浮遊

海に浮かび雪に遊び岩にはりつく、ものづくり人間のまいにち

7/7 PUMP2へ  


週末は天気が思わしくない感じだったのでジムトレーニング。
NMさんのホームの中野島PUMP2へ。

10時半くらいから17時半まで。
こんなに長時間ジムにいることは普段ない。

インドアジムは本当に得意でなくて、できれば行きたくない。
でも、平日や外に行けない時に登らずに岩で成果を出せる強さが自分にはないので。
ジムで登ること自体はけして嫌いではないんだけれど。。
どうも樹脂の質感が苦手みたい。

苦手といいつつも、TUNAMIに3便出せるようになって、慣れてくれば出来るんだなーって思った。
常連ジュニアさんたちはその何倍も登ってるけどね。。

ジムも海も、混雑しているといろんな人が来ていろんな思惑が飛び交って、ちと精神的に辛くなる。
いつも行くジムが空いているからなおさら。
岩でストレスにさらされるんだから、こんなことでやられては弱すぎって話。

登り心も、もっと強くならなくちゃ。だ。

category: クライミングジム

tb: 0   cm: 2

7/1 瑞牆・摩天岩  


瑞牆のキャンプ場の夜はもう寒くなかった。
明け方汗ばんで起きてしまったくらい。もう七月なんだね。

5時に起床。出発は7時と決めてあるので、それまでに各自朝ごはんとテントを撤収する。
まずはテントの中でもぞもぞストレッチして今日の長いアプローチに備える。

朝ごはん・着替え・身支度・テント撤収・ギアなどパッキングのし直し。
あっという間に7時。不動沢の駐車場へ。

幸い時間が早いのでまだガラガラ。
約1.5時間のアプローチ。私の脚、頼むよ。

まずは屏風岩、そして不動滝を通しししくい坂を頑張って登ればもう少し。
王冠岩と書かれた緑色の看板で沢を渉ればもう摩天岩。

しかし。。。。
岩はしっとりというか、かなりシケシケ。びっしょり濡れている壁もある。
目的の「かぜひき」は?

IMG_1656.jpg

わー、下部がびちゃびちゃ。
今はガスの中だけど予報は晴れなので、雲がとれて風が出てくればすこしはマシになるだろうと期待。



こちらは「蜃気楼」(左)と「陽炎」(右)。
蜃気楼のほうは染み出しがひどすぎて登れたものじゃない。

IMG_1659.jpg



まずはアップして時間を稼ぎましょうということで、「レインボークラック」5.8。
5.8とは思えないボリューム。

IMG_1661.jpg


順番でいうと私の「かぜひき」トライだったのだけれど、どうも脚が疲れて踏ん張れない。
ちょっと回復に時間が欲しくなって、NMさんに先にトライを頼んだ。
NMさんが選んだのは「小春日和」5.10b。ど迫力のワイドである。

IMG_1664.jpg

さすがのオンサイトでした!
服はどろどろ、膝は真っ赤で、激しい戦いだったのだなと。
これは次回是非やりたい。


午後になって、さすがに少しは濡れがマシになっただろうと、「かぜひき」へ。
緊張する。5.10aとはいえ、純粋なオフィズスムーブを抜け口まで続けられるのだろうか。
行くしかない。

出だし、壁が濡れているせいか右足がスリップしまくる。
それでも、諦めずにズリズリし続けたらトップアウトしていたよ。

IMG_1676.jpg


IMG_1689.jpg

わーい!でももう疲れて帰りのHPが危うい。
ちょっと早いけどここで下山とした。

途中、殿堂岩を見に行った。
5年ほど前にワイドムーブ講習で行った所。
意外と近かった。

よろよろと歩いてどうにか車へ。
2日間充実の内容でした。
楽しかったなー。

category:

tb: 0   cm: 0

6/30 瑞牆・カメ岩  


二週間空いた岩。今週は泊まりで、NMさんと。
メインは翌日の摩天岩。前日は近めの岩場でボルトなどやってみますか、ということでカメ岩。

実は二人とも初めてです。
「亀甲めぐり」という5.10dが面白いらしいと聞いたことがあって。
トポ見ると近くに簡単めのクラックもあるし、1日遊べそうだ。

アプローチの踏み跡は思ったよりずっと明瞭だったし、手入れがされていた。
誰にも合わなかったしマイナーエリアとばかり思っていたのでちょっと意外に感じた。
眺めはすこぶるいい。そして適度に日が当たる。
なんだかここ、気に入ってしまった。
 
IMG_1621.jpg



これが「亀甲めぐり」の出だし。リーチ差が大きく出ると書いてあった。。。いやーな予感がするぞ。

IMG_1620.jpg


とりあえずすぐ近くにあるツル岩も見に行った。
ツルというかペンギンというか、そんな絵柄に見えるね。
ちなみに瑞牆本に書いてあったハートの木の根?はありませんでした。なくなっちゃったの??

