浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

12/27 もちつき  

指がまだヒリヒリする日曜の朝。

軽くジョグした後、お花の教室へ。
お正月の生花を生ける。
若松、菊、千両、葉牡丹で。
お花と向き合うことはとても心が落ち着く。
長年やってはいるけど公民館のカルチャースクールなので、自己満足レベル。
趣味がこんなに多くなかったら、きっと深く突っ込んでいただろうと確信してる。

お昼過ぎに実家へ行き、お正月用の餅つきをする。
私以外とっくに結婚して家を出てる姉と妹、頼りになる弟、両親と。
セイロ七つぶんの餅をペッタンペッタンつきまくる。
のし餅、きな粉、アンコ、辛み餅。いっぱい。
その辺にうろちょろする姪っ子甥っ子達。忙しくて大変だけどなんだか幸せだ。

庭じゅうに漂うロウバイと水仙の香りの中での年の瀬。子供の頃を思い出した。


category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

真壁陸二個展「森/叙景」ベイスギャラリー  


mr.jpg

大学の先輩であり、同級生の旦那様である真壁さんの個展。
12/22の平日に仕事を早めに終えて茅場町まで行ってきた。
最終日になってしまったけど、観にいけてよかった!

伝統工芸の街、金沢に引っ越されて、作品にもそこはかとなく墨絵だったり日本画の匂いが。
樹の表現もどんどん洗練され、色もとても美しい。素敵だった。
絵画って本当に自由。
わくわくした。

category: 展示・展覧会・映画

tb: 0   cm: 0

12/26 午後から湯河原幕岩  

前の晩におでんと熱燗飲んじゃったものだから、朝はヨガをゆっくりやって体を起こす。
しっかり朝ごはんを食べる。
あんまりに良い天気なので、お洗濯。
本当は10時過ぎくらいに湯河原へ行ければ、と思ってたんだけど。
ついでに実家へ行って金柑の収穫。無人販売へ出してから出発!

マットを積んで西へ。
海も空もとっても青い。ドライブだけでも十分気持ちが満たされる。
KIMG0525.jpg

幕岩に到着。石田さんの車があった。講習かな?
貝殻岩には相変わらずいっぱい人がいるのに、梅林ボルダーには誰もいなかった。
静かに『秋晴れ』初段を登りたいので好都合。

「がんばれ西村君」を2回登り、つなげた時にもう少し省エネできないかと探ったけど
やっぱり思い切って伸びるしかなさそう。
足はなんとか残るから、問題はそこまで力が残ってるか。

秋晴れは右にトラバースしてトップアウトする。
ひとつずつムーブをばらす。メチャクチャ強度あるなぁ。呼吸がずっと止まってる感じ。
意識して吐かないと。
なんとかつながりそうな気配。でもその頃には肩が終わってしまった。
カチを全力で持って飛ばしでトラバース。
壁にへばりつかないとはがされるから、肩に力が入るのね。

3時間ほどの滞在だったけど、十分。これ以上は指も持たない。
帰ったらムーブをメモしておかなくちゃ。
駐車場で海坊主さん・FKさん・IMさんをお見かけして、思わず手を振って駆け寄ってしまった(笑)
今年最後のご挨拶ができてよかった♪

今日も充実した一日が過ごせて幸せ。

category:

tb: 0   cm: 0

12/17と12/25の海  

ちょっと前の海含め、記録として。

12/17
パークの左。自転車でまっちゃんと現地集合。
風がちょっと入っちゃってる。出来ないよりはマシかなーってくらい。
でも海は癒し効果があるから入るだけで気持ちがすっきり・さっぱりするの。
パークって人がいつもいるよねぇ。他はこんなに居ないのに。できる時が多いからかな。

PC170002.jpg

12/25、クリスマス!
朝8時に茅ヶ崎チサンあたりで集合。
自転車で西に東に動いて波を見てまわる。
PC250003.jpg

この写真は汐小前。ごくたまにショアブレイクに近い、岸よりでブレイクする速い波。誰もいなかった。
PC250004.jpg

入ったのは西へと自転車を走らせN浜。浅いみたいで結構割れてた。
ローカルまっちゃんが言うには、今日は「あんまり良くない」って。
確かに、かなり速かった。セットはすぐにつながってしまうので、間に来る小さな波が良さそうだった。
でもあまりにインサイドなので、板が刺さったら折れちゃいそう。
鈍くさい自分には怖かったので様子見つつ。
これはこれで勉強!数本、比較的切れた波に乗れただけでも良かった。

