浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

白馬入り  

ボルダーマット積んだまま、白馬へ。

BC仲間と合流し、深山にて忘年会。
ひさしぶりの焼き肉美味しい。。

次の日は雨。
ウダウダしつつも、小谷方面の山を偵察に行く。

その夜はきっちょんで忘年会パート2。
王国の皆様との絡みもあり、とても盛り上がりました。楽しかった(^^)

そして今日、ようやく初のお山へ。
あつ、まる、私、はじめましてのホタカさんと。

ヒヨドリの南側を3本まわす。
思ったよりずっと良いコンディションでみんなニコニコ。奇声上げて滑る。
底つきのない軽ーい雪。

良かった、こんな始まりで。
次も良い雪に出会えますように。

ちなみに年始はひとりで滞在しています。
気ままに年越し悪くないですね。
テレビはつけずいろいろ振り返ってしんみり過ごしています。
一緒に山に入ってもいいよ、というご親切な方がいらっしゃいましたら連絡ください。(笑)
明日は王国の皆様と出張予定。


皆様良いお年をお迎えください。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

登り納め  

寒空の下、昇仙峡へ。

師匠が案内してくれた、山のエリアの初段、『ナルコレプシー』(間違えてナルコプレシーって言っちゃう)をやる。

かぶっててヒール多用するし体幹もかなり使う。ホールドはわたしの好きなカチ系。

最初見た時、こんなのできるかな?って思ったけど意外とつながった。
核心部の解決はまだまだ。

夕方になり雪がゴンゴン降り出した。

良い登り納めができたな。

category:

tb: 0   cm: 0

海へ  



写真は頂き物です。


日曜日、珍しくサイズのある湘南の海。
だいぶ波質が良さそう!

暖かくなってきた昼に出動。
鵠沼のえのすい寄りで。

楽しかったーーーーー。

頭空っぽ。波にあわせて身体を反応させるのみ。

海はやはりやめられません。
細々と続けてきてよかった。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

初滑り  

尾瀬岩鞍へ、初滑り。
二人のスノーボーダー、いしわたさんとみやたさんに混ぜてもらいました。

お二人とも家庭の都合などで今回初滑り。コンディションはあまり気にせず、滑り込みのつもりで。

お天気は、ふもと雨、ゴンドラ降り場は雪。

明け方?降ったらしい新雪は、中途半端に溶けていて、突っ込むと足を取られやすく、雪がかき混ぜられている場所は滑りやすい。

とにかく上から下までしっかり滑る。
荒れたバーンはいい練習になる。
岩鞍は国体コースもあり基礎スキーヤーに人気なので、斜面はお墨付き。

雨で新しいウエアの性能も試せたし、ブーツも上々。

午後には天気回復し、いい具合に溶けた雪に板が走ってカービングが調子よくなった。たのしー

いきなりパウダーで始まってしまうと、ポジション確認もできず滑りが崩れるばかりなので、あと二回くらいはゲレンデで滑り込みたいかんじ。

お二人ともありがとうございました。
マイナーな山への熱い思いもお聞きできて楽しかったです!

category: ゲレンデ滑り

tb: 0   cm: 0

新しいギア  





今期はTLTを導入するため、ブーツを新調しました。
スカルパのGEAです。

ディナフィットのブーツは全く足が合いませんでした。ガルモントもダメ。
甲が低くて薄く、幅もない足なので。

このブーツはインナー熱成形なのですが、自分はつぶすんではなく隙間に足したいくらいなので、成形せずそのまま。

先日使用した感じでは、やはりアルペンブーツより軽くて柔らかく少し頼りないけど、ハイクを少しでも楽にこなして滑りに力を残すためにはこれで良かったと思ってます。


そして、ジャケット。
色に惚れました。
かなり高い買い物でした。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

12/16中津川ボルダー  

fc2blog_20121217232001c0a.jpg
『ピラニア』二段  クライマー:かっちゃん


初めての中津川ボルダー。

秩父の三峰よりも奥にある岩場。
コンパクトにまとまっているエリアで、
課題は難しいものがほどんど。初心者や初級者には厳しい。

今回は横パンつながりのかっちゃんからのお誘い。
千葉にお住まいのカズミさん、荻窪周辺在住のコウイチさんと四人で。
お二方ともはじめまして、です。

比較的気温は高い日でしたが、深い渓谷なので寒い。
岩場に着くとよく小川山やミズガキでお見かけするF皮さん達がいらした。
群馬からのクライマーさんも。意外に賑わってました。