IMG_1622.jpg


アップでここツル岩の「ぷりんぷりん」5.9を登る。クライマーはNMさん

IMG_1629.jpg


そして「亀甲めぐり」にとりかかる。

え?出だしぜんぜん無理なんですけど。。.
良いキーホールドに手が届かないし。足が切れちゃう。
右手ガストンして左手寄せると体が開いてしまうので、耐えるんだけど負荷が高くて肩が壊れそう。
いろいろやってみたけど、ちょっと厳しい。


じゃあ、こっちのクラックから行ってみるしかないか、と右にあるびしょ濡れのクラックに手を突っ込む。
鼻みたいなフレークがミシミシいってる。やばい、力かけると怖い!
なんとか左の壁に乗り移ったけどまごついて力尽きテンション。
ガッチガチに力が入ってしまった。怖かった。

IMG_1644.jpg


二回目でなんとか突破。
この写真見て「あれ、1本目のヌンチャクのビナなんで変えてあるんだろう?」と思いましたよね?
そう、この1本目のボルトには台座からスタートしてマスターでいって、
ヌンチャク届かなくて掛けられなかったんですよ。
どうにか引っ掛けられないかとしばらく試行錯誤。
NMさんのアイデアで固定側に大きいビナをつけてみては?ということでやってみたら、ついにかけられた!
めちゃくちゃ嬉しかった。実は一番の核心はヌンチャク掛けだったとは。やられた。

IMG_1633.jpg

このルートは155cm以下のクライマーしかいないパーティーだと不可能という結論。その場合踏み台必要。


しかしながら内容も展望も素晴らしかった。
出だしのボルダームーブは出来ずクラックからに変更したものの、それでも十分面白い。

IMG_1642.jpg


屈曲しているからフォロー回収がスマートだとは思うけど、ロワーでも可能。


最後に「カメ岩クラック」5.10aを登っておしまい。
「亀甲めぐり」をマスターで登って腑抜けになってしまって最初のマントルで落ちた!
集中力持たないなぁー。

IMG_1650.jpg


川上村へ下りてお風呂とご飯すませて、ナナーズで買い物して、軽く飲んで21時には就寝。
摩天岩は二回目。

さて、「かぜひき」は登れるのか?!

category:

tb: 0   cm: 0

6/25 辻堂  


今朝は夏みたいな日差しだ。
モモ腰、ほぼ無風。

残っているだろうと早起きして来てみたはいいものの、なんか変なブレイクだった。
ヨレヨレしてて掴みづらくて、サイズは小さいのに流れがあって。

押しが弱くてインサイドでつながって崩れる。
乗りにくかった。。。

最近ずっと良い波だったから、ひさびさにどうにもならない波に遭遇した。
まぁ、上手な人はこんなの関係なく乗ってしまうのだけどね。

001_201806252148450f6.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0

6/24 チーパー  


この週末は単独で瑞牆か小川山でボルダーしようと思っていた。
そしたら土曜日にあの界隈もかなりの降水量をたたき出していて、こりゃ乾かないなと。

幸い波はありそうな感じだったので、今週は波乗り週間だと思い集中することにした。

朝早くはまだオンショア。8時くらいにオフに変わり波が整ってどこも良い感じ。
自転車で辻堂に着いてみると駐車場は車でいっぱい。
こりゃー混雑するぞ…と予想。
自転車でしか行きにくい茅ヶ崎方面に向かってチェックしつつ入ることにした。

そしてここで入った。波は混雑するブレイクより少し劣るけど、人がかなり少ないところ。
サイズは腹胸、たまに肩くらいか。
次第に風で整い始めてサーファーが少しづつ増えた。

003_20180625214826880.jpg

005_20180625214827404.jpg


自分にしては珍しく、2時間半とちょっと長め。疲れたー。

帰り道、隣のチサンを見学したら、セットでかなり良い波が入っていた。
そのかわり波とるのも大変そうだったけど。

006_201806252148293d7.jpg

category: 波乗り

tb: 0   cm: 0