浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

6/10 小川山  


ついにこの日がやってきた。
小川山のお殿様岩、「イムジン河」に挑戦する。パートナーはNMさん。

梅雨入りしたばかりの週末で、果たして岩の状態はどうなのかと思っていた。
着いてみるとなかなかいいコンディション。日に当たると暑いけど、日陰は寒いくらい。
湿度も高くなくて先週に続きいい感じじゃないだろうか。

期待が高まる。

アップで小川山レイバックをやるために親指岩下ボルダーから上がってアプローチ。
途中YSDさん・YSNさん・ミドリさんにお会いする。

レイバックには先客お二人。もっと混雑しているかと思っていただけに、拍子抜け(笑)
すぐに順番がまわってきて、速やかにアップを済ませる。

そのままトラバースしてお殿様岩方面へ。近い。

「イムジン」到着。
百岩ではグレードが5.11c/d、関東周辺の岩場には5.11dとある。
このグレードのクラックに触るのはやはりとてもピリピリする。

テラスへ上がってオブザベ。
見上げた壁に走るクラックはとても迫力があり怖そうで。。
緊張で胃がキューンと縮こまる。トイレに行く。

使うカムは小さそう、ナッツとヌンチャクも多めに用意。
NMさんから、先にどうぞ!と笑顔で言われ、「は、はい!」と言ってしまった…w
厳冬期のBCでもそうだけど、ファーストは怖い。いつも誰かが行ったあとは安心するものだ。
判断力を上げるには最初に行く経験は絶対に必要だろう。
冒険心を刺激したいという気持ちはあるんだけどそれに恐怖心がいつも勝る。だから遠慮しがち。
このときは、先週ロジャーさんから初登者の池田さんのお話を聞いたから気持ちを強く持てた。

WWUCdOBz.jpg

怖い!怖くてたまらない。
小さなカムばかりで露出感の高い壁の中に飛び込んでいくことが。

ムーブはその場対応でできるわけでもなく、しっかり組み立てていかないとだめ。
早々にテンションが入る。

ホールドを探り、適した足を探し、時々落ち着くためにも休んで休んで、なんとかトップアウトできた。

スラブを登りスーパーイムジンの終了点からロワーしたけど、そうでなくてもよさそう。
終わってみれば、全く歯が立たないってことがなさそうで、俄然やる気も上がってきた。
思えばこのラインを横目に「大貧民ルート」のマルチで体験講習をしたときがあった。
数年前の話。
その時はここが登れるラインなんだってことが信じられなかったし、
自分がこれに触る日がくるなんて想像もできなかった。
遠くに来たもんだ。

NMさんも懸命にムーブとプロテクションの探りをして、お互い一便づつ。

010_20170612235757e14.jpg


寒気が入ってきていて、急に気温が下がりダウンを着込んだ。
イムジンの壁は朝は日が当たり昼から日陰になるんだね。それがわかっただけでもよかった。

午後からもう一便づつ出して、時間は18時。
カムの順番のメモとして写真を取り、下山。

刺激の強い一日だった。あっという間だった。

もう今すぐにでも、またあのテラスに立ちたい自分がいる。

category:

tb: 0   cm: 2

コメント

ずっと皆の後を追いかけていて、いつも二番手のリズムが染み付いていて、ある時ぽんと独りになる。
そこでどう向き合うか。
グレード以上に大切な課題だと思っています。
良いクライミングですね(*≧∀≦*)見習わねば!

URL | のりのり #mQop/nM.
2017/06/14 12:36 | edit

Re:

のりのりさん
そうですね、私はクラックを始めた頃、同時にソロでボルダーをすることが多くなり、その自由さに感動し自分らしさってどういうことかを確認できました。自立したかったんですよね。今はとても楽しいです。

URL | じゅん #ZTGLyrdM
2017/06/14 22:33 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kwjunblog.blog69.fc2.com/tb.php/1746-dad39e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)