帰り際にチサンあたりで撮った。潮の具合で朝より良くなってたな。
PC250006.jpg

N浜から家まで、自転車で45分かかった。北風つよくてなかなか進まないんだもの!つかれた。

夕方近くになって駅で待ち合わせて、片瀬江ノ島駅まで。
久々の江ノ島水族館。この日は20時まで営業。
クリスマスのライトアップなど工夫を凝らしていて、そのせいか人出がすごかった。
かわいい海藻のツリーに赤いエビがくっついてたよ。
KIMG0524.jpg

辻堂で降りておでんバーで5時間くらい飲んでた。いいクリスマスだったな。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

12/20 もずがね  

翌朝。

うーん、眠い。
でも携帯の目覚ましが鳴る前に起きてしまった。画面の表示時間は6:30。
なんだかやけに真っ暗だな。日の出前とはいえこんなに暗いかな?
ってゴソゴソしてたら同室のARさんを起こしてしまった。7時に朝食だからいいか、と思ってたら。
まだ6時になってないんですねぇ、というARさんの言葉に「??」ってびっくりした。

どうやら昨夜酔っ払って携帯の時刻設定で変な操作をしてしまったようで、表示が1時間早くなっていたのだ。
なんて迷惑な自分…電気つけちゃったりして、ひどい。酷すぎる。ARさんごめんなさい。。。

じゃあ、また寝るかって二度寝したら朝食でバタバタしちゃった、すいません。

本日もお天気はまず良さそう。
PC200219.jpg

メンバーはそれぞれ漁火やあかねへ。
アーロンさんは声が枯れて風邪っぽいということで残念ながら帰宅。
自分とONさんは浮山橋もしくはバンブーか、といった感じで決まってはいなかった。
前日ONさんは門脇崎あたりを細かく見てきたということで、
面白そうだったという「スクラップ」5.11bのある「もずがね」に行く。

なんと他の2本は12とか13とか、なんだか自分みたいなのは来ちゃいけないような岩場に感じちゃう。
実際、左の「スカラップ」は12d/13aで、登りにいらしていたのはゆかりさん達。
もうね、ものすごいもの見ましたよ。どっかぶり足先行ワイド、目の前で。
登っているのはゆかりさん。さかさま…
PC200236.jpg

ONさんが怖い~!と言いながら「スクラップ」にプロテクションをきめてくださったので、
ありがたくそれを利用させていただいて途中までピンクで登る。
ちょっと自分には前半のムーブはリスキーだったので。
後半は自分でカムセットし、テンションを各駅でかけてどうにかこうにかトップアウト。
もうね、ズタボロです(笑)

別次元の登りを拝見しつつクライミングが出来るのはいいけれど、
それに比べて5.11bでもヒィヒィ言ってる自分の登れなさには苦笑い。
ん?…おいおい、麻痺してるぞぃ。
ついこないだ5.11登り始めたばっかりなんだからそんなの当たり前なんだってばさ。
PC200235.jpg

ここもずがねはどれもワイドカム必要だね!出だしなんて右上がりのフレアしたOWだし。
奥のジャム、決まるところがわずか。右手ガストンはつるつるスローピーだし、
難しいったらありゃしない。長いし神風よりずっと大変に感じた。
何回も登って少しづつムーブを解明していかないとダメだろう。
もう少し低いグレードをたくさん登ってから訪れてたほうがいいのかもしれないな。

ONさんもやはり前半には苦労、二人してこてんぱんにやられて帰るのであった。
出来なければ出来ないほど、奮い立つものだ。
もう少し強くなって戻ってこよう。
PC200247.jpg

ちょっとだけ時間があったので、ONさんの案内でウロウロして門脇南エリアや
灯台下のトップダウンのルート「ストマック」なんかも偵察したりした。
PC200258.jpg

このエリアは来たことが無かったので、次の機会のいい下見になった。
そして自分よりずっと上のレベルのクライマーがどんな風にしてRPを目指すのかを
垣間見ることが出来てとても良かった。

