浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

3/5 浮山橋  


先週末のハナシ。


土曜日に辻堂T-サイトで目の保養をして充電たっぷり。
出来てすぐに行ってからしばらくぶりだったので、ミナ・ペルホネンが入っていたのを初めて知った。
かわいいファブリック、綺麗な雑誌、使いやすそうな器や文房具たちを愛でて、
夜はまっちゃんと軽く飲んで就寝。


日曜日は日帰りで浮山橋へ。
のりさんと久しぶりにふたりで。おしゃべりしながらの車内はいつも時間を忘れる。

お天気もいいし、ポカポカの浮山はやはりこの日も賑やか。

誰かが石を絶妙なバランスで積んでいたよ。

CIMG0489.jpg

この日はできればゲルニカを登りたかった。核心は何度もやっていたし、ムーブもだいぶ固まっていた。
でも、一回目はやっぱりうまくムーブの再現ができなかった。。。

核心の一手が取れても、その次もなかなかどうして、成り行きで登れない。
ロジャーさんから足順のアドバイスをいただいて、かなり希望が見えた。

のりさんは「トラベルチャンス」を。
プロテクションが心もとないのでナッツを使うところがあるんだけど、
使い慣れていないということでロジャーさんのナッツ講習が急遽開講。

臨んだトライで見事一撃。やっぱりのりさんのフェイスムーブは美しいのです。

順番が来るまではスコーピオンをトライするKNさんやTNKさんのトライを見学したりしていた。
皆さん、本当に真剣で惚れ惚れする。
あんなふうにあのルートに取り付ける日が自分に来るんだろうか。

刺激をたっぷりいただいて、自分のゲルニカのトライが回ってきた。
「よし!やれるだけやってみよう!」
気合が入りすぎたり気持ちが入れ込み過ぎるといつも空まわりするので、適度に気楽を心がける。
「登れなかったら登れなかっただ、またやればいいだけ。」
そうつぶやいて登り始めたら、力が程よく抜けたみたいで上手いこと核心を突破。

ハングもなんとか抜けて、ようやくRP。
充実のルートだった。これは本当に面白い。何度やってもいいかも。

それにしても、女性にとってゲルニカの核心は5.11台に感じるよね、という話になった。
本当にそうだと思う。
あの難しいジャミングが苦労少なく出来るようになれば自信はつきそうだ。

この写真は一回目の時。TNKさんが撮ってくれました。すごうれしい!
このアングルから見ると、本当にピカソの「泣く女」にそっくり!感動した。
目のところの影といい、鼻といい、髪の毛といい。
センスを感じる名づけ。

image1.jpg

weep01_201703072325184fc.jpg

のりさんも果敢に核心をムーブを探って、充実した1日。
帰りの温泉も気持ちが良かった。さっぱり。

半袖で登れる日向の岩場はいいな。
もう少し、通いたいところ。

category:

tb: 0   cm: 0