浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

8/25 辻堂  


期待していなかったこの朝、ウェーブアラームのメールが来て急いで海へ向かった。

暑かったので薄着で入ったら水も温くて気持ちよかったな。
夏なんだから入れるなら水着で波乗りするべきかもな。

そのためには体の維持が必要不可欠!笑

コンパクトなサイズだったけど結構たのしかった。

001_20170831225824bb6.jpg

002_20170831225826f07.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

週末  

記録はまた後ほど書きます。


週末は小川山、とても良い条件のなか冒険を成功させることが出来ました。

まとめるのが時間かかりそうなので、更新は少々お待ちください~。

category:

tb: 0   cm: 0

8/22 北千葉・一宮  


土曜日にひとりで訪れた一宮。

今日はまっちゃんとふたりで。
朝8時半に規制されているはずの左側は、なんとこの日から解除。

ということは人が分散されるね!

東浪見とかに南下してもよかったのかもしれないけど、時間がもったいないのでここに決定。


入って2時間弱の間は風も比較的弱く、ちょっとヨレがありダラついた厚い波だったけれど
腹~胸サイズでそれなりに波数もあって乗れた。

途中から情報が更新されたのか人がある時間から急に増えて、
しかも風がまわって面がざわついてしまい正午に上がった。

その後はランチでKOBUTAへ。

のんびり帰って、と思ったら眠気覚ましに飲んだカフェインが原因でトイレが近くて困った。
海ほたるに寄ったら普通車の入場待ちの列!やばいよー間に合わないよー。

大型車のレーンに入って係員さんに事情を話したら
「トイレ対応」ということで入れてもらえて危機一髪だった。

地元に戻り、銭湯で潮と汗を流して一日が終わる。

楽しかったー。だいぶ板に慣れてきた。

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

8/20 久しぶりのJ  


この日はハシモトさんとクラックを登る予定だった。
でもまたもや前日の夜の豪雨・予報が微妙。

さすがに午前中しか登れないことが4週間も続くのはつらい。。

ということで効率を考えてジムトレーニングに変更。

いつもの門沢橋ではなく久しぶりにJ-Wallへ。

前回はいつだったか。。。6月?
リード壁がすべてリニューアルされていた。

調子が出てくる以前に登っていたこともあり、自分が果たしてここでどれだけ登れるのか、
全く想像がつかなかった。

ホールドの色が統一されているレッジに慣れてしまって、テープを探すのに苦手意識がある。
とにかく楽しく登りたくて手足限定ではなくて足自由ルートを中心に。

お、悪くない。

以前は5.11台後半は何便もかかっていたけれど、意外と1回で登れたり。
さらには右壁のカチ系の5.12aが二便でRPできたりと、自信がついた。

これは収穫だった。少しは登れるようになってる。

だいぶ蒸し暑い室内でもそれなりに出来てるんだから、よかった。。。

4時間ほどトレーニングをして、帰宅。

だらだら登るのではなく集中して練習できたと思う。
ハシモトさんありがとうございました!



category: クライミングジム

tb: 0   cm: 2

8/19 北千葉・一宮  


またもやイマイチな予報の週末。
湘南はここのところずっと波がない。

北千葉は唯一有りそうだったため、朝起きて急遽行くことに。

一宮は近い。2時間でいける。
7時前に出て9時には着替えていたものな。

波は腹~胸くらいで風は弱く、一番右なら混雑はさほどなかった。
2時間半やって、お昼に上がった。
厚くてタルめの波質だったけど十分楽しめた。

うちに帰ってもまだまだ明るい。

良い1日だった。

KIMG1067.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

8/13 小川山・裏烏帽子岩  

お盆休みに突入。

と言っても自分は普通の週末。金曜日はお仕事でした。

実家のお盆準備が色々忙しいので、土曜日はそれを少しでも手伝うために充てた。
夏野菜は盛り、種類が多く無人販売の棚に並べるだけでも結構大変。
午後はお墓へ行って、無縁仏さんと先祖が世話した没したお寺の坊さんのお墓に献花。
うちのお墓にもお線香。