久々に週明けの体が酷くバキバキだったとさ。

category:

tb: 0   cm: 0

12/19 かさごね(神風)  

先週末は楽しみにしていた石田塾メンバーの忘年クライミング@伊豆。
大重丸に泊まって2日間、暖かい岩場を満喫。

*****************

土曜日の朝。
日の出前に出発。空には雲がわずかしかなく、冷え込んですっきりと晴れている。
海沿いに出て車を走らせていると、水平線から太陽が漏れてくる。
ちょうど雲の後ろにオレンジ色の光が当たり、雲の輪郭に沿ってくっきりとネオンサインのようなラインが。
さらに酒匂川あたりでは、海から蒸気があがり一面広大な草原のような風景に。
それはそれは幻想的で、これを見れただけで今日一日は素晴らしい日だったと言えそうなくらいだった。

伊豆高原へ。いつもの駐車場でSRさんと待ち合わせ。

そう、SRさんは本日ビレイヤー専門。贅沢なことに私が登るのに自分の時間を使ってくださるのです。
以前湯河原幕岩のボルダーをアテンドした時のお礼ということですが、本当にありがたいことです。
「誰かが登るためには誰かがその人ために使う時間が必要、それはお互い様」っていうことをおっしゃるSRさん。
自分もそう思えるようになろう。

懸垂地点に到着。
「神風」5.11bはここに上がってくる。
PC190146.jpg

今日は西風、かさごねの東面は穏やかで海も透き通って見える。
PC190147.jpg

緊張するSRさん。自分がファーストで懸垂下降。ふたりとも無事到着。ロープはそのまま残す。

前回からそんなに経過していないので、記憶も新しい。メモもとってある。
ルートを目視しながらイメージをつくる。
PC190151.jpg

アップを下りてきた5.9ですませ、一便目。
うん?核心の一連のムーブに入る部分。手の向きと足位置がまだ洗練されていなかった。
前回はそこを飛び越えてデッドの部分にほとんどを費やしたからだ。

早々にテンションし、探る。
手の順番と効かせる体の方向、足を上げることを見出す。
プロテクションも見直し最終決定。
トップアウトして上部のムーブも再度確認しておく。

昼前、二便目。
ムーブも決まってあとはスムーズに動けるか。
が、デッドの一手でガバホールドをとらえきれずフォール。

昼過ぎ。三便目。
さっきフォールしたところまでカムが残っているため、登りながら抜いてセットをし直していく。
ハング下でレストし、決心して出撃。
強度の高い、呼吸が止まるようなムーブが続く。
左足の小さなフットホールドを必死に搔きこみ、体幹で耐えてその左足一本で狙いを定め、デッドで飛ばす。
よし!取れた!と思ったら足が切れた。
足ブラになるも手はしっかりガバを持てていたので必死で右足を高く上げる。
右手もガバにマッチして、効かせつつ体を上げてハンドジャム。これで核心は抜けた!
カムを急いでセットし、あとは確実に上がっていくのみ。

目の前に自分が作った終了点が現れる。終わった…!
PC190159.jpg

ちょうど登った瞬間、観光客のカップルが「うわ!ここを登ってきたんですか?!」ってびっくりしてた。
男性が大きな一眼レフを持っていて、バシャバシャ撮られた(笑)

登り返しは5.9で、トップロープで上がってSRさんをフォローで引き上げる。
ここ、かさごねはマルチの技術がないとなかなか取り付けないね。
おかげでいつも静かなクライミングが出来るんだけど。

14時半には駐車場へ。温泉に1時間以上も浸かってリラックス。
夕刻お宿へ戻り、皆さんと本日の成果やディープなクライミング談義をしつつお酒を飲みつつ。
酔っ払いばかりを生み出して夜は更けてゆくのでありましたw

本当に良い1日になった。
正直、こんなに早くこの「神風」を登ることができるとは思わなかった。
春はわずかな可能性すら見出せなかったのだから。
成長したのだ。思い出すたび心の底からジワジワーッと嬉しさがこみ上げる。

