浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

5/12-13 小川山・瑞牆  


リベンジのつもりでやってきた週末。NMさんと。
土曜日は小川山。最高ルーフの岩へ。

すこしのんびり目に出発しだいぶ慣れた下部2Pをこなし3P目へ。
しばしレスト後、NMさんのリベンジ。
無事一発でRP。いつ来ても緊張感ある。良かった!

自分はせっかくなのでフォロー中にセルフをとってサウスポーの偵察を。
思っていたより手数は少ない。でもあの場所で体を真横にする…?
アクロバティックなムーブ、とトポにはあったし、きっとあれでいいのだろう。
いやー、怖すぎ。足切れるんじゃないかしら。。
手も足もかかりはいいから思い切りよく動くことが必要なんだろうな。

いつかやれる時があるといいな。

***********

無事トップアウトして懸垂で基部に下りたらもうお昼過ぎ。
さてどうしましょうね。
NMさんがすぐそこの「笠間のピンキー」がずいぶん前に宿題になったままだとおっしゃるので、やることに。
もちろんすんなりRP。

自分も3年前?くらいにOSしたけど、湿度の高い時期だったのでとても怖かった。
時間もあるしもう一回登った。コンディションのおかげか、ずいぶんと登りやすく感じた。

それでもまだ時間があったので、またまたすぐ近くの「ナデシ」を再度。
以前ロジャーさんが魂こもったトライでボルト最小限でOSされたのを鮮やかに覚えている。

その時自分は核心である出だしでとても苦労した記憶。
でもやはり今回はコンディションに助けられ、そこまで辛くはなかった。
スラブって楽しいねぇ。上半身は疲れないし。

早めに下山してヘルシーパークでお風呂と食事。
JANのRIKIさんにここでも遭遇。滑る方と岩場周辺で会うのは嬉しいですねー。

瑞牆へ移動して、21時には就寝。
日曜の予報の雨マークがどんどんずれ込んで早まっているため、出発を早くすることにした。

明日、登れるかなぁ、

緊張していたつもりだったけれどこの日のクライミングが充実していたのですぐ寝てしまった。

*************

5時起床。軽くストレッチと太陽礼拝。
パッキングしなおして6時半に不動沢の駐車場へ出発。

屏風岩へ到着すると、すでに3人のパーティーが準備をされていた。
いままでかぶったことなかったので、ちょっと焦った。
幸い3人のうちおひとりだけJECCをやるということで、こちらが先にトライさせていただくことになった。

いつもかなりマイペースで準備するほうなので、これは待たせてはいけない、
しかも雨が早まっているからあんまり時間もかけられない、とバタバタ用意する。

IMG_1566.jpg


アプローチで体がまだあたたかいうちに登り始めることができたのは良かったのかもしれない。
カムはきめる順番でラッキングして、スリングは10本、ヌンチャクも3本、ずっしり。
登り始めると、わりと調子いい感じ。
第一核心でムーブに若干迷ったけど突破。
その後、穴の手前のフレアしたワイドっぽくなるところがびしょびしょで、落ちると思った。。
そして問題のロングフォールしたフレーク沿いの第二核心。
十分穴で休んで、前回と作戦を変えフレークに赤キャメをきめてから、
変更した確実なムーブで拍子抜けするほどスムーズに通過。
あとはワイドを確実にズリズリしていくだけ。

膝にサポーターをしてずれないようにテーピングで止めてきたし、
肘サポーターはポケットに入れていたので突入前にここで身につけた。

自分の息遣いしか聞こえない。少しづつ体をこすりつつ上がる。
重いロープとともにからからと音を立てて5番を上にずらし、
最後は心地よく決まる左手のハンドと左足のヒール&トウで終了点へ。

登りきった。
悔しい気持ちはすっかり消え去って、幸福感に満たされる。

あー、よかった。本当によかった。

IMG_1572.jpg

回収も心が軽いからかとても早く、次の方をひどくお待たせせずに済んだ。
その後はNMさんが「よろめき」を登り、雨が本降りになる前に余裕を持って下山。



色々あったけれど、またひとつ自信になったよ。
よくやったじゃないの。ねぇ!

category:

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kwjunblog.blog69.fc2.com/tb.php/1888-eab82dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)