ピラニアの岩には、お強い女性クライマーの面々。
カズミさんはお知り合いのようで、すぐに打ち解けました。

さて、アップするような簡単な課題もないので、日なたでのんびりストレッチ。
二段にちゃんと取り組むのは初めて。
この『ピラニア』、かなりのカチカチ課題。
女性には向いているのかもしれないですね。
ピラニアの名前の由来は、核心で使うカチに歯のように尖った部分がありそれに刺さると穴があくので、それを『ピラニアにかまれた』ようだとなぞらえたもの?らしいです。
でもどのホールドもかなり痛いことに変わりはありません。

スタートからの一手目、男性は届くホールドに女性は厳しい。
そこにいた女の知恵を集結し、試行錯誤のすえ、カズミさんが生み出したムーブが好感触。
二手間増えるので、大変ですが。それで頑張るしかなさそう。

しかしながらそこの動きが自分にはかなり苦手で、なかなか成功しません。
三回ほど取れはしましたが、確立低すぎ。
一手目がとれたと仮定して進めると、ピラニアホールドまで行けるのですが。
最終的にはみなさんは下のムーブが自動化され、あとは核心の、ひとのび。
私にはまだ二段は早いようです。土台になる力が足りていない。

かっちゃんは夕方近くになり、ピラニア完登。
そのほかに初段、三段はもう少しでした。強いなー

指が痛すぎるので、自分は3時すぎにピラニアはあきらめ。
『時間忘れの左』2級をやりに移動。
これがまたかぶっててスタートからの一手目が辛い。
よれよれになった体に鞭打ってトライ。

体幹ピキピキ使って捕らえるも、右手の送りに耐えられず落下すること数回。
そこを取ってしまえばあとは比較的楽らしいのですが、できませんでしたわ。

動きはジムっぽく力で登る感じなので、来て最初にやれば登れそうです。

今度はいつになるかわかりませんがここは通う価値ありです。
もう少し強くなって、また訪れたいです。

ちなみに、尖った岩を保持したせいで指先の内出血は10本中6本におよびました。
おそるべし、ピラニア。

category:

tb: 0   cm: 0

ストマジでロープワーク②  



石田塾ロープワーク講習の二回目を受けました。

前回の講習の後、石田さんには天気がわるかった際の講習をインドアに変更した時に行うロープワーク講習があれば、私に連絡してくださるとおっしゃっていたので、急遽参加が決まりました。

この日教わったのは、

懸垂下降中の仮固定
マッシャーを使った登り返しの方法
バックアップと解除の流れ
チムニーでの登り方、膝の使い方
クラックで動きのシークエンス考察

ストマジは人工タワーにクラックやチムニーがあり、そこでは終了点作業の実際的なトレーニングが出来ます。
さらにトップロープエリアにはハンドクラックのルートが一本あります。

頭がいっぱいになりそうでしたが、ひとつずつメモをとり、何回も繰り返すことで整理されました。
自分が今何をしていて、どこに確保されているかということがわかるようになり、ようやく自立への一歩を踏み出せたかなと感じました。
しかしやらなくなればすぐに忘れるのは目に見えています。
出来れば早くパートナーを見つけて、自分たちで岩場に行きトレーニングをしたいなぁと。

講習が終わったあとは、ボルダー壁で石田さんとクラックボルダーなどでセッション。


ストマジで一日中ロープワークを習う機会がなかなか無さそうだったので、間をあけずに学ぶことができたことはかなり運が良かったな、と思います。

category: クライミングジム

tb: 0   cm: 0

星に願いを  



ふたご座流星群。
数え切れないほどの帚星を見ました。

私、幸せになれるでしょうか。

…それじゃダメね。
幸せとは自分が決めるものだよ。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

平日波乗りの会  



私の数少ない波乗り仲間と地元の海に入りました。

当初伊豆方面へトリップの予定でしたが、予報がイマイチなのと湘南でも潮の引きでできそうだったので。

午前中の二時間ほど、力のない小さな波でしたが、スカッと晴れて暖かく、とてもリラックスできました。

上がった後は茅ヶ崎のGARAへ行きカレーを食べました。

こんな日もいいものです。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

尊敬できる?  

