の観点から見ても、お盆は一年の中で家族親戚が集まる少ない機会でもある。この時くらいは寄り合おう、っていうことでもあるんだろうな。
そして、海へ行くなということにはある意味納得できる。この時期は台風が南の海上で発生する。日本の天気に直接影響はなくても、台風が強ければ遠くからでもうねりが届く。しかもそのうねりはそのとき波立っているサイズの倍くらいで、ある時急に襲ってくる。いわゆるサーフィン用語で『お化け』。昔の人は理屈はわからないけど知っていたのだな。

そんなんで、お墓掃除をし、迎え火を焚き、お線香をあげにみえる親戚や近所の人を実家で迎えている。

でも、ご先祖さまが帰る明日はおでかけします!(笑)

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 6

おきにいり  

ラルチザン

ラルチザン・シャッセパピオン。

好きな香りです。
こないだのボーナスで、自分へのご褒美に買いました。

ラルチザンは独特で個性のある香りが多いですね。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

8/12ビッグロック  

先日の小川山で、ブルークリフつながりで知り合ったYSDさん・YSNさん・INKMさんとルートトレーニングしてきました。

場所は新横浜のビッグロック・ルート館。
以前まだボルダーと分かれていないころ、行ったことがあります。
このルート館は新しく、コンパクトにまとまっており人も多くなく快適。
四時半ごろから八時まで思う存分登れました。

久しぶり(半年振りくらい?)のルートなので、余裕が持てるくらいのグレード中心。
5.9~5.11bまで7便くらいやったかな。

それにしても、みなさん安定したきれいな登り。
クリップもスムーズで、私のぎこちないクリップは恥ずかしい。。。
外はルート中心でやっていらっしゃるので当然か。

久しぶりのルートをやってわかったこと。

*クリップのタイミングなど、だいぶ余裕もって出来るようになった
*もう少しレストを意識して取れるように
*足限定になるとクリップのタイミングがわからなくなりとたんに弱くなる。
*オブザベがまだうまくできない。特に上のほう

今週小川山でルートを目的に登りに行くことにしたので、感覚を思い出すのにとても有意義な練習でした。ビレイしてくださったYSDさんありがとうございました!

category: クライミングジム

tb: 0   cm: 0

8/10小川山  

週末の天気が雨マークになってきたので、急遽日帰りで行ってきました。

やった課題

ウイスキーボトル岩
*ウイスキートラバース2Q ×
*端の3Q
*その隣の2Q
*5Q

クジラ岩
*裏側のクラックの隣の3Q
*ダイク道5Q ×

汚い大岩
*山荘側のカンテ1Q ×
*逆側のスラブ4Q ×


ウイスキートラバースに時間をかける。
核心ムーヴのトゥかけがうまく行かず、上手にこなす相方との違いを動画で撮って確認したりして最終的にできるようになりました!あとはそこまでいかに省エネで行って、トゥ切らずにカンテの向こうのカチとれるか。
かなり充実感のある課題。

トゥが出来たのでひとまずそこでおしまいにして、端の3Qと2Q。

下地が悪いのでマットは二枚あると安心。
比較的苦労せず登れた。
2Qはデッドの4連続。3Qはマントル注意。

移動してクジラ岩裏。
クラックの隣にある3Q、やはりデッド。上部は確実に。
ダイク道。これとても怖いです。出来ませんでした。足がないのでコケの生えたスラブにだましだましスメアしなければならない。マズい落ち方して凹みました。行けるかも、という感覚が無茶の範囲になっていました。スポットがいると甘えが無意識に出てきてしまうのか。攻めることと無茶することは違う。反省

さらに移動して、汚い大岩へ。
カンテの1Qは右手の保持が出来ず。甘いスローパーのようなので苦手。加えて指が痛くなってきて無理でした。
足なら、ということで反対側のスラブ4Q。
これ、ぜひ誰かやってください!難しい!高さないし手数少ないんですが、手もスタンスも極悪です。