SRさんには感謝の言葉しかありません。
本当にありがとうございました。

category:

tb: 0   cm: 2

鈴木英貴さんの言葉より  

12/15火曜日。
夜の八時半から三鷹のジャムセッションにて、鈴木英貴さんのスライドショーがあった。

私は芸能人やどの趣味のジャンルでも、有名人には疎い。
DVDを観る習慣もあまり無いために名前なども詳しく知らない。
でも、鈴木英貴さんの来日については周りのクライマーがこぞって『これはすごいことだ!』って言っていて。
野球界でいうと王貞治とかなんとか…。
そりゃ知らないと恥ずかしいし、それだけのレジェンドがすぐ近くでスライドショーをやってくださるというのだから
自分なりに調べてみて驚く。

ジョシュアツリーのスティングレーというクラックルートの初登者。当時の最難。
そのスティングレー、23年間?再登されなかったとか。
なんと再登は最近日本に来たソニー・トロッター。

そして今はハワイにてカイトサーフィンに夢中だということまで。
実はそこにとても興味を持ったのだ。
ずっと山と岩の世界にいて、スパッと海のスポーツへ移るとは。どんな方なんだろう。

*****************

ジャムセッションには早めに到着。せっかくだから登りたかったし。
室井さんの垂壁からスラブあたりの課題、やっぱり面白いんだよなぁ。
あんまり他のジムで無いタイプの動き。

木枠のクラックが途中に入る4Qなどもやったりしてるうちに前半スタート。

今井孝さんと鈴木英貴さんの対談。
私は存じ上げなかったのですが、今井さんはこれからが楽しみな若き強いクライマー。
なんとこの日スティングレーを登りに行く為に日本を出発されるとか。期待してます、頑張ってください。

後半は世界中の岩場と、共に登ったという友人方が次々と映し出されるスライドショー。
サラッと話されるんだけど、『え?それって半端なく凄いんじゃ…』ってことがポロポロ出てくる。

来ていた中では、もっとスティングレーやクラッククライミングについてディープな話が聞けると思っていたクライマーがいたかもしれない。
そんな期待を鮮やかにかわして、石灰岩のスポートの岩場やボルダリングの風景が映される。
そんな鈴木英貴さんの姿に、おおらかさと見ていらっしゃる世界の広さを強く感じた。

スライドショーの最後の質問タイムで、私がサーフィンについてちょっと質問をした。
それについて鈴木さんが
『クライミングもサーフィンもとても面白いし魅力的で、お互いに繋がることがあり両方楽しむことはとても良いと思います』
って言ってくださって、背中を押してもらった気持ちになってとても嬉しくて涙が出そうになった。

『世界へ出よう、こんなにも楽しく、素晴らしい。』

それがメッセージだった。
もっと若い、これからのクライマーに聞いてもらいたい言葉だった。

********************
鈴木英貴さんの言葉から

・一番美しいスタイルで登ることを目指す、それは落ちないと思う場所ではプロテクションを取らないし、フリーソロをしていたのも美しい行為と感じるから
・グレードを伸ばすにはそのグレードのルートをどんなものでもたくさん登ること
・クライミングで一番大切なのはテクニック
・フリーソロをやっていても死なずに済んでいるのは、次の一手に失敗の可能性を感じたら必ずクライムダウンしているから
・ハワイは自分の居場所、世界中で一番しっくりくる
・人生は何度でもやり直せる、広い世界に出よう、いっぱい感じ取ろう

category:

tb: 0   cm: 0

雪崩情報について考えた  

12/13日曜日。
渋谷にてJAN(日本雪崩ネットワーク)の雪の掲示板の登録者研修会。

朝から雨模様で自転車が使えないため駅までバスを使ったんだけど。
テラスモール渋滞でとても時間がかかり、間に合う電車を逃しそうだったので
バス停を途中下車し駅まで10分弱のダッシュ。電車がホームに入ってきていてギリだった。
日々のジョギングの成果だわー。

渋谷のレンタル会議スペースには掲示板の登録をしている会員のかたが10数名。
水上のBCガイドさん・気象のプロのかた・登山ガイドさんなどレベル1の資格は当然の世界。
石田塾つながりの常吉さんがいらして、すごく心強かった。

事前に提示されていたお題を各自で考えてきて発表する。

緊張していたけれど、終始和やかで意見も活発に出るし、発表しやすかった。
何より、発表することで自分なりに考えをまとめ、
ノートに書く行為を通して頭の中が整理されとても有意義な研修になった。

