浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

10/1 瑞牆・地獄エリア  


日曜日も瑞牆。
岩場はクラック地獄エリア、ハシモトさんと。

駐車場ではボルダラーさんの知り合いに久しぶりにお会いする。
カヅミさんにはオーガニックのマットの件でお世話になったので、嬉しかった。
クラッカーな皆さんはいつものとおり。

地獄エリアはいつになく賑わっていた。
私たちは一番に着き、準備とアップしている間に次々とクライマーが。
J-WALLの知り合いもいらして、なんだかほっとした。
N字を希望する人も多かった。とはいえ、待ち時間は気にならないくらい。

アップは「オリジナル」で。
まずハシモトさんのN字のビレイを。

ここはやっぱり寒い。前日の屏風より標高も高いのでさらに冷える。
真冬のダウン持参してきてよかった。これで10月後半になったらどうなっちゃうんだ。
ワイド用の膝・くるぶしサポーターを装着すると暖かいので、助かった。

本日はカヌーの初トライの心つもりで来たので、緊張していた。
いつ取り付こうか、良く観察してからがいいかなとか、カムは?とか、なんだかんだで
パパっと決めて登り始めることがいつも出来ない。
自分ひとりなら気楽なんだけど、ビレイヤーのかたにはいつも申し訳なくなる。
この点では、やはりボルダーしているときが一番マイペースでストレスが少なく集中できる。
両方自分には必要なんだよね。。。

日が高くなって二階のカヌーの壁に太陽が当たる。
暖かそう。ていうか、暑くないかな。ま、寒いよりずっといいや。
なんて色々ブツブツ言いつつ自分の緊張をごまかす。

カムは昨日のJECCよりずっと少なくて済むし、ラインも真っ直ぐだからスリングも少なくていい。
5.11bということで、「春うらら」1P目と同じだ。かなり頑張らないといけないだろう。
覚悟を決めて離陸。
最初の若干右上がりオフフィンガー~シンハンドのクラックに苦戦。
手順と足順、そして靴とクラックの相性がイマイチでフォール。
昨日長いJECCにミウラー履いていったら足先がものすごく痛くなってしまったので、トリオップにした。
でも、やはりフィンガーはミウラーのほうがいいみたいだ。いい経験になった。

ダブルクラックを処理し、ワイドで再び疲れてテンション。
難しくはないんだけど、しっかり足を入れて膝で止め、体を上げていかないと。
苦しい部分は少しだけ。あとは落ち着いてトップアウトする。

登り終えて悪いイメージはそんなになかった。
もう一回、やろう。

そして夕方16時くらいに二回目を。

手順があいまいで一回目と同じ場所で落ちた。
すぐに修正、エイドダウンして仕切りなおす。
これで体が暖まった感覚があった。

軽く休んで、もう一回登り始めた。
前半で疲れてしまい、これ大丈夫かなと思ったけれど、レッドポイント。

嬉しかったなぁ~…。

終始ペースに気を使っていただいたハシモトさんに感謝申し上げます。
お疲れ様でした、ありがとうございました!

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kwjunblog.blog69.fc2.com/tb.php/1795-2d3bf94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)