たまに、『自分の親のようになりたい、あんなふうになるのが目標』
という人に出会うことがある。

自分にとっては信じられないひとこと。

だって、私には反面教師だもの。
そんなふうに言える人のご両親は、さぞや立派な人物なのでしょう。。


自分のブログで親のことを書くのはあまりいい気はしないけれど、あの人たちはとても仲が悪い。
大人になった今、あの二人の関係を客観的に見れるようになり、ますますそう思う。
なんて大人気ないのだ、と情けなくなったりする。

けれど、自分はまぎれもなく二人の間から産まれた。
時々どちらかの性格の片鱗を自分の中に認めることがあって、とてもガッカリする。
でも親を見ているので、その性格をどう消化していいかわかってきた。そこは救えるところか。

もちろん、受け継いでよかったと感じる性格は数知れずあるのよ。

身近な関係の人物を許して認めることって難しいので。
嫌な点ばかり気になるわけです。


きょうだいの中での話題にもしょっちゅう上る、親の関係。
あはは、と明るく笑い飛ばせるから、ま。いっか。

親も自分とおんなじ、いつまでたっても未熟な存在なのですね。
というか、人間死ぬまでに完成されることなんてあるのだろうか?

いや、ないだろうね。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

ストマジでロープワーク  

月曜日の夜、石田塾の石田さんに終了点作業の色々を細かく指導お願いしました。

場所は相模原、ストーンマジック。

こちらは4回目くらい?意外と遠くて、一時間半くらいかかります。
でも石田さんは普段は西国分寺のランナウトで講習していらっしゃって、この日は昼に出張でストマジに来てひとこま講習だそうだったので、夜に無理してお願いした次第。

登ることは一切せず、ひたすら外のルートでのさまざまな終了点に対応するロープワーク。

*リングのみの終了点で、手持ちのギアに合わせて結びかえの手順
*スリングのみの終了点の場合
*何も無いときの場合

これらの作業を滞りなくスムーズに行えるまで繰り返し練習する。
細かい点までしっかりと指摘していただき、そのたびにメモを取る。
ものすごい情報量。

頭ではわかっていたことも、実際にやってみると手が止まってしまったり。
意味の無いことをやっていたり。
理由や意味を教えていただいて、いつもモヤっとしていたことをクリアにできた。

ちょっとした小技なんかも、私にとっては目からうろこ。

これでクラックのショートルートへ行ってもとりあえずは心配ない。
マルチのロープワークまでの道のりはまだまだあるけど、まずは最初の一歩。

石田さんどうもありがとうございました。

category: クライミングジム

tb: 0   cm: 0

クリスマスバージョン  

fc2blog_201212082256342a9.jpg

赤と白と緑で、クリスマスバージョン。
生花があるとなんだか空気がみずみずしい。

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

石田塾クラック講習卒業  

平日に石田さんにお願いして、クラックのリード講習をしてきました。

この日の石田さんのブログ

場所は、城ヶ崎、フナムシロックエリア。
PC060076.jpg

比較的簡単なルートが多く、初心者から初級者の練習に適しているようです。

とにかくリードしました。
たしか7本?と思っていましたが、正確には6本のルートを登ってました。

トポにないもの2本
鬼ころし5.7
純5.8
パープルシャドウ5.8
ネッシー5.8

すべてオンサイトでした、よかった。^^

下から見てカムのサイズを予測し、持って行くものを選ぶ。
どれくらい間引いたらいいのかわからず、心配なので余計にぶらさげがち。
これがグレード上がると重くて邪魔になってくるだろうな。
オンサイトは作戦の立て方がかなり重要なのね。
その辺も教えていただきました。

いっぱいいっぱいだとカムのきめ方が雑になってしまう。どうしても。
できるだけより適したところが無いか、観察する余裕が欲しい。

でも、ほんとにクラックって楽しい。
すべて自分の責任で登っていかなくちゃいけない。そこがいい。
これからきっとヒヤッとする場面にも遭遇するだろうと思う。
それも含めて受け入れないと、トラッドは出来ない。


石田塾のクラック講習はこれで卒業としていただきましたが、
これからフリーマルチを目標にするにあたり、ロープワークやギア扱いの不安は拭えません。
これからはそのあたりを含め確実に身につけていきたい。

写真は石田さんのブログより。
パープルシャドウ5.8。
三ツ星のルート。先端にあり登っていて気持ちいいです。
パープルシャドウ

ネッシー5.8。最後に登ったルート。
フレアードチムニーで苦労しました。落ちるかと思った。
ネッシー



終日貸切で暖かく、自分の状態も環境もとても良かったな。
忘れられない一日となりました。

PC060077.jpg

category:

tb: 0   cm: 0

初・城山  

こないだの城ヶ崎に続き、城山へはじめて行きました。

fc2blog_20121204024837fe0.jpg


4人の大好きなクライマーさんたちと一緒です。
YSDさん、YSNさん、MTMTさん、INKMさん。
みなさんものすごく優しくて親切で、前向き。
いっつも楽しく登れます。