17時には終了。

交流会というべきその後の飲み会。

これがとっても盛り上がり、ある意味ハイライトなのではないかという感じだった(笑)
強く感じたのは、どの方も熱い想いを持って活動に参加しているということ。
雪山が好きで、滑ることが好きで、仲間が好きで。
大事な仲間を雪崩で亡くしたくない、という願い。

近年確実に活動が知れてきて、BCを趣味とする人たちの安全に対する意識は
どんどん良い方向に変わってきてると感じる。

これから先、雪崩で亡くなる人をひとりでも減らすことが出来るよう、自分が出来ることで協力していきたい。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 2

パウダーミーティング  

パウダーミーティングって何のこと??

と思われるかもしれません。
要は雪山のパウダースノーを滑る人たちとの飲み会です(笑)
国王ことOZWさんのもとに集う変態的な?スキーヤーと^^;

午前中に海を満喫し、冷えた体を半身浴で温める。
馬車道駅近くのお店に17時半集合なので
午後はB-PUMP2でも行って登ろうかなーなんて思っていたけど、
海で満足しちゃってゆっくりめに出発。
横浜のカモシカスポーツにてBC用のザックを二つばかり試着しクライミングギアを少々買い物。

ミーティング会場は「モンゴル料理 GALA」
入るなりびっくり、内装がモンゴル民族の住居ゲルそのまま。

料理は羊羊羊。
食べられないわけではないけれど、匂いが独特だなぁという認識だった。
でも、ここの羊肉はとても美味しかった。匂いも食べ慣れると牛のほうが臭いかも?とか思うくらい。

蒸留した牛乳の焼酎や漢方人参のきつーい焼酎もあり。

しかも衣装をお借りして好き放題写真撮影まで出来るというw
20151215000546852.jpg

顔の色、黒っ!

さすがのYSNさんセレクト。とても良いお店でした。気に入ってしまった。

移動して2次会、23時過ぎまでよく飲みました。
NTG君のところの天使・小雪ちゃんの動画と写真みせてもらっちゃった♪かわいいー。

相変わらずの皆様でとても安心。
今シーズンもお世話になります。よろしくどーぞ。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

12/12 茅ヶ崎チサン  

この週末は雪山関係のイベントで岩はなし。
ちょうど波がある朝だったのでうれしい限り。

前日の台風のような低気圧によって南西風が吹き荒れ、海沿いのサイクリングロードは砂がてんこ盛り。
その度に自転車押していたのでいい運動になった。

辻堂正面、第二Pあたりは結構サイズがあるように見えた。
ちょっとつながり気味だったので、もう少し西へ移動してチサンへ。

いい波だった。週末なので混雑は仕方なし。
気を使いながら2時間半弱。

オフショアが強く、板があおられがちではあったけれど、うまくポジションを選べば気持ちよく乗れた。
PC120002.jpg

PC120004.jpg

さて、これから横浜へ。
滑り仲間とシーズン初めのよろしく飲み会です。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

アバランチナイト・東京  

今年も日本雪崩ネットワークによる啓蒙活動、アバランチナイトが開催された。

アドバンスセーフティキャンプを受講して会員になってから、
出来るかぎり受付のお手伝いをすることにしている。

今年はキャンセルを少なくしようと申し込み受付日を遅らせたのだそうだけれど
なんと受付開始したその日のうちに満席になってしまったくらい人気。

ここ数年、周知がされてきたのか本当にたくさんの希望者の方がいらして、いい傾向。

時間の30分前にどうにか到着すると、すでに会員の方々が準備をされていた。
続々と参加者の方が。
見覚えのある人・友人・名前は知っている人、いっぱい。

シーズン初めには基礎的な知識を聞いて再確認したいし、
気を引き締める意味でも後半にある事故事例紹介は興味深いもの。

こうして少しずつ、雪山で遊ぶ人に雪の怖さと安全のための知識が周知されていくといいなと思った夜でした。

category: バックカントリー

tb: 0   cm: 0

しあわせって  

雪山(スキースクール)で出会ってから10年以上の付き合いで、山に海に一緒に行った
私の数少ない友人のひとり、しまちゃんが結婚した。

五月に入籍、そしてこないだ茅ヶ崎のMOKICHIで披露パーティーがあった。

駅から歩いてちょっとの、初めて行った会場。
醸造所のほうのレストランには何度か行っている。でもこちらはまだ。
とても感じの良い、大人の雰囲気。
湘南ビール各種がどれでも飲み放題というのもうれしい。

