浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

11/5 瑞牆ボルダー  


わー!久しぶりのボルダーだ!

この日は半日くらい湯河原幕岩で梅林ボルダーやろうかなとも思っていたんだけど、
まだちょっと暑そうなのと、せっかくの晴天なので紅葉のきれいな高原に行きたいという気持ちと、
こうへいさんが登った瑞牆大橋のルーフクラックボルダーを触ってみたかったってのが本当。

放射冷却で朝はかなり岩が冷たそうだから、少し出発を遅めに。
瑞牆到着は9時半。
なんと上の大きな駐車場はいっぱいだった。
下のウッドチップの駐車場の端っこが軽が停められるくらい空いていたので助かった。

いやー、ボルダー久しぶりで荷物をどう持っていいか。笑
天気もいいし、フリクションも良さそうだし、ソロだしマイペースで登れる。
出だしからアドレナリン出まくりだった。

アップで童子岩の8級・7級。
それから穴契約社員3級を登る。

なんとそこでお会いした女性の方、数年前に石の魂でもご一緒していた。
で、この日の目的の話になって、よくよく聞くとご夫婦でこうへいさんをご存知とか。
世間は狭い。急に嬉しくなってしまった。これも縁ですな。

で、せっかくだから阿修羅の岩の1級・ナーガをやってみようという気になった。
チップクラックとデールクラックは登っているんだけど、
このナーガはスカスカフィスト。ちょっと幅広いので敬遠していた。

でもさすがにN字ハングも登ったし、向き合っても良い頃。
すぐ隣で、かの「阿修羅」初段を取り組むクライマーがたくさんいる中テーピングをグルグル巻く。
クラックは肘くらいまで入りそうなのでサポーターも装着。

強くて見た目もカッコイイクライマーばかりのなか、きっとかなり異質に見えたに違いない。。

さて、ムーブさぐり。スローパーおさえるのが大変そうだったので足先行にした。
どんどん送っていって、その間に手を探ってスカスカの中にもワイドハンドやフィストがきまる箇所にジャム。
手のひらが上か下かでもきまりかたが違うし、
立って腕を入れるときと足先行にして入れるときと感覚が変わり、それを修正するのが大変だった。
足が上がっていてお腹を折り曲げているので、常に腹筋してる状態。
ささっとジャムがきまらないし、はぁはぁしっぱなし。
阿修羅登ってるクライマーに息切らしてる人なんていないよ。。

ナーガやってるのは自分だけだったから、目立ってしまっていたと思う。
それで足先行の変なムーブで、肘にはサポーター、手首までボロボロのテーピング。
そして手の甲は血だらけ。

これじゃドン引きされるわな。

そんな中、どうにかこうにか登れましたよ。
核心抜けてスラブ面に上がっていったら、
阿修羅を男性陣に混じってトライしていた可愛くて強い女性がスポットにかけつけてくれた。
めちゃくちゃ心強かった。あんなふうになりたい。

先ほど童子岩で再会したアンジェラさんにRPの報告して、移動した。

ちょっと時間が予定より遅くなってしまった。
この岩に会いたかった!

KIMG1098.jpg

KIMG1099.jpg

10/30に山野井さんが登っている。
あの方でも20トライくらいしたそうだ。。

とにかく挟まってみるしかあるまい。


なんじゃーこりゃーーー

吹き出してしまった。楽しすぎる。出来なすぎる。

頭はゴツゴツぶつけるし、オデコもたんこぶできたし、
頬骨のところまた両方擦り傷作っちゃったし、髪の毛ぐちゃぐちゃ。

誰も来ないのを良い事に、落ちまくって足がつりそう。
日陰で気温が低いはずなのに、体がぽかぽかで寒さは全く感じなかった。

これは良い課題に出会えた。
時間がかかっても、絶対登りたい。

なんて素敵な1日だったのだろう。楽しかった。


category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kwjunblog.blog69.fc2.com/tb.php/1808-2a616757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)