盆の入りは翌日日曜、迎え火のときに両親が改めて行くということで、ひとまずここまで。

なんと言うのか、これをやっとかないと気が済まない。
私はお盆でもじっとすることなくそのうち出かけちゃうから。

****************

ということで、日曜は日帰りの小川山。
予報では日中晴れ間が出るらしく乾くのではと期待して。

廻り目平ではNMさんがひとり前日入りしていた。
先日NMさんとラストリゾートを登った時に目の前に見えた壁。

過去に岩と雪のクロニクルに発表されたものの、
不遇でトポにもどこにも載らず、アプローチも大変で忘れ去られたルートのようだ。

情報はありがたいことにすべてNMさんがあらゆる方法で調べてくださった。
土曜日は単独で行って偵察してきたそうで、いっぱい写真を見せていただいた。
ルートはそれほど長くはなくそこまで難しいものではなさそうだ。でも何が起こるかわからない。
この壁は十分に自分たちの冒険心を満たしてくれる予感がする。

朝の乾き待ちの時間調整で、写真を見ながらあーだこーだ推測するのは本当に楽しかった!

*************

さあて、出発。
裏烏帽子の岩はどうなっているのやら。。。?

湿気のこもる森を上がっていくと、ぬらぬら光るスラブが見えた。
あれまぁー…。
こりゃ今までで一番コンディションが悪いな。

この日やろうと思っていた「登攀のすべて」は中盤のシンクラックからスラブあたりがびっしょりだった。
それでも晴れるという予報を期待して、準備してアップにいつもの烏帽子レイバックを登る。

おかしい。晴れるどころかガスが下りてきちゃった。
やがてぽつ、ぽつ、と水滴が。

え?うそでしょー。。
っていってもうそじゃなーいw

そのうちザザーって降りだして、はい撤収!

時間にして11時ごろ。早かったなー。

汗もろくにかいてないのでそのまま下山、
きっと渋滞がすごかろう、今のうちに帰るべし。ということでさっさと帰路へ。

おっと、ナナーズでキャベツくらいは買って帰ろう。

境川でご飯食べて、どんどん長く伸びそうな渋滞をさけてまたもや道志みち。

おかげで月曜日のぐったり感がなくて週の始めが調子よかったぞ!(笑)
NMさん、色々ありがとうございました!

category:

tb: 0   cm: 3

8/10 ジムでグレード更新  

週に一回の門沢橋のジムトレーニング。

周りには頻繁にクライミングジムに通っている人が多くて、私はとても少ないほうだと思う。

本当はもう一回くらい平日にボルダーで登るくらいがいいのだろうけど。
室内があまり好きでないためなかなか足が向かない。

ジムで夜遅くなって朝起きれないくらいなら、早く寝て早起きし走ったり海に行ったほうがいいと感じてしまう…

そんなんで、2時間ぐるぐる登りたおす持久力のトレーニング。

その中でピークはだいたい5.11d~5.12a。
今日ついに初めて5.12aが登れた。ルーフのど真ん中、松島アキトさん作。
いつもその日に一回しかトライしないので、ずいぶん時間がかかってしまったな。