そんなことはどうでもいい。

もう、言葉にならないくらい素敵なパーティーだった。

旦那様はお二人のお子さんがいて、しまちゃんは二人にも愛情たっぷり注いでいる。
お姉ちゃんは大人っぽくてとってもかわいらしく、ダンスが上手で
弟君はやんちゃ盛りだけれどしっかり司会もやって、家に遊びに行ったときの顔と違うのでとてもびっくりした。

パーティーの最後、お姉ちゃんが壇上でダンスを始める。
そしてしまちゃんの手をとり壇上へ引っ張り出し、家族四人で振りを合わせて仲良く踊る。
見たいのに、涙でにじんで見えなかった。

思えば、長野北志賀での出会いから始まり、滑りにも行ったし
北茨城へのサーフトリップ。伊豆や千葉にも行った。
飛行機に乗って宮崎まで行ったこともあった。

お互いにいろんな人と出会い、別れ、その度に励ましあった。
私なんかよりずっとずっと辛い目に遭遇しているの見てきているから、こんな日が来ることを待ち望んでいた。
うれしい。

本当におめでとう。しまちゃん。

20151212141202765.jpg

category: おでかけ

tb: 0   cm: 2

12/6 湯河原幕岩ボルダー  

城ヶ崎の次の日。日曜日。

この日は湘南国際マラソンが国道134号線と西湘バイパスを使って開催された。
まっちゃんはフルマラソンに出場。早朝エールのメールを送り、湯河原へ出発。
早く行かないと通行止めになっちゃうので。

吉浜の波は小さい。この日は西うねりだからねー。。

駐車場に到着。さて、昨日のムーブをメモにおこすか、
と思っていたら本日のパートナーSRさん到着。

そう、この日はアテンダントなのです♪

ついこないだ、メパンナさんとのボルダーツアーの日記を見て、SRさんが興味を持たれたのです。
実はマットも購入予定だとか!わーい、仲間が増える。

SRさん、外ボルダーは初めて。まずは下地の良い桜岩へ行くことにした。
ここには7級や6級の思い切り動ける課題がある。高さも適当。

東面の7級・6級からはじまり、北面のSDスタートの6級。
これは会心の登りでしたね!ジムっぽくて良い課題。

自分は南面のノーズ2級のバリエーションをやってみようと限定スタートホールドを触るも、離陸できない!
SRさんが探ってくださったムーブがなんとバッチリ、引く方向をうまく生かして届くではないですか!
ルートクライマーの得意な「力を使わないムーブを見出す」ことがしっかり身についているのですね。
おかげで登れました♪

5級は抜けのマントルが良い練習になる。写真はSRさんのブログから。(すいません拝借しました)
KIMG0138.jpg

移動して、米粒岩へ。
このスラブ4級はきっとやりがいあるだろうと、トライしてもらった。
KIMG0140.jpg

数回探って、完登!
怖さをコントロールし確実に足を置いて。
トップアウトした時のお顔は良い表情していましたよー。

その後は梅林ボルダーへ。
アイアンメイデン3級で指を派手に流血させてしまい、SRさんが手際よく処置してくださって助かりました。
さすが獣医様。

テーピングでグルグルな指なので、「秋晴れ」初段のムーブばらしをマイペースで。
つなぐのが核心という課題、まったくそのとおり。しばらく楽しめそう。

今度は是非「がんばれ西村君」をリベンジに来てくださいねー。

他の岩も少し見てまわり、早めの解散。オトナ~w
連日の激カチ握りで指の中が痛いけど、なんだかこういうの久しぶりでちょっと懐かしかった。

またボルダー行きたい時はぜひ。御岳もしばらく行ってないなー。
お疲れ様でした!

category:

tb: 0   cm: 2

12/5 かさごね(神風)  

シーズン初の城ヶ崎。
気合十分のONさんとかさごねの「神風」をやりに。

春にトライした時は、まったくRPのイメージがわかなかった。不可能要素が多すぎて。
だって、きめられるかわからないナッツを最後のプロテクションにして、そこからランジだったから。

