浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

8/13 小川山・裏烏帽子岩  

お盆休みに突入。

と言っても自分は普通の週末。金曜日はお仕事でした。

実家のお盆準備が色々忙しいので、土曜日はそれを少しでも手伝うために充てた。
夏野菜は盛り、種類が多く無人販売の棚に並べるだけでも結構大変。
午後はお墓へ行って、無縁仏さんと先祖が世話した没したお寺の坊さんのお墓に献花。
うちのお墓にもお線香。

盆の入りは翌日日曜、迎え火のときに両親が改めて行くということで、ひとまずここまで。

なんと言うのか、これをやっとかないと気が済まない。
私はお盆でもじっとすることなくそのうち出かけちゃうから。

****************

ということで、日曜は日帰りの小川山。
予報では日中晴れ間が出るらしく乾くのではと期待して。

廻り目平ではNMさんがひとり前日入りしていた。
先日NMさんとラストリゾートを登った時に目の前に見えた壁。

過去に岩と雪のクロニクルに発表されたものの、
不遇でトポにもどこにも載らず、アプローチも大変で忘れ去られたルートのようだ。

情報はありがたいことにすべてNMさんがあらゆる方法で調べてくださった。
土曜日は単独で行って偵察してきたそうで、いっぱい写真を見せていただいた。
ルートはそれほど長くはなくそこまで難しいものではなさそうだ。でも何が起こるかわからない。
この壁は十分に自分たちの冒険心を満たしてくれる予感がする。

朝の乾き待ちの時間調整で、写真を見ながらあーだこーだ推測するのは本当に楽しかった!

*************

さあて、出発。
裏烏帽子の岩はどうなっているのやら。。。?

湿気のこもる森を上がっていくと、ぬらぬら光るスラブが見えた。
あれまぁー…。
こりゃ今までで一番コンディションが悪いな。

この日やろうと思っていた「登攀のすべて」は中盤のシンクラックからスラブあたりがびっしょりだった。
それでも晴れるという予報を期待して、準備してアップにいつもの烏帽子レイバックを登る。

おかしい。晴れるどころかガスが下りてきちゃった。
やがてぽつ、ぽつ、と水滴が。

え?うそでしょー。。
っていってもうそじゃなーいw

そのうちザザーって降りだして、はい撤収!

時間にして11時ごろ。早かったなー。

汗もろくにかいてないのでそのまま下山、
きっと渋滞がすごかろう、今のうちに帰るべし。ということでさっさと帰路へ。

おっと、ナナーズでキャベツくらいは買って帰ろう。

境川でご飯食べて、どんどん長く伸びそうな渋滞をさけてまたもや道志みち。

おかげで月曜日のぐったり感がなくて週の始めが調子よかったぞ!(笑)
NMさん、色々ありがとうございました!

category:

tb: 0   cm: 3

コメント

お疲れ様でした~。
いや~、ああなることがわかっていれば「ダメ、来ないで~っ!」て無理にでも止めたんですが(^-^;)。
でもまあ大渋滞の前に帰れたのはよかったですね。私も疲労感ないっす(笑)。
ガレ場歩きで、太ももだけは筋肉痛ですが(^_^;)。

例の岩はですね~、やっぱり落石(落岩)が一番心配なんですよ。
ひっかかってるだけみたいな大岩とか、巨大なフレークが剥がれ落ちてるのを見るとね~。
やっぱり掃除がてら、岩の状態を確認したほうがいいのかな~と思ったり。

でもそうすると「未知」の部分がかなり減ってしまう…。
安全性(と再登すること)を優先するか、冒険性を優先するか、悩ましいです。
ま、前人未踏の岩壁ってわけじゃないですし、そこに命をかけるかって考えると自ずと答えは出そうですが。

URL | NM #I/DgFFvE
2017/08/15 10:41 | edit

Re:

NMさん
岩場に毎週のように通っていれば、あのような日もありますよね〜。仕方なしです!この時期は耐え忍んで秋に実らせるため地道にやるしかないですね。
冒険、とは言っても趣味なのですし決死の覚悟でやる必要はないと思います。安全に楽しめればそれが一番(^^)/
脆いことを念頭に置いて、慎重さを失わず挑戦しましょう!危険だと思ったら即やめましょうね。それまでの過程でもじゅうぶん楽しいですから♪

URL | じゅん #ZTGLyrdM
2017/08/15 16:36 | edit

そうですね、楽しい冒険をしましょう!(^o^)/

URL | NM #I/DgFFvE
2017/08/15 18:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kwjunblog.blog69.fc2.com/tb.php/1771-ba6fa24f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)