最初はクリップが下手でどうしようもなかったけど、週に一回でもやっていればだいぶサマになってくるものだな。

お付き合いくださるハシモトさんのおかげです。ありがとうございます。

これからもマイペースで頑張っていこう。





category: クライミングジム

tb: 0   cm: 2

8/9 汐小前  


台風が二つに分裂し去っていった。

風がうねりを残してくれて、とても良い波だった。
腹~胸くらい。

ホームの辻堂は混雑気味だったため、駐車場のないここへきた。
正解だったと思う。

満潮近くでちょっと割れづらかったけど、セットは形良く、人も少ないしかなりたくさん乗れた。

すごく楽しかった。5号ありがとう。被害も少なかったし、ほっとしたよ。


入る前
001_2017081001132523f.jpg

004_201708100113269b5.jpg

005_20170810011328260.jpg

上がった後
006_20170810011329c8a.jpg

007_201708100113312c9.jpg

008_20170810011340f54.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

8/7 汐小前  


月曜日。台風5号は九州の南あたりにいるころ。

だいぶ西からのうねりなのと、距離が週末より離れたため波のサイズは落ちた。
それでも腹くらいは。

風が中途半端なオンではあったけど、見た目より入って乗ってみると楽しい波だった。

みんな週末のパンチある波で疲れたのか、どこもかなり空いていた。

乗り放題。

001_20170810010554737.jpg

002_20170810010555146.jpg

003_20170810010557242.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

8/5-6 小川山・裏烏帽子岩  


予報に悩まされた一週間。
これも台風がのんびり移動しているからなんだけど。

その台風5号からの恩恵で波があったので、雨が~とか言えないな。
登れただけでもよかった。

***************

8/5土曜日。NMさんと裏烏帽子岩へ。

予報では午後から雨マーク。
いつ降り出すかはまったくわからない。やれるだけやりましょう。

裏烏帽子は初めて。
ラストリゾートがある烏帽子岩西面とは違う場所になり、最終の分岐で右か左かの違い。

そこまでは1回来ているので迷うことはなかった。
2回目になるとだいぶアプローチの時間が短く感じる。
それでも蒸し暑かったので汗だくになった。

見えてきたのはこの壁。スラブから始まる「ミスナチュラル」が目の前。
このすぐ左手に「登攀のすべて」「ロケットマン」などがある。

mgUZpf5h.jpg


まずは二人で「烏帽子レイバック」5.8をアップで登る。

_JVL8Y7-.jpg


三本の☆付きルートがある中、
「いちばんやりたいのをじゅんさんが先にオンサイトトライしてください」とNMさん。
なんとありがたい。でも怖い、いつものこの気持ち(笑)

「登攀のすべて」は乾いていそうだしすごく面白そう、
でもクラックがズドーンと突き抜けてる「ロケットマン」も捨てがたい。

前回ラストリゾートで花形の2P目をリードさせてもらってしまったので
NMさんにはぜひ「登攀のすべて」をOSトライしてもらいたかった気持ちもあって、「ロケットマン」。

KIMG1061.jpg


このルートは5ピッチからなるマルチになっているようだ。

出だしはいつも濡れているみたいで、右にある大きな木の根を掴んでフレークに取り付くとのこと。
濡れてるというか、びしょびしょだった。。。

フレークもトラバースしてからのハンドクラックもバケツの水をかけたみたいに滴っていた。
ハンドクラックはトラバースする前にサイズが見えなくてとても恐ろしかった。
ちょっと広く見えて、一番苦手なサイズだったらどうしよう、とかなり逡巡した。
足を送ろうにも濡れているし、これを選んだことをちょっと後悔したくらいだった(笑)

94x2XWpm.jpg


しかもこのルート、結構な長さ。25mある。良い足場でしっかりレストできるところがない。
真っ直ぐなクラックに純粋なジャミングが続くのならいいけれど、
バランスを崩され体幹を使うようなムーブになることが多く疲弊する。

前半の濡れたパートでかなり消耗したのでギリギリだったけど、なんとかOSができた。

ハッキリ言って今までに登った5.10のクラックのオンサイトトライで一番怖かった。
以前、唐沢の滝右壁の「スタートライン」っていう5.10b/cのルートを登ったけど、あれが次点かな。

終了点を作って、NMさんもトライ。

なんとあんまりお腹に入れていないまま登り始めたそうで、貧血気味になってしまったそう。
途中クラックに挟まっていた木の根を掴んだら抜けてしまってフォール。
いわゆるシャリばて?そういえばロジャーさんがトワイライト登った時も顔が真っ青だったな。。
同じように朝ごはんをあまり口にしなかったとか。

長いルートはエネルギーを消耗するのですなぁ…覚えておかねば。

そのうちパラパラと雨が降り出し、やがて本降りに。
岩もびっしょりになりこれは諦めましょう、と下山。

時間も早いしゆっくりお風呂に入って、ストレッチして、
夕ご飯はかなり久しぶりに「中村農場」へ行ってみた!

KIMG1063.jpg


私が選んだのはレバー丼。
レバー・モモ・ムネ肉がすき焼き風の味付けでご飯に乗っており、好みで生卵をかける。
これ、とても美味しかった!
NMさんはこちら初めてだったので名物の親子丼でしたよ。

次の日は瑞牆予定だったんだけど。。。コンディションの情報がみんな悪いほうばかり。
翌朝決めることにして車の中で就寝。

****************

翌朝。
厚めに雲が覆っている。

ハシモトさんと待ち合わせのコンビニで相談、
ライブカメラで朝から晴れている小川山に決定。

連続の裏烏帽子だったけど、昨日半日だったので来れてよかった。
NMさんもSTさんと相談して裏烏帽子にしたとのことで、
先に烏帽子レイバックを登られていた頃、自分たちが到着した。

