浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

7/15-16 小川山  


夏の3連休。
自分は月曜日が仕事のため、土日で。
久しぶりに小川山でテント泊した。

7/15
土曜日。朝9時に集合。
駐車場が入れないかと心配したけれど、皆出足が遅いのか問題なかった。ほっ。
混雑する前にテントを張っておいた。

近いお殿様岩周辺。
アップに最高ルーフの1P目をやろうと、最高ルーフの岩へ。
このあたりのルートだと「笠間のピンキー」・「ナデシ」をやったけれどこれは初めて。
トポを見ると「ファン・ファン・ファン」という3Pのルートがある。
面白そうだし自分とロジャーさんはこれを行くことにした。

001_20170718233631b41.jpg

5.7という1P目は出だしが「愛情物語」みたいな溝でカムセットしにくいものの、
中盤のクラックはぐいぐい登れるしダイクのラインを行く5.10bの箇所はムーブに悩まされる。
したがって、充実。

ロジャーさんがリード。
ハンガーが一個ある。ここが問題のダイクのトラバース。正解ムーブは内緒。

003_20170718233633a41.jpg

2P目は自分リード。5.8のハンド~シンハンドサイズ。ちょっと脆いが気持ちよく登れる。

3P目はスクイーズチムニー。
しかしビレイ位置からは見えない。左にトラバースしてしまうからだ。

006_201707182336330e5.jpg


こんなサイズがあるとは思っていなかったし、
予定もなかったので6番を置いてきてしまっていた私たち。
ロジャーさんはこのきついチムニーをノープロで行ったのですよ!
5.7とはいえ、自分より隙間に入れない彼はとても怖かったと思う。。。

009_20170718233637635.jpg


ところで、3P目のビレイ点からは仏岩のバナナクラックがよく見えた。
登るクライマーの声もよく聞こえて、賑やかだった。

008_20170718233635885.jpg

懸垂は薮の通過もあるのでこまめに切って。
無事地面に着。

最高ルーフ3Pを行ったSJさんとのりさんを待つ間、ロジャーさんに衝撃の出来事が。

ふと地面に鮮やかな黄緑の物体を見つけ、なにか落し物かと凝視したロジャーさん。

「う、うわあぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁ …ぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」

そう、言葉に出すのも恐ろしいというくらい苦手なもの・立派な毛虫を見てしまったのです。
私は申し訳ないけれどその姿を見て笑いが止まらなかった。
かなりの大騒ぎだったので、下にいるボルダラーや他のクライマーが
何か事故かと思わなかったか心配になったw

はいはい、つまんでどこかに移動してあげましょうね。
葉っぱでくるんでロジャーさんには見えない遠くへ持って行って隠しましたw

本日はこれにておしまい。下山してお風呂に行き、買い出しして戻ったら遅くなってしまった。
レタスをかじりつつの宴会、あちこちで焚き火の炎がチラチラしている。
久しぶりだな、テントのそばでの夜。

明日もあるし、寝ましょ。

****************

翌日7/16日曜日。
連休中日とあって朝早くから車がどんどん入ってくる。あっという間に満車。
テントから這い出し、近くに居たと言うI塾のみんなに朝のご挨拶。
メール気づかず、昨夜顔出しににいけなかった…ごめんなさい。

軽く太陽礼拝してから食事。昨日のレタスの残りをむしゃむしゃ。
撤収して荷物を積んだら、お殿様岩へ。

裏側の「しぐれ」をやっと登ることができた!
いつも濡れていてなかなか機会がなかった。思ったとおり冒険的でとても楽しかった。
写真はなし。

ビレイしてくださっていたロジャーさんが以前登ってロワー回収した時、
もう少しで地面というところでクラックにスタックしたことがあった。
今回はどうなるか、検証してみるためにも同じようにロワーを試みた。
懸垂に切り替えられるようにスリング類とルベルソは持っていた。

順調かと思いきや、やはりもう少しのところでスタックした。
箇所は核心のハング部分を越えて崩れた岩が積み重なった少し上のハンドクラックの奥。
どうしてもここにロープが引き込まれる構造になっている。
終了点の二つのリングは並列で、自分側のロープを奥のリングに通して下りないと
上からロープが押さえてしまうようだ。そこを考えていなかった。

自分がまず6番で目の前のクラックにセルフをとり、
ロジャーさんが少し後ろに下がってロープをはたき
圧迫を外した瞬間に私が自分のロープを思い切り引くという戦法を編み出した!

少しづつロープが出て下の岩に足がついて、ロープを解くことが出来た。
問題は引き抜けるか。

もう少し下がってゆっくり真っ直ぐ引く。…抜けたぁー!
よかった!
勉強になったなぁ。まだまだ、いろんなことが予測できてないな。



このあとはお姫様岩の「ネイキッドクラック」と「カミイルート」をロジャーさんが登る。

003_20170718233702c12.jpg


この場所は明るくて眺めもよく、風が気持ちよく抜ける。
登った後もしばらくのんびりした。

お昼になったのでイムジンの取り付きに戻り、ご飯。お腹すいてた。

途中にわか雨があり空模様がなんとなく怪しく、ルートも順番待ちがあるため
それぞれTRで一回ずつトライして早めの下山へ。

初めて触ったスーパーイムジン。
厳しい。

そもそもイムジン登った時点で腕がパンパンなのに、
そのあと3級くらいの遠いフルパワーボルダームーブなんて。
まずはイムジンをすらすら登れないととてもじゃないけど無理だろう。

修行してまた来る!

***********

渋滞が案の定すごかったけど、
久しぶりに都留でおりて道志経由で帰ったら運転も楽しくてよかった。

category:

tb: 0   cm: 2

コメント

ロジャーさんは、手で行ったのですか?足で?
難しそうでした!

URL | のりのり #mQop/nM.
2017/07/21 12:40 | edit

Re:

のりのりさん
ロジャーさんの膝、テーピングがボロボロになっていたので脚でスタックして少しずつ進んだのだろうと思います。というのもビレイする私からは見えていないのでわかりませんが^^;
六番無かったから相当怖かったはずです…。

URL | じゅん #ZTGLyrdM
2017/07/24 12:32 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kwjunblog.blog69.fc2.com/tb.php/1756-c2f21078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)