だから、ムーブなにも、メモすらとらなかった。それがのちに後悔することに。

***************

快晴の土曜日。
伊豆へ向かって車を走らせる。
海から卵黄のような太陽が海からとろんと上がってきた。とても良い朝だ。

伊豆高原駅でパートナーのONさんをピックアップし、かさごねへ向かう。
帰ってきたなー。ここだ。
PC050099.jpg

前日の金曜日は冬型で強い西風が吹いていたそうだけれど、この日は風は穏やかで、暑いくらいだった。
東伊豆は冬型の西風をかわすんだね、波もまったく問題なかった。うねりはちょっとあったけれど。

アップで懸垂で下りてきたほうのルート「力」を使ってトップロープでアップ。
ONさんが先にトライすることに。
登るぞという気合がビンビン伝わってくる。

カムセットはよどみなく、ムーブも迷いが無い。
それもそのはず、春にムーブとプロテクション作戦を詳細にノートにメモしたとのこと。
往きの電車の中で繰り返し読み返しイメージを叩き込んだんだって。

そのあたりの情熱は本当に見習うべきだなぁと。影の努力なくしてレッドポイントなし、ってものだ。
PC050110.jpg

そしてなんとですよ、一発で完登!するする登ってしまいました。
トップアウト後のうれしそうな顔ったら!

いいなぁ、私も登りたい。

イメージもないままにとりつく。
案の定ボロボロに。
カムはなんとか少し覚えていたけれど、ムーブの細かい手順、使うホールドがまったくわからない。
PC050123.jpg

ランジのホールドが絶望的に遠い。こんなに遠かったっけ…?
出来ない原因と理由がまったくわからないまま、カムを残してロワーダウン。

お昼を食べながらルートを見上げては考え込む。
PC050129.jpg

再び途中までピンクポイント状態でトライ。
やはり、届かない。
やけっぱちでこうなりゃ途中のホールドに中継だ、と目の前に見える棚にデッドで手を出す。

「あれっ」

この感触覚えがある。これじゃないの?
そう、目指すホールドを間違えていたのだ。

「ばっかじゃないの…!」

自分のお馬鹿さんぶりにあきれて笑ってしまった。これだけ無駄に力使っちゃって、もう登れないじゃん。
すごく前向きに考えるのであれば、春に遠く見えていたホールドが近くに見えるようになったということか。
足を残してデッドで取れるようになったんだし、よしとしよう。
それにしても、遠いイメージって怖い。飛ばなきゃ取れない距離だと思い込んでしまった。
ルーフだから、下からだと良く見えないんだよね。

今日はムーブばらしと割り切って、トップロープ張るのにONさんが回収のため登ってくださった。

ようやく光が見え始めた…!
PC050138.jpg

帰ったらちゃんとメモしよう。こんどこそ。

それにしてもあったかくて良い日だった。城ヶ崎でのクライミングは肩の力を抜いて思い切り動ける。
ミズガキや小川山もいいけれど、ここはここで好きなのだった。

ONさんおつかれさまでした!本当におめでとうございました^^

category:

tb: 0   cm: 0

久しぶりの風邪  

週末は城ヶ崎と湯河原幕岩。
指がボロボロ、体バキバキ。

そのせいなのかどうなのか、週明けからどうも節々が痛くてだるい。
ありゃ、風邪ひいたかな?

日記も書きたいけれど、早く寝ます…

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

最近の海  

うーん、もう忘れている…。

11/15 汐小前。
そうだ、早朝、ビッグロック日吉へ行く前に入ったのだった。
けっこう良い波だったはず。雨降り。
PB150001.jpg

PB150003.jpg

******************

11/29 辻堂正面の左側。腰くらい。
日曜で人は多いけれどどこでも割れていたのでさほど気にならず。
良いお天気で波乗り日和。
PB290007_2015120400323353c.jpg

PB290008_20151204003235dba.jpg

********************

12/3 汐小前。
昼以降サイズアップして、サーファーも少なめ、速い波でショート向き。胸くらい。波数あり。
一時間だけ、でも十分楽しめた。
PC030011.jpg

PC030012.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0