浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

5/6 瑞牆・詩エリア  


岩合宿2日目は瑞牆。ワイドの練習ができる近めの詩エリアへ。
この日は510さんも一緒に。

五日間のなかでは天気予報が一番イマイチな日で、
もし雨が降ってきたとしても近くなら撤収が楽だということもあって。結局降らなかったのでよかった!

近くとはいえ前回もアプローチで最短ルートがわからず、今回も下回りで行ったけどわかりにくかった。
一番良さそうなのは、「眠った風」の岩の上を行き現人神があるエビス岩の裏をまわりこみ
稜線近くを歩くのが踏み跡が比較的しっかりしているようだ。
いずれも勾配がきつく滑りやすいため杖などあったほうが安心。覚えておこう。


やっと辿り着いた詩エリア、お二人のクライマーがいらしていたのでわかりやすかった。
日陰で風が通る場所のようで寒さを感じる。ダウンを着込んだ。

510さんがさっそく「神楽」を登る。
ワイドはあまり、とおっしゃる510さん、核心でズリズリしているのがじれったくなったみたいで、
割れ目を飛び出して右壁のカチを掴みスメアしてぴゅーって上がって登ってしまった!
これにはびっくり。
でも、510さんにはワイドより露出度が高い壁をスピーディーに登るのが似合うので納得。

CIMG0558.jpg



のりさんも神楽をトライ。

やはり核心は短いけどシビアなワイドムーブなので、上がれそうで上がれない。
あぁ、わかるわかる。。。
私もこれを最初にやったときは登ってるんだかずり落ちてるんだか、って状態だった。
そして疲れ果ててテンションしてしまうのよね…。
とにかく吐き出され感が強く、体をクラックにできるだけ入れていかないことには登れないのだ。

私も久しぶりの神楽。
ゼーゼー言いながらどうにか登れた。やはりワイドムーブ習得にはとてもいいルートだと思う!

510さんは神楽の右隣のちょっと脆いトポにないルートを登り(これがまたシビレタ)
右面の「紅葉狩り」のさらに右のボルトルートをOS。
気持ちいいよーということなので自分も登りFL。

のりさんはワイドムーブの洗練に専念するため、トップロープにして神楽を繰り返し登る。

CIMG0560.jpg



私は一番左にあった、これもトポにない広めのワイドを登った。
神楽ほどの難しさはないものの、なかなかに楽しいクラックだった。まだ土っぽいけど。

HE51A2u2[1]


この日は自分の体調がいまひとつで、薬を飲んでいたため少しボーっとしたところがあった。
判断力が落ちていて、反省点がありこれは気をつけないといけない。

なんだかんだと登っているうちいい時間になり、下山。
まだ明るいのにボルダーエリアには人が全然居なくて、平日みたいな静けさだった。

瑞牆はやはり壁がすっきりしていて面白く、やっぱり来るべきだなぁと思ったのでした。

CIMG0565.jpg

category:

tb: 0   cm: 2

コメント

あっもう全部書いてる(;・∀・)
とても勉強になりました!全部覚えていないだろうなと思うと歯がゆいのです。
サポーターのアレ、お試しください(〃ω〃)

URL | のりのり #mQop/nM.
2017/05/11 12:48 | edit

Re:

のりのりさん

初見で一生懸命登ってると、何をやったか覚えていないことありますね^^;再現性無かったりして…(笑)
例のパッド、トワイライトでもワイドムーブあるので活躍するかも!情報ありがとうございました〜♪

URL | じゅん #ZTGLyrdM
2017/05/11 17:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kwjunblog.blog69.fc2.com/tb.php/1732-78846271
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)