そんなんで指は終了してしまったので帰ります。
ふじもとでひさびさに焼き肉をして、ほったらかし温泉で夜景を見て帰宅。

お疲れさまでしたー

category:

tb: 0   cm: 0

8/4小川山  

日帰り小川山。ソロです。

今まで触る機会がほとんどなく、今年7月になって二回ほどやってみた三日月ハング1級。
この日ようやくスッキリ晴れて乾いたビクター。
(前二回は両日とも濡れてたのだった、、、
朝の9時半過ぎに行くもだーれもいない。
やはりこの時期はみんなルートや登山なんだろうな。

のんびりマットの上でストレッチ。
マットが一枚だと少し不安だなーなんて思って、誰か来るの待ってたけど、静かなもので。
仕方ない、ひとりで頑張ろ。

一撃目、三日月カチに寄せてリップ狙うとこまで行った。これなら今日登れる!と確信。二撃目、三日月カチを見失い寄せるところで落ちる。

慌てるな、と言い聞かせ一休み。
すると、コンケーブやりにきた男性クライマーさんがひとりやってきた。
あ、よかった、スポットしてもらえる。

しっかり休んで三撃目。
ポッケしっかり持って、バランス崩さず寄せて、身体を左へ。えいっ。

パシっ。お、リップ止まったヽ(^0^)ノ

マントルは手順をイメージしてあったので慌てなかったけど、日が当たっててモジモジしてると汗が。。
サッサと右足、左足上げ右手で押して、完登!

やったぁー。と控えめに喜んだ(笑)

スポットしてくれた男性に挨拶して、移動。
春に一度やった虹の入江(初段)を目指して水晶スラブ下へ。

涙岩に二人居たくらいで、やはりここも静か。犬岩は高いので誰か居て欲しかった…

嘆いても仕方ない、やるかー!ってんで取り付く。
ムーヴは判明しているので、頑張るだけ。核心のカチへの飛ばしへつなぐための右手の感触が掴めるまでしばらくかかった。

そんなとき、ブルークリフのスクール開催場所へ向かっていたエリコさんとご友人のお二方に偶然会う。
のんびりいろんなことをおしゃべりしてすっかりリラックス。

再び取り組む前に、核心超えた後のことを考えて一回上から覗いてホールドを確認する。
なんせ高いし上がってしまったら行くしかない課題なので。失敗は許されない。スポットもいないし。

しっかりイメージし、チョークバッグも装着、太陽が雲に隠れて陰った時にトライ。
右手で押すように身体をあげ、狙いを定めカチへ左手を、送る。

ガシッ。つかんだ~!慌てず足をあげマッチ。後は落ちついて確実に。呼吸を深く、イメージ通りのムーヴで途中チョークアップしつつ、トップアウト。

いやー、登れてしまった。
しかもスポットもいない、この暑い時期に。
自分でもよくやったもんだと思う。

もう帰っても良かったけど、時間があったので石楠花エリアの扇岩に行く。

ここの真ん中の2級、何年か振りに触ってみた。
右手の中指一本、左手は中指と薬指の二本で体を引き上げるものだから、かなりの負担。しかもどうも足がスリップしてしまう。ずいぶん頑張ったけど、足に乗り切れずフリクションのいい時期へ持ち越すことにした。

30分くらい川で指を冷やす。
これが良かったのか、今は指関節の違和感がほぼありません。

駐車場に戻り、帰り支度。
エリコさんやtakiさんにも会い挨拶して川上村のお風呂へ。クライマーばっかり(笑)
上がってからこないだものすごくお世話になったsjさんとIMIさんにバッタリ。

帰り道は渋滞にもあわず無事に帰宅。
楽しかった。





 

category:

tb: 0   cm: 2

台風9号、10号  

ひさびさに台風うねりの恩恵を二日連続でいただいた。

昨日は橋前で、私でも大丈夫なくらいのサイズ・セット間。
今日はずいぶんとセットがハードになり、パワフル。

自信もないのでサイズの落ちる江ノ島水族館寄りまで移動。
それでもお化けで肩頭くらいあった気がする。しかもつながってる。

えのすいあたりは女性が結構入っていて、沢山のロングボーダーが避難してきていて混んでいた。
いいとはいえない感じだったけど、小さめの波で数本遊んで終了。

時間があれば鎌高前とか行くのにな。

今日も午前中は畑、午後はお仕事頑張ります。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0