前日の雨のせいかとても蒸し暑くてたまらなかった。
アプローチの30分で息苦しくなったくらい。
「ミスナチュラル」の出だしスラブは案の定水浸しだった。

でも登れること自体ラッキーでしょう、きっとどこも状況は一緒だろうし、と前向きに。
昨日と同様、烏帽子レイバックでアップ。

時折ぱらつく雨を見送ったりして、あまり乾いていないけど「ミスナチュラル」に取り付くことに。
ハシモトさんにOSトライしていただく。

KIMG1064.jpg

KIMG1065.jpg


これは素晴らしいルートだった。
簡単なスラブから壁が立ってきて乗り越しをどうするか考えさせられる。
その後はドスラブ、そしてまたフェイスがきてクラックへ。最後のパートもムーブがあり、充実。
35mと長くルートが屈曲しているのでフォローで回収することにした。

1Pだけなのに、なんだかマルチの気分。
ロープは60m、スラブのところにボルトが2本打ってあるのでそこで1回懸垂を切れる。
懸垂2回で地面へ。

いやー、満足満足。

やがて雨が降ったり止んだり、どっちだよ!って怒りたくなるくらいだったので
もうこれは下りましょう、と決定。昨日と同じくらいの時間だった。
そうと決まったらお風呂お風呂♪ゆっくり浸かりました。

そして夕ご飯は韮崎のラソバへ。

ここはずーっと昔に1回来て以来だな。
今はクライマーがだいぶ定着するようになったらしい。
梅おろしそばを注文、冷たくてさっぱり。野菜のバイキングも良かった。
ハシモトさんがユカリさんとよく来ていたということ店主と顔なじみでいらした。
というわけでスイカのサービス♪甘くて美味でした。

渋滞はあったけれど、時間が早かったし体の疲れがあまりひどくなかったので大丈夫だった。
道志道を使って帰宅。

この時期の天候はこういうものだ。
納得したくて岩へ出かけるもよし、ジムで鍛錬もよし、他の趣味をしてもよし。
せっかくの時間をムダにすることだけはしないように。



category:

tb: 0   cm: 0

8/4 チーパー  


「THE DAY」と言える日だった。

金曜日。
風はオフ、うねりが南西に振れてきて切れ目が見られてきた。
朝からサイズがあり、ホームの辻堂はすでに頭からオーバーヘッド。

完全に上級中心のコンディションだった。

もちろん自分はそんな大きな波のポイントに入れないので移動する。

東へ行けば少し小さくなった。パークは幅広いレベルの人に楽しめる状況。
そうなればどうしても混雑する。

なのでちょっと左のチーパーで入った。

サイズは胸~肩、頭。
良い波だった。

この日はこの後さらにサイズアップして頭半たまにそれ以上なんてところも。
評価は◇60がついていた。

001_20170805001741f82.jpg

002_2017080500174344e.jpg

003_20170805001744495.jpg

004_20170805001746712.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

8/3 鎌倉高校前  


木曜日。

4時に起きて、情報確認。
やはり南うねりは真下から入ってくるから切れ目が少ない。
藤沢~茅ヶ崎のポイントはどこもダンパーばかりだという情報。

しかたない、また母校前に行くか、ってんで片道45分かけて自転車こいで行ってきた。

週末よりは少なめだけど、他から同じように考えてこっちへ来た人が多くて混雑気味。

良い波だった。でも気を使ってたくさんは乗れなかったけれど。

001_201708050011228f5.jpg

002_20170805001124880.jpg

003_2017080500112516c.jpg

004_201708050011264de.jpg

005_201708050011288e0.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

8/2 鎌倉高校前  


水曜日。

仕事がひと段落したあと、珍しく夕方に行った。
藤沢のビーチはことごとくワイドなブレイクで、じゃぁ、とここへ。

人が少なく快適だった。

しかし涼しい。曇っていると体が冷える。タッパ着ていたら寒かった。

001_20170805000502d75.jpg

002_20170805000504947.jpg

003_20170805000505b13.jpg

004_20170805000507df1.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

8/1 辻堂   


火曜日。

あれま。
本格的な台風うねりはいったん姿を消してる。

うねりはかなり弱くオンショアが中途半端に吹いている。

波もかなり微妙で、まぁ行っただけ。

朝の運動。

001_201708042358253dc.jpg

002_20170804235826835.jpg

003_20170804235828d15.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

7/31 辻堂  


週明け。
台風5号は南の海上に停滞中。
うねりはいったん落ち着いている。

土日の喧騒がすっかり静かに。やはり平日が落ち着くな。


001_201708042353449e1.jpg

002_20170804235346056.jpg

003_2017080423534715c.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0