YSDさんが声をかけてくださったのです。
なんか、わたし幸せものですね。

初めての岩場で全然わからない自分を終始案内していただきました。

行ったのは新しい『クッキングワールド』エリア。

トマッテーナ10b
 ハングののっこしが悪い。マスターでいったら乗りあげてからでないと届かなかった。
 オンサイトならず。

チンジャオロースー10b
 どうも岩質に慣れなくて滑る気がしてしまう。辛くもオンサイト。

フーチャンプル11b
 ボルダーチックなムーブで楽しい。
 核心はヒールとマントルっぽく使う手、高く上げる足。
 探るも穴にわずかに届かず、RPを逃す。くやしいぃ

YSDさんは11bを見事RP!やった!
ふたりでムーブを分担して解決したって感じでした。

しみじみ思ったのは、みなさんほんとに器用で上手い!力のセーブとかも。
ムーブもきれい。力任せじゃないもの。

それぞれにトライを重ね、寒い中登っていたので冷え切った体に、INKMさんが温かい飲み物をさしいれてくださった。ありがたや。

帰り際、ウェーブロックなるエリアを見学してまわっているうち雨が。
足場が良くないので緊張しました。

かけ流しの温泉に寄り、近くの海鮮料理やさんでカキフライ定食。
なんと800円!!おいしかったー!
カキフライにソースと辛子があうのを初めて知りました。

帰りは新東名をはじめて使いました。


この日、中央道の笹子トンネルで大災害。たくさんの犠牲者がでました。
わたし、実はこの30分ほど前に通っていたのです。
恐ろしくなりました。

こうやって生きているのも奇跡の連続なのかもしれません。
後悔のないように生きなくちゃ。

category:

tb: 0   cm: 0

12/1 昇仙峡  

またもや昇仙峡へ。
ヨシダ師匠のサポート。
その前に山の中にあるボルダーを登ります。

まずはこちら。写真はヨシダさんブログから。
初登はSJさん。3級くらい。
岩がフレッシュで皮を持っていかれました。登れず。
でもかなり面白い課題でしたよー!
shousenkyou1201.jpg

山を登って、移動。
SJさんのプロジェクトのルーフ課題。『ねじれ不動』仮称。
おそらく2段はありそう?
スタートが違う『赤不動』は初段くらい。
見守る師匠。
PC010061.jpg
わたしは『赤不動』をやってみました。
ちょこっと進んだ!

そのうち空が暗くなりぱらっと何かが。。。
PC010062.jpg

雪でした。
雲が流れてきて一時的に降っただけのようでした。
このときミズガキでは吹雪だったとかで、クライマーがこの後こちらへ流れて来ました。

日差しはたっぷりで、雲が隠れると寒いけど思ったよりずっとあたたか。
PC010064.jpg

IMIさんがトライ中のカンテルート。
すごくかっこいいライン。
そして登っているIMIさんもかっこいい!
PC010066.jpg

そして、師匠の登るデイドリームへ。
岩に映る影が印象的。
PC010068.jpg

この日も惜しかった。。息をのむトライでした。

その後はそれぞれのボルダー課題へ。
暗くなったらヘッドランプで。

ユーキ君に会いました!遠いランジの課題を目の前で登っていて感動。

楽しかったな。アキタさん、コードレスさんにも初めてお会いしたし。
みんな強い。がんばろ。

category:

tb: 0   cm: 0

雪山好きのあつまり  

先日、いしわたさんのお誘いでお酒を飲む機会がありました。

メンバーはわたし、いしわたさん、SHOさん、SHOさんのお師匠さまのskialpinistさん

わたしなんぞが場違いな、とかなりうろたえていましたが、みなさん優しく熱い方々で、美味しいお酒とSHOさんの手料理をいただいちゃいました。

パソコンのディスプレイで山の写真や地形図を見ながらあーだこーだ言う飲み会なんて、フツーの人から見たらかなり頭のオカシイ人たちの集まりです(笑

幸せな、ぎゅーっと内容の濃い時間でした。

好きなものが一緒の仲間って、ほんとうにかけがえの無いものですね。
わたしも仲間と、冒険がしたくなりました。

新しい出会いに感謝。
そしてこれからが楽しみです。

今シーズンは色んな方々と滑りたい。経験